ただいまの時間

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

『ミスターKの乗り鉄日記』の過去の記事はここから調べられます

ミスターKの乗り鉄旅日記ランキング

アクセス情報

無料ブログはココログ

鉄道雑感

2018年10月 9日 (火)

五島産業汽船

Photo
 ある朝公共交通機関を利用しようとして乗り場に行ったら、営業停止のお知らせが貼られていた。そんなウソのような話が実際に九州の五島産業汽船で起こりました。資金繰りの悪化で倒産したようですが、これでは公共交通機関としての責任感は全くありません。公共交通機関といえども一民間企業ですから倒産することはあり得ますが、どんな事態に陥っても運行は守るというのが事業者の心意気ではないでしょうか。そうなる前に第三者に事業を譲渡するなり、所定の期間を経て廃止とするなり、手立てはあったように思います。あるいは報道には現れないものの万策尽きてこういう事態に陥ったのかもしれませんが、どの企業にもそれぞれ社会的責任はあり、それを全うするのが事業者の務めではないでしょうか。
​京都鉄道博物館に国鉄からJRへの引継書が残されていますが、「昭和62年3月31日24時現在事故の報告はない」で締めくくられていて、最後の最後まで安全な運輸サービスを提供しようとする事業者の使命感を感じましたが、今回の事態にはそういったものは全く感じられません。

2018年10月 7日 (日)

ミスターKの吞み鉄旅日記

Img_4990_r

 9月24日午後、両国駅で飲み会がありました。参加者はrailwayさん、takehopeさん、Sさん、そして私ミスターKの4人です。railwayさん、takehopeさんは両国駅に15時36分に到着する、クラブツーリズム主催の貨物線ツアーの臨時列車「宴」で現れました。

 railwayさんは乗り歩きでよくご一緒させていただく方で、takehopeさんは今から5年前に大阪でお会いさせていただいた方で、Sさんは先日の秋田港クルーズ列車でrailwayさんからご紹介いただいた方で、それぞれ熱心な鉄道ファンの方々です。

Img_4996_r

 両国駅構内には江戸NORENという江戸時代の町屋を意識した吹き抜けの施設があり、土俵も再現されています。飲食店や観光案内所などもあり、観光客でにぎわっています、

Img_4999_r

 我々はその2階にある「築地食堂源ちゃん」という店に入り、「宴」から下車した人を交え「宴」が始まりました。この位置はかつての両国駅の駅長室があったところで、railwayさんは小学校のころ、クラブ活動で駅長室を訪れたことがあるので感慨深げでした。

 皆さん相当に年季の入った鉄道ファンで、私ですら着いていけない話題も多く、まだまだ勉強不足だと感じました。特に昭和40年代ころの蒸気機関車、中小私鉄の話題は、ただただ感心して聞くだけでした。

 午後4時前から飲み始め、時間を忘れて飲み続け、お店を出たのは午後7時を回っていました。

 楽しい時が過ごせ、また機会があればご一緒させていただきたいと思いました。皆様、お世話になりました。

 

2018年8月22日 (水)

日本鉄道写真家協会写真展「&」

(秋田港クルーズ列車の旅は1回休みます)

Img_6914_r

 8月21日から27日まで新宿ニコンプラザで開催されている写真展「&」に行ってきました。今年で発足30周年になる日本鉄道写真家協会に所属する30人の写真家の作品が展示されています。

 『「現在過去」「喜怒哀楽」「春夏秋冬」など、いろいろな思いをフレーム1枚に込めて表現します。フレーム1枚に写真2枚で物語を構成し表現する展示です。会員一人一人の物語が紡ぐ鉄道写真の世界をお楽しみください。(日本鉄道写真作家協会)』というのが宣伝文句になっていて、どの作品も2枚で構成されています。

Img_6918_r

 2枚の構成は、同じ場所で季節を変えて撮ったもの、同じ車両を時代を変えて撮ったもの、同じ場所で新旧車両を撮ったものなど様々です。

 1番インパクトがあったのは中井精也さんの作品で、右がラッピング車両、左がそれを見て驚く中井精也さん自身の顔写真でした。自分自身の顔写真を作品にするとは禁じ手かもしれません。

 会場は作品を個別に撮影しなければ写真撮影可ということでした。SNSにアップしてくださいともありました。開催は27日までなのでお早めに。

2018年8月18日 (土)

油壷マリンパーク50周年

File

 油壺マリンパークが今年で50周年だそうです。京急が運営する三浦市油壺にある水族館です。それを記念してのイベントや臨時列車なども走るようです。

 その油壺マリンパークに私は1回だけ行ったことがあります。小学校5年生の時、三浦移動教室という社会科見学兼郊外体験学習のような1泊2日の学校行事の中で油壺マリンパークに行きました。

 当時は油壺マリンパークのテレビCMもよく放映されていたと思います。記憶違いかもしれませんが、魚が算数の計算をして正解の紐を引くようなCMだったと思います。

 水族館自体はこれと言って印象に残ってはいないのですが、平日のせいか意外と空いていたのと記念スタンプを押した記憶だけは残っています。

 それにしても最近は◯◯何十周年と言った話題をお送りし昔の思い出などを語るようになってしまい自分の年齢に驚くばかりです。

2018年8月17日 (金)

