ただいまの時間

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

『ミスターKの乗り鉄日記』の過去の記事はここから調べられます

ミスターKの乗り鉄旅日記ランキング

アクセス情報

無料ブログはココログ

廃線跡

2017年3月16日 (木)

西寒川線廃線跡

Dsc01861_r

 相模線にはかつて西寒川支線がありました。寒川駅から西寒川駅までの1.5kmの枝線です。運行は朝1往復、夕方3往復で、私は昭和58年に乗車しましたが、翌年に廃止されました。西寒川駅跡の碑が立っています。

Dsc01811_r

 こちらが現在の様子。

8_2

 これは廃線後4ヶ月ほどした時のもの。

Dsc01817_r

 廃線跡は遊歩道になっています。

Dsc01818_r

 踏切跡です。

Dsc01825_r

 一之宮公園付近では線路が残されています。よく見ると長さ10mの短尺レールでした。

Dsc01827_r

 こういう駅はありません。

Dsc01829_r

 車輪も残されていました。

Dsc01831_r

Dsc01837_r

 相模線の本線に合流します。遊歩道の距離は1kmほどでちょうどいい散歩道になっていました。





2017年2月 6日 (月)

武州鉄道廃線跡

 かつて埼玉県の蓮田市と川口市の神根というところまで16.9km結んでいた武州鉄道という路線がありました。1924年に開業し、わずか12年後の1936年に廃止になりました。先日その廃線を見てきました。

Dsc01783_r

蓮田駅付近の駐車場。ここが廃線跡らしい。

Dsc01785_r

 道路を渡った反対側。民家が道路に対して斜めに建てられている。

Dsc01798_r

 こちらは東武野田線との交差部分。武州鉄道のほうが先に開業したので、東武野田線が上をまたいでいる。交差部分がプレートガーター橋になっている。当時は単線の築堤だったはずだが、その後複線の高架橋になったときも交差部分だけはプレートガーター橋のまま残っている。

Dsc01797_r

 そこを南下すると、「武州鉄道の小径」という標識が現れる。ここが廃線跡であることを示している。幅からすると単線だったようだ。

Dsc01801_r

 こちらは旧浮谷駅を移築したとされる建物。

Dsc01806_r

 今は倉庫として使用されている。

 今から80年ほど前に廃線になったので、ほとんど遺構はないが、それでも廃線跡らしき雰囲気が残っているところもあり、楽しい探検だった。

 

2017年2月 5日 (日)

西武大宮線橋台跡

Dsc01777_r

 昨日紹介した西武大宮線の唯一の遺構が川越市古谷の郊外に残っています。セブンイレブン古谷上東店の脇の道を入ります。

Dsc01770_r

 ここを路面電車が走っていたはずです。

Dsc01773_r

 水路の両側にレンガが積まれています。これが当時の橋台だったらしいです。民家の間に突然出現します。

Dsc01774_r

 100年の風雪に耐え、よくぞ残っていたものです。


2017年2月 4日 (土)

西武大宮線久保町駅跡

Dsc01768_r

 かつて西武大宮線という路線がありました。最初は川越電気鉄道と呼ばれた線で1906年に開業し、1941年に廃止になった路面電車です。大宮駅西口から川越市の川越久保町駅まで12.8kmを結んでいました。路面電車の廃線なので遺構はほとんど残っていません。こちらは終点の川越久保町駅跡で、現在の川越市中央公民館があるところです。

Dsc01755_r

 隣には街中なのに火力発電所もあったようで、そこからの電力で路面電車の運行を行っていました。 

Dsc01756_r

 ここは線路がループ状になったようです。貨物列車もあったようです。

Dsc01760_r

 ここが廃線跡らしいです。この幅からすると単線の専用軌道だったのでしょうか。



2017年1月31日 (火)

本庄電気軌道

Dsc01533_r

 本庄電気軌道は本庄と児玉を結んでいた路面電車で、1915年に開業したが、わずか15年後の1930年に廃止された。路面電車なので廃線跡もまったく残っていないが、ところどころに当時を偲ぶ物件がある。

