ただいまの時間

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

『ミスターKの乗り鉄日記』の過去の記事はここから調べられます

ミスターKの乗り鉄旅日記ランキング

アクセス情報

無料ブログはココログ

鉄道雑感

2017年11月29日 (水)

提灯落としのトンネル

Img_1167_r

 泉岳寺駅近くに「提灯落としのトンネル」と呼ばれるトンネルがあります。制限車高が1.5mと低くタクシーの屋根に乗っている提灯の行灯も引っかかるほどの低さからその名が付いています。

Img_1226_r

 こちらがその入り口。手前は山手線の線路です。車の屋根スレスレです。さすがに提灯が引っかかることはありません。

Img_1169_r

 自転車は降りて通行しましょうと書かれていますが皆乗ったままで入っていきます。うっかり背筋を伸ばすと危ないです。

Img_1173_r

 制限車高は1.5mの割りに身長175cmの私でも天井に頭をぶつけずに歩けます。制限高は1.5mでも実際は少し余裕があるようです。

Img_1178_r

 しかしさらに奥に進んで行くとだんだんに天井が低くなって来ました。直立すると頭が完全に天井に付きます。女性や背の低い男性は普通に歩いて行くので実際にはおそらく170㎝くらいの高さと思われます。

 車がスピードを出し過ぎないようにところどころに出っ張りがあります。

Img_1179_r

 長さは230mほどのトンネルです。

Img_1202_r

 提灯落としのトンネルと呼ばれるせいか、なぜかタクシーの通行が多いです。7割方はタクシーでした。

Img_1185_r

 このトンネルは山手線新駅建設に伴い閉鎖される予定なので皆様も早めに行かれてはどうでしょうか。

 こちらは実際に自分の車で走った時の動画です。

2017年11月28日 (火)

動画版「新型フェリーで往復する北海道鉄道遺産巡りの旅」

 8月に北海道に行ってきた時の動画を作ってみました。初日の様子です。わずか6分ほどの動画なのですが、動画の切り出しや画像の選定、字幕や音楽の挿入などの作業が必要でこれだけ作るのにも約3時間ほどかかっています。その割に物足りない中身になっていると思いますが、雰囲気を感じていただければ幸いです。

2017年11月27日 (月)

手帳

Img_1156_r

 毎年年末になると手帳を新しく買います。予定やメモをたくさん書ける大きめの手帳を毎年買っています。今年も同じものを買おうと本屋に行き、何となく他の手帳もパラパラと見ていたところいい手帳がありました。

 手帳には巻末に必ず大都市近郊の鉄道や地下鉄の路線図が付いていますが、今回私が買い求めた手帳にはかなり詳しい鉄道路線図が付いていました。

Img_1160_r

 大都市近郊路線を除いてJRの全駅全路線図が載っているのです。こんなに詳しい路線図が付いている一般手帳は初めてです。仕事の合間に人知れず旅行の計画が立てられそうです。博文館新社から出ているデスクプランナーという手帳でした。

2017年10月29日 (日)

上野毛駅通過線

8272_r

 大井町線で急行運転が開始された時に上野毛駅に通過線が設けられました。この通過線の存在は今年6月にぽけかるツアーの時に気付きました。乗った記憶があいまいだったので、先日その通過線に乗ってきました。

 この通過線は上野毛駅の外側に設けられていて、上り列車だけが使用できる構造です。二子玉川をゆっくりと発車した電車が速度を上げながら通過線に入ります。

 この時は夜だったので待避側には列車はありませんでしたが、朝のラッシュ時にはここでの追い抜きもあります。

 東急は昨日の祐天寺駅などとともにこまめに通過線を設け、スピードアップを図っているようです。

2017年10月27日 (金)

丸善池袋店

8303_r

 池袋駅東口から歩いて3分ほどのところにある丸善に行ってみました。ここは丸善なのですが書籍はほとんど販売されておらず、文具とカフェという珍しい構成になっています。

 しかし私のここの目当ては、店の正面入り口脇に展示されている電車の先頭部分です。道路に面するところに京急と西武が展示され、店内には東急が展示されています。

8305_r

 車両は塗装し直されていてピカピカです。カットされているので全体を楽しむことはできませんが、それでもうれしい展示です。

 店の前には見学用と思われるベンチもあるので、ここに座ってゆっくりと眺めることもできます。皆様もぜひ一度訪れてみてはいかがでしょうか。

2017年10月24日 (火)

台風前泊

Img_4732_r

 10月23日月曜日の朝出勤時に台風21号が関東地方を直撃しそうだったので、それに備えて前泊しました。ホテルの予約は金曜日の夜に行いましたが、その時点では新宿のホテルはまだ空きが多かったですが、前日の午後6時に確認すると高級ホテル以外はほとんど埋まっていました。運のいいことにツインのシングルユースで素泊まり9180円でした。新宿でこの値段で泊まれるのはラッキーです。前泊を嫌がる人も多いですが、朝の交通機関の状況を心配して早起きするより精神的に楽なので私は結構好きです。