はとバス70周年

Img_6838

 今年ははとバスができてから70周年になるそうです。戦後の復興が始まりかけた1948年に新日本観光という社名で、わずか5人のバスガイドでスタートしたようです。

 東京オリンピックの頃に年間120万人の利用者を記録しピークを迎え、その後は長く低迷が続きましたが、また最近2度目のオリンピックが近づき復調しているようです。

 私ははとバスに限らず定期観光バスはほとんど利用したことがないのですが、利用した人の話を聞くと、特にはとバスは他の定期観光バスに抜きん出たスキル、サービスを有しているとのことで、ぜひ一度乗ってみたいと感じています。よく分かっていると思っている東京の街を別の視点で見てみたいです。

2018年8月16日 (木)

ブログ開設10周年

Kouken_118

 本日8月16日でブログ開設からちょうど10年となりました。第1回目が2008年8月16日なのです。その時の記事はコチラ。我ながらよく10年も続いたものと思っています。これもひとえに皆様のご支援の賜物と感謝しております。

  実はこのブログ開設の以前には「さいたま鉄道博物館へようこそ!」というタイトルのホームページで私の鉄道コレクションを中心に紹介し、時々旅行記なども公開していました。しかしホームページの場合、文章や画像の配置、ページごとのリンクの設定などいろいろ複雑なことが多く、結果として更新頻度は低く長続きせずその後閉鎖してしまいました。

  そんな中でブログというものを知りました。ブログの場合は基本的には文章を作成し写真をアップロードするだけで完結し、面倒な設定が少ないので、それがここまで続いてきた要因だと思っております。

  それとともに多くの方にコメントを寄せていただくようになったこともとても励みになりました。更新が遅い時には体調でも悪いのかと心配してくれる人もありました。ブログを通じて旧友と再会を果たしたり、ブログにコメントを寄せていただく方と実際にお会いしたりすることもあり、ますます気合が入りました。

  ブログの内容自体は極めて阿呆らしいものですが「継続は力なり」これからも休まず続けていきたいと思っています。 ​

2018年8月15日 (水)

山田線 宮古~釜石間 DL点検列車 運転

Pdf_1532493833_1__1

 先日の「2018年大人の休日倶楽部パスの旅PARTⅡ」でも少しご紹介した山田線の復旧工事ですが、ほぼ完了し、今月からディーゼル機関車による強度確認試験等が実施されるようです。 点検列車の運行はJR東日本により行われますが、最終的に来年3月23日に同線は三陸鉄道に移管されます。

  これにより三陸鉄道は盛から釜石、宮古を経由して久慈に至る163kmの路線となり、第三セクターでは一番長い路線を有する鉄道会社になるようです。営業キロがこれより短い大手民鉄はいくらでもあるので、鉄道会社としてもかなりの大会社になります。

  ただし、同社のホームページから決算内容を見てみると年間売り上げが3億円程度で、3億円超の各種補助金を得ても赤字決算となっており、経営状況はかなり厳しいようです。地方の交通インフラを維持するには我々も税金等を通じて相応の対価を支払う必要があるようです。 ​

2018年8月12日 (日)

海老名サービスエリア

Img_6709_r

 海老名と言えば誰でも真っ先に思い浮かべるのが海老名サービスエリアでしょう。私は今から20年ほど前に海老名で働いていたことがあり、海老名に転勤になったと言うと皆から「サービスエリアの海老名ね」と言われるほど、海老名とサービスエリアは切っても切れない関係でしょう。

Img_6707_r

 その海老名サービスエリアには高速道路に乗らないと行けないと思っている人も多いですが、地元の人が入れる裏口があります。最近のサービスエリアは店舗が充実していて地元の人のニーズも強いので、いつくかのサービスエリアは裏口からも入れるようになっています。

Img_6706_r

 こちらがその入り口。一般車が駐車できるスペースやバスの発着所もあります。中に入ってしまえばおなじみのサービスエリアですが、こんな秘密の入り口から入れるのはワクワクします。

Img_6711_r

 ここで名物の海老名カレーパンを買って食べました。先日お伝えした東名高速道路版人生ゲームもここから入って手に入れました。

2018年8月11日 (土)

西日本豪雨

843dd30e7bc85e9650db7c917b79337b

 7月の西日本豪雨から1ヶ月が経ちましたが、山陽本線が未だに不通で貨物輸送を中心に大きな影響が出ています。JR西日本では山陽本線の復旧を10月中と見ているようでまだしばらく時間がかかりそうです。山口線、山陰本線、伯備線経由で貨物輸送を行うという話があり、現在訓練中のようですが、所用時間が長くなったり、編成が短くなったりとスムーズにはいかないようです。

 それにしても近年は地球温暖化の影響で集中豪雨による鉄橋や路盤の流出が頻繁に発生しています。古い路線だと今から100年以上も前に建設された線もあり、メンテナンスが行われているとしても、施設自体はかなり老朽化しているはずで、抜本的な災害対策が求められています。

2018年8月10日 (金)

東名高速道路版人生ゲーム

Img_2624

 先日人生ゲーム、東名高速道路がそれぞれ50年という話をしましたが、両者のコラボ企画で、東名高速道路版人生ゲームが無料で配布されています。

 東京からスタートし、愛知県小牧市に至るルートです。途中で新東名に分岐するルートもあります。コマやルーレットを自分で用意すれば実際に遊べます。裏面には東名高速道路の年表も記されています。

 中日本高速のアプリをダウンロードするかラインで友だちになると所定のサービスエリアでもらえます。もう品切れになっているかもしれませんが、機会があれば手に入れてみてはどうでしょうか。

より以前の記事一覧