Dsc01531_r

 まず本庄駅から5分ほど歩いた踏切近くにある看板。平成21年に設置されたものらしい。本庄電気軌道の歴史が記されている。この付近に七軒町という停留所があったらしい。本庄駅からここまでは高崎線の線路際を専用軌道だったようだ。また路面電車なのに貨物の営業もあったらしい。

Dsc01507_r

 こちらは四方田停留所があった近くにある産泰神社。ここの境内の石造りの腰掛けが国宝級の逸品だ。

Dsc01517_r

 これがその腰掛け。

Dsc01512_r

 かなり摩耗しているが、「寄贈 本庄電気軌道株式會社」と右から左に書かれているのがかすかに分かる。いつ寄贈されたものか分からないが、1915年から1930年の間のものだろうから、すでに100年前後は経過している。よくぞ風雪に耐え抜いて今まで生き残ってきたものだ。

Dsc01503_r

 こちらが終点の児玉付近。JRの児玉駅北側の高架橋付近にあったらしい。路面電車の廃線跡なので当時を偲ぶのは困難だが、それでも記念碑が設置されていたり、かつての社名が記されている物件があったりと、意外と収穫のある廃線探訪だった。

 

2017年1月21日 (土)

上武鉄道廃線巡り3

Dsc01490_r

 寄島駅跡を少し行くと遊歩道は終わりになる。

Dsc01491_r

 そこを回り込むと画像では見にくいが、茶色いプレートガーターらしきものが見える。廃線の数少ない遺構だ。

Dsc01492_r

 そのすぐそばにある地元のスーパー。この店を見て私は30数年前の記憶が蘇った。1984年の夏、たまたまこのあたりをドライブしていた私はトイレを借りるのに立ち寄ったこのスーパーの裏手に線路があるのに気付いたのだ。それがこの上武鉄道だったのだ。当時は既に貨物営業のみであったが、実際の列車は見ることはできなかった。

Dsc01494_r

 スーパー裏手の通路。ここに上武鉄道の線路があったはずだ。非常に懐かしい。

Dsc01498_r

 このスーパーの少し先が終点の西武化学前駅。今は朝日工業という会社の工場になっていて中に入ることはできない。

Dsc01499_r

 丹荘駅から6.1kmの路線なので手軽な廃線ウォークだった。帰りは先ほどのスーパーの近くにバス停があり、本庄駅行きのバスが運行されていたので、それに乗って丹荘駅まで戻った。埼玉県北でよく見かける朝日自動車の路線バスだった。

2017年1月20日 (金)

上武鉄道廃線巡り2

Dsc01467_r

 遊歩道の右手には雪をいただいた浅間山も見えている。

Dsc01469_r

 再び一般道路に転用された区間になる。

Dsc01476_r

 橋りょう部分。

Dsc01477_r

 築堤上を進む。

Dsc01484_r

 寄島駅跡。民家の裏口がホームになっている。この線が現役の時は家の門を出るとすぐホームだったのだろうか。

Dsc01487_r

 寄島駅近くの道路交差部分。レールが埋め込まれていて踏切跡であることを示している。踏切部分は何ヶ所かあったがレールが見られたのはここだけだった。

2017年1月19日 (木)

上武鉄道廃線巡り1

 上武鉄道は八高線の丹荘駅から西武化学前駅までの6.1kmを結んでいた線で1942年に開業した。当初は貨物輸送のみであったが、1947年に旅客営業を開始したが、旅客営業は1972年に、貨物営業は1986年に廃止された。その廃線跡が遊歩道として残されているらしいので先日行ってみた。

Dsc01446_r

 こちらは八高線丹荘駅裏手。かつてここに上武鉄道の丹荘駅があったが、今は更地となり、当時の面影はない。

Dsc01451_r

 しかし、その敷地内に1本だけまくらぎが残されていた。これが上武鉄道のものかは分からない。

Dsc01444_r

 更地を抜けると廃線跡がスタートする。緩くカーブしていて廃線らしい。このあたりは一般道路として利用されている。

Dsc01455_r

 そこを1kmほど行くと専用の遊歩道が始まる。廃線跡なので平坦で歩きやすい。地元のお年寄りが散歩しているのによく出くわす。

Dsc01463_r_2

 こちらが神川中学校前駅跡。丹荘駅から1つめの駅だ。ホームの土台は新しめの雰囲気だからあとから作ったものと思われる。この裏手には県道が通っていて、同名のバス停もあった。

