ただいまの時間

2018年6月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

『ミスターKの乗り鉄日記』の過去の記事はここから調べられます

ミスターKの乗り鉄旅日記ランキング

アクセス情報

無料ブログはココログ

鉄道雑感

2018年6月18日 (月)

貸切バス事故

S_kitanihon107109383
 先日富山県内の高速道路を走行中の貸切バスで運転手が突然意識を失い操縦不能に陥りながら乗客の機転で難を免れるという事故が発生しました。バスの相次ぐ重大事故は関越道や軽井沢の事故を思い出すまでもなく、いっこうに減る気配のないことが残念です。

 背景には運転手の加重労働やバス会社の安全管理体制の不備などが指摘されていますが、これだけ頻発すると利用者としても相当に慎重にならざるを得ません。

 私は鉄道以外の乗り物にも興味があり、以前はよく夜行バスや長距離バスを利用していましたが、最近はかなり限定的になっています。止むを得ず乗る場合もシートベルトをしっかり締め、運転手の運転ぶりや車内アナウンスの声のトーンなどを確認するようにしています。

 鉄道の場合は仮に運転士が意識を失っても非常ブレーキがかかったりする仕組みがありますが、バスの場合は運転手の個人的な力量に負う部分が多すぎます。

 今回のバス会社は日本バス協会の貸切バス安全評価基準認定制度で三ツ星の評価を受けているにもかかわらず、今回の事態なのでどう自衛策を取ればいいのでしょうか。

2018年6月17日 (日)

山陽新幹線でボンネット破損

Hqdefault
 6月14日、山陽新幹線のぞみ176号でボンネットが損傷し、新下関駅で運転を打ち切る事故がありました。博多・小倉間で人と接触したことが原因のようです。運転士は異音に気付いていましたが、小動物に衝突したものと思い、そのまま運転を継続したようです。

 最初に事故に気付いたのは同列車が小倉駅を発車した後にすれ違った対向列車の運転士で、その連絡に基づき新下関駅で点検した結果事故が判明したものです。

 この事故で気になるのが、小倉駅到着時には既にボンネットが損傷していたはずなのに駅員が誰も気づかなかったのかということです。列車がホームに進入する際の安全確認では、否が応でも先頭車両に注目がいく訳で、これを見逃すことはあり得ないと思います(駅員も認識していたが問題ないと判断したとの報道もあります)。

 運転士の初動に問題があるのは当然としても、それをカバーする体制が乏しいと言わざるを得ません。最終的に対向列車の運転士が気付いて、列車は緊急停車し、新下関駅1番線(下り線待避側ホーム)に取り込まれたようです。以前に発生した新幹線の台車亀裂問題の反省が生きておらず、JR西日本の安全体制への取り組みが問われる事案です。

2018年6月16日 (土)

新幹線車内での殺人事件

Yjimage
6月9日夜、のぞみ265号の車内で22歳の男性が刃物を振り回し、男性1名が死亡、2名が負傷するという痛ましい事件が起きました。亡くなられた方のご冥福と2名の方の早い回復をお祈りします。

 男は「むしゃくしゃして誰でもいいから殺したかった」という趣旨の供述し、刃物を複数用意していたようです。新幹線などを日常的に利用する私には他人事とは思えない話で、こんな人間が乗り合わせていては安心して乗車することもできません。

 飛行機の場合はかなりセキュリティが強化されていますが、鉄道やバスではそれも限界があります。防犯カメラの設置や警備員の巡回を増やすといった方策は考えられますが、根本的な解決ではありませんし、これといった対策がないというのが現状でしょう。

今回の報道の中でひとつ興味を引いたのが、車掌が座席のシートを外して盾として使えることをアドバイスしていたようです。座面の部分は掃除やクリーニングの関係で取り外せるようになっているのです。私も東海道新幹線に乗車中、車掌がやってきて忘れ物の捜索で座面を外して隙間に残っていないか確認する場面に出くわしたことがあります。自分の身を守る一つの手段として参考になるかもしれません。

2018年6月 5日 (火)

組立て万国博大パノラマ

Img_6334

 以前「小学館の学習雑誌」の記事で付録が楽しみで、その中でも万博のパビリオンの組立付録が記憶に残っていることをお伝えしましたが、おとといの日経日曜版で雑誌の付録の盛衰を伝える記事の中にに私の記憶に残っている付録が出ていました。小学二年生1970年6月号の付録とありますから、まさに私が作った付録と同じものです。もっと大きくていろいろなパビリオンがあったような記憶がありますが、意外とこじんまりしています。今見ると紙製のしょぼい「大パノラマ」ですが、小さいころの記憶とはそんなものでしょう。私は万博に行くことはなかったですが、これを作って万博に行った気持ちになりました。

2018年5月23日 (水)

鉄道博物館

Img_0494_r

 久しぶりに大宮の鉄道博物館に行ってきました。メインの車両ステーションがリニューアルされました。大型のスクリーンが設置され、列車の映像が繰り返し上映されています。

Img_0525_r 

 ハニフではプロジェクションマッピングが行われ、外から見ていると窓に乗客の姿や季節の風景が投影されています。

Img_0534_r

 ゴールデンウイーク中は硬券がもらえます。駅員が入鋏してくれます。改札鋏にフィルムケースで作った切りくず受けを付けているところまで再現されています。
Img_6158こちらがその硬券です。