 日曜日の夜8時ころチェックインしました。その時点では雨は降ったり止んだりの状態でした。泊まったホテルは新宿ワシントンホテルで地下道で新宿駅とつながっているので雨に濡れずに入れました。その晩は衆議院議員選挙速報と台風情報を見比べながら夜を過ごしました。

Img_4737_r

 台風は超大型で強い勢力で、月曜日朝6時には八王子市付近を通過中とのことでしたが、その時間の新宿は既に雨は止んで、風がいくらか強い程度でした。そんな巨大台風がすぐ脇を通過しているとは思えませんでした。

 私の会社では交通機関の遅れに巻き込まれる人も若干いましたが、台風の規模の割には皆スムーズな出勤でした。ただ全国的に見ると被害を受けた方も多く、お悔やみ申し上げるとともに早期の復旧をお祈りします。

2017年8月25日 (金)

久我山駅の思い出3

Dsc01238_r

 久我山駅で下車して、玉川上水や幼稚園を見ているうちに昔懐かしくなり、昔住んでいた家のあたりまで行ってみました。この団地の5階に住んでいました。計算してみると私がここに引っ越してきたのは今からもう50年も前のことになります。

Dsc01246_r

 裏には公園がありました。当時はブランコや雲梯、鉄棒などがありましたが、今はジャングルジムと滑り台だけになっています。

Dsc01244_r

 砂場には豚の置き物があったのでこの公園は「ぶた公園」と呼ばれていました。当時は砂場でしたが、今はただの土で、豚の配置も変わっています。

Dsc01242_r

 独特の形をしたすべり台も健在でしたがリニューアル工事中で、キリンのような柄が描かれていました。当時は真っ白でした。

 夏休みにはこの公園でラジオ体操が行われていましたが、今は少子化の影響か、遊んでいる子供はほとんどいませんでした。

 久我山周辺を散策し、子供の頃の記憶がよみがえってきましたが、当時は道も建物も遊具もずっと大きく見えたものですが、今行ってみるとずいぶん狭く小さく見えるものです。

 

2017年8月24日 (木)

久我山駅の思い出2

Dsc01209_r

 久我山駅から玉川上水を越え、さらに南に進むと久我山病院があります。私が幼稚園の時、足をけがして手術をした病院です。今は建て替えられていますが、当時は2階建てか3階建ての白い色をした建物でした。

Dsc01211_r

 久我山病院から3分ほどのところにある幼稚園です。私が通っていた幼稚園です。以前このブログで受験の思い出1として紹介したものですが、当時の建物は残っていません。

Dsc01219_r

 こちらは隣接する国学院久我山高校です。今は中学校も併設されているようです。当時は高校の正門前に通園バスが停まって、そこから高校の敷地の中を横切って園舎に向かいました。幼稚園生の私はグラウンドで練習している高校生が大人のように見えたものです。当時から運動部の活動が盛んだったようで、高校生なのに大人のような体格をしていたからかもしれません。

 幼稚園の運動会はここのグランドを利用して行われました。高校の視聴覚教室を借りて映画を見たりすることもありました。高校生の机は幼稚園生には大きくて、首を机に乗せるようにして見た記憶があります。

2017年8月23日 (水)

久我山駅の思い出1

Dsc01202_r

 井の頭線の久我山駅です。私は世田谷の北烏山に住んでいたことがあり、最寄り駅は京王線の千歳烏山でしたが、この久我山駅にも歩いて行けたので時おり利用することがありました。今は橋上駅舎になっていますが、当時は(40年以上前のこと)駅舎が地上にあり、構内踏切を渡って島式ホームに上っていました。車両は黄緑色の「グリーン車」と呼ばれる車両が中心でした。

Dsc01205_r

 駅前通りです。乗用車のすれ違いがやっとできる幅ですが、子供の頃はもっと広い通りに思えました。この先に岩崎通信機があるので岩通通りと呼ばれているようですが、そんな名前が付いていたことは知りませんでした。

Dsc01206_r

 駅から3分ほどのところに玉川上水があります。この橋は岩崎橋と名付けられていましたが、そんな名前があったことも初めて知りました。

Dsc01223_r

 玉川上水沿いの遊歩道です。子供の頃は舗装されておらず、柵もありませんでした。

Dsc01226_r

 当時は柵がなかったので子供たちは水路まで下りてザリガニ釣りなどをやっていました。水深もせいぜい10cm程度で危なくはなかったです。木々もこんなにうっそうとはしていなかったように思います。

 太宰治が玉川上水で入水自殺をしたと知ったとき、よくこんな浅い水路で自殺できたと不思議に思いましたが、その当時は水量も豊かだったのでしょうか。

2017年8月22日 (火)

久我山駅にある銀行ATM

Dsc01198_r

 井の頭線久我山駅の切符売り場です。自動券売機が5台並んでいるように見えますが、よく見ると一番左は銀行ATMでした。

 駅に銀行ATMが設置されることは多いですが、券売機コーナーと一体になった場所に設置されているのは初めて見ました。

 Suica、PASMOの普及で券売機の台数が昔ほど必要ではなくなって、どの駅でも券売機の空きスペースがありますが、こういった活用の仕方もあるのだと感心しました。

より以前の記事一覧