2016年12月21日 (水)

つくばりんりんロード全線ウォーク5

Dsc01067_r

 藤沢休憩所を出発し、終点までは残り8kmとなった。ここから先も基本的は田園地帯の中を道がひたすら真っすぐ続く。歩きやすいのだが退屈な区間でもある。ローラースケートで気持ちよく進んでいる人がいて羨ましくなる。

Dsc01068_r

 再び現れる工事による通行止めの看板。しかし看板だけでこの日は工事は行われていなかったので無視して歩く。舗装をし直したり、一般道路との交差地点の整備を行ったりしていて、これからもこのサイクリングロードを存続させていこうという動きで、地元の人の利用も多いのだろう。実際に歩いていると散歩をしている人が多い。

Dsc01070_r

 最後の虫掛休憩所では休まずに通過する。

Dsc01073_r

 このあたりからはようやく沿線に民家も現れてきた。

Dsc01074_r

Dsc01076_r

 新土浦駅跡。ホームだけが残っている。

Dsc01079_r

 39kmのキロポスト。残り1kmだ。

Dsc01081_r
 
Dsc01087_r

 常磐線脇のルートになる。

Dsc01088_r

 15時30分、終点に到着。40kmを歩き切った。休憩時間も含め約8時間で歩いたわけだ。平坦な道で楽なウォーキングのはずだったが、後半は景色の変化に乏しく、精神的にかなり疲労した。それにしてもフルマラソンと同じ距離を歩き通したわけだが、それを走り抜くマラソンランナーの体力には驚かされる。

Dsc01096_r

 今回のウォーキングでは鉄道の遺構は駅のホーム以外全く無く、そういったものを探そうとする向きにはもの足りないだろうが、鉄道の雰囲気を味わいながら足腰の鍛錬をするにはいいだろう。

 土浦駅から柏駅乗り換えで東武大宮駅に着いた。帰りの電車では疲労からほとんど眠って過ごした。

2016年12月20日 (火)

つくばりんりんロード全線ウォーク4

Dsc01007_r

 11時25分、筑波休憩所をスタート。途中にご覧のような小屋もあって休めるようになっている。気温も上がってきたので上着を脱いでウオーキングする。

Dsc01012_r

 常陸北条駅跡。

Dsc01013_r

 このあたりは桜並木の中を進む。シーズンには見どころとなるだろう。筑波鉄道時代には当然桜の木はなく、サイクリングロード整備とともに植えられたもので、木の根元には寄付をした人の名前が記されていた。

Dsc01025_r

 小田城跡で道はいったん迂回する。

Dsc01031_r

 大きな堀もある。このあたりで仰向けになって乗るリカンベントという自転車とすれ違った。

Dsc01035_r

 この付近からは田園地帯の中をひたすらまっすぐ進む道になる。景色の移り変わりに乏しいので歩いていても精神的に疲れる。平坦な道だから伊豆急全線ウォークよりずっと楽だろうと思っていたが大違いだった。

Dsc01037_r

Dsc01041_r

 突然現れる通行止めの看板。この先サイクリングロード整備のための工事が行われているようだ。こんな田んぼの真ん中で打ち切られたら今まで歩いて来たものはどうなるのだろうか。

Dsc01042_r

 しかし日曜日のせいか工事の気配もなく、そのままあるき続ける。道は相変わらず真っ直ぐだ。

Dsc01046_r

 工事区間が現れたが、その隣の農道が通行可能だったのでホッとした。

Dsc01055_r

 14時ちょうど、ようやく藤沢休憩所が現れた。

Dsc01059_r
 
Dsc01060_r

 周辺は黄葉がきれいだった。

Dsc01062_r