2018年5月22日 (火)

ニューシャトル型証明写真

Img_0538_r

 埼玉新都市交通ニューシャトルの鉄道博物館駅で見かけた証明写真ボックスです。ニューシャトルの新型車両2020系の形をしています。なかなかしゃれています。どんな写真が撮れるのでしょうか。他の駅にもあるのでしょうか。気になります。

2018年5月20日 (日)

大黄金展

Img_1082_r

 すでに終わってしまったイベントですが、大宮高島屋で「大黄金展」が開催されていました。『総点数1,000点以上の金製品が一堂に会する展示販売会。国内有数の金工芸職人の技が生み出す、仏具や茶道具、和洋食器のほか、時代を映すオリジナル作品など、数々の逸品が集います。純金製品コレクション国内随一を誇るSGCがお届けする「大黄金展」は、全国各地の有名百貨店にて開催。日本が誇る伝統と本物の輝きをぜひ間近でご覧ください』というのが宣伝文句です。

 ご覧の画像は金箔1700枚を貼った高さ2mの金将です。持ち去られたら大損害ですが、持って逃げるわけにはいかないので警備もなく、1階の入り口付近に展示されていました。

Img_1083_r

 会場内は撮影禁止なので、入り口の写真の0系新幹線です。重さ40gで税込約97万円くらいします。他にE5系もありました。鉄道だけでなく、トヨタ2000GTなどの乗用車などもありました。

 そのほかにウルトラマン、ウルトラセブン、バルタン星人などもありました。こちらは30万円くらいでした。

N463902 
 そしてウルトラセブンが変身に使ったウルトラアイもありました。こちらは100万円ほどしました。ウルトラセブンは今年で放送開始50年にあたるようで、そういう意味でも感慨があります。昔の思い出に浸りながらウルトラアイを熱心に眺めていると、販売員が近づいてきて、『横浜でやったときはモロボシダンが来て、実際にこのウルトラアイを目に付けたんですよ』と声をかけてきます。金持ちそうに見えたからか、ウルトラマン世代に見えたからか、あるいはカモと見られたのか、しつこく寄ってきます。返事をすると引き込まれそうなので、生返事をして会場を後にしましたが、いい目の保養にはなりました(画像は円谷プロのホームページから借用しました)。





2018年4月29日 (日)

切符も西暦表示

Kouken_093

 鉄道の切符の日付を西暦に変更する動きが広がっています。外国人観光客が増えているのとあと1年ほどで年号が代わることも背景にあるようです。

 上のきっぷは平成初日の切符です。それまで数字2桁の年数表示に慣れていた我々は1桁の年数表示に間延びした印象を持ちました。

Kouken_084

 こちらは日にちの縁起きっぷで、8910と数字が増えていくことを理由に発売されました。

Ticket_006_2

 こちらは1並びの定期券です。

 こういった切符が珍重されるのは元号表示ならではです。元号表示だと改元が行われるといつの元号の切符だが分からなくデメリットがある一方、逆にゾロ目などの数字の記念きっぷが発売しやすく増収につながるメリットがあります。それにしても、私たちも間もなく、昭和、平成、それから新しい元号と3時代を生きることになるわけで、昭和は遠くなりにけりです。




2018年4月23日 (月)

OLYMPUS鉄道写真展

Img_6050_r

 4月20から25日の予定で、西新宿にあるOLYMPUSギャラリーで鉄道写真展が開催されています。さっそく昼休みに行ってみました。

 櫻井寛さんや矢野直美さんら8人の写真家による「私のお気に入りの路線」と題しての50枚ほどの写真が展示されています。

 「私のお気に入りの路線」と題されているにもかかわらず、写真の説明にはどの線の写真が記されていないのが難点です。季節的には冬の写真が多く、時間帯的には夕暮れや夜の写真が多かったです。

 その中で私が気に入ったのは神谷武志さんの写真で、京王線のとある駅の夕暮れでバックに富士山が写っているものでした。

 そのほかにも力作がありますので皆様もぜひ一度訪問されてはいかかでしょうか。

2018年4月 7日 (土)

走れ!釧路の運炭列車

Img_5970_r Img_5971_r

 1年ほど前に釧路を訪れ、簡易軌道や太平洋石炭輸送販売の貨物列車に興味を持ったことは何回かお伝えしています。私はその時初めてそういったものに興味を持ったと思い込んでいたのですが、先日コレクションを整理していたところ、「走れ!釧路の運炭列車」というDVDが出てきました。太平洋石炭輸送販売の貨物列車や釧路コールマインのトロッコなどを取り上げた力作です。

 いつ買ったのかも覚えていないのですが、DVDの制作時期などを勘案すると2007年頃のようです。このDVDを見ると昨年訪れた時の見学の様子などが思い出され、さらに理解が深まりました。

 それにしても買ったことすら忘れているとは情けないです。高校の時、年配の漢文のF先生が「前に買ったことのある本であることを忘れて同じ本をまた買ってしまうことがある」と言っていて、そんなことがあるのだろうかと笑ってその話を聞いていましたが、まさか自分がそうなるとは思ってもいませんでした。私はどちらかというと記憶力のいいほうだと思っていましたが、年には勝てないと思い知らされました。

 それはともかくこのDVDはとてもよくできているので皆様もぜひ見ていただきたいと思いました。

より以前の記事一覧