ただいまの時間

2018年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      

『ミスターKの乗り鉄日記』の過去の記事はここから調べられます

ミスターKの乗り鉄旅日記ランキング

アクセス情報

無料ブログはココログ

鉄道雑感

2018年2月24日 (土)

自動改札ディスプレイに小変化

Img_2366_r

 ICカードで自動改札を出る時に、引去額が表示されますが、今までは金額そのものが出ていましたが、最近金額の前に-(マイナス)の表示が出るようになりました。小さな変化なのですが何か背景があるのかネット上で調べましたがよく分かりません。

 それと気になるのが「引去額 -154円」という表記は正しいのでしょうか。「154円引き去る」なら分かるのですが、「-154円引き去る」というのは、私の数学の理解では「154円」プラスになる、つまりチャージされたということだと思うのですが・・・

2018年2月12日 (月)

京王れーるランド

​ 昨日紹介したスタンプラリーの賞品の受け取り場所が多摩動物公園駅に隣接する京王れーるランドに指定されています。 ここには鉄道ジオラマや運転シミュレーターなどがあるとともに京王線の懐かしい車両が展示されています。

Img_2094_r

 名車5000系。新5000系がデビューしたので、旧5000系と呼ぶのでしょうか。京王線沿線に住んでいたのでよく乗りました。

Img_2091_r

 都営地下鉄乗り入れ用6000系。

Img_2095_r

 京王の旧型車。緑色をしていたのでグリーン車と呼ばれていた。

Img_2067_r

 こちらはグリーン車を模したラッピング車両で、現在運行中のもの。

Img_2082_r

Img_2102_r

 館内や車内にはかつてのヘッドマークやプレートなどが保存されていてミニ博物館のようになっています。一度訪れる価値のあるところだと思います。

2018年2月11日 (日)

京王スタンプラリー

Img_5464_r

 京王線で新5000系のデビューを記念してスタンプラリーが開催されています。

Img_2087_r

Img_2089_r

 橋本、南大沢など8駅を巡るもので、全部回ると先着6000名にレプリカ硬券やパスケース、絵葉書などがもらえます。スタンプ自体はアルファベットで特長は全くないので、ちょっと物足りなさを感じますが、コンプリートには3時間もあれば十分なので是非参加されてはいかがでしょうか。

2017年12月31日 (日)

2017年を振り返って

Dsc02610_r

 2017年の新線開業は可部線の可部・あき亀山間1.6kmのみだったが、いったん廃止になった区間が復活するという近年ない事例で意義深かった。

 普段は乗れない線にもかなり乗れた。特に今年の9月以降は各地に頻繁に出かけたので未発表の旅日記が4編も残っている。これから順次紹介していく予定だが、その中でも広島県三原市にある三菱重工の試験線は距離もあり貴重な体験だった。こういった情報は乗り歩き仲間から知ることも多く感謝している。

 一方、大惨事には至らなかったが新幹線の台車破断や、復旧まで長時間を要した田園都市線や京浜東北線での電気系統や架線の事故も深刻だ。日々のメンテナンスとトラブル発生時の迅速な対応を磨いていかなければ鉄道の信頼は無くなるだろう。

 2018年は新線開業の予定もなく乗り歩きには寂しい年になりそうだが、普段は乗れない線に乗れるイベントは着実に増えているので、それらをしっかりと押さえていきたいと思っている。

 この1年間皆様にはお世話になりました。来年もまたよろしくお願いします。

2017年12月30日 (土)

まっすぐ、速い。京成スカイライナー

Img_5165_r

JR新宿駅西口の改札前に京成スカイライナーの大きな広告が出ていました。路線図の航空写真で日暮里から成田空港までが示されていて、日暮里・成田空港間は36分、新宿・成田空港間は乗り換え時間を含めず57分となっています。鉄道会社の広告で車両が出てこないのは珍しいです。

 それとともに気になるのが、この広告スペースはどこの所有なのかということです。JRの改札前ですが、まさかJRが敵に塩を送るようなことはないでしょう。小田急の改札にも近い位置なので小田急の所有なのでしょうか。小田急と京成は競合関係もないから、仲間にエールを送るつもりで貸したのでしょうか。気になる広告でした。

2017年12月29日 (金)

JR東日本機動戦士ガンダムスタンプラリー

Station65_img1

 JR東日本で「機動戦士ガンダムスタンプラリー」が1月9日から始まります。スタンプラリーは毎年1月から2月にかけて開催されていて2年前はウルトラマンスタンプラリーでその時は私も参加してみました。

 会社で私の隣の席の人がガンダムマニアの人でさっそく教えてあげたら、コンプリートを目指すと張り切っていました。賞品はステッカー、イラストボードなどでコンプリートするとオリジナルガンプラです。

 ガンダムは私の大学生時代にはやっていたので、私自身はガンダム世代ではなく今回は参加しない予定ですが、スタンプの効率的な集め方などを会社の同僚に指南しようと思っています。

2017年12月27日 (水)

メルカリ

Img_5021

Img_5027

 フリマアプリのメルカリは皆様もご存知かと思います。不用品などをスマホで写真を撮って、自分で値段を決めて販売するアプリです。

 私も最近メルカリを始めました。買ったけど結局組み立てなかったBトレインショーティーや鉄道イベントに参加した際にもらった記念品で要らないものなどを8点を販売して1万円ほどの利益がありました。ちょっとしたおこづかいになります。

 代金の10%が手数料としてメルカリに取られるのと送料が別途かかるので、売上がそのまま利益になるわけではないですが、捨てるつもりだったものを買ってもらえるのでありがたいです。

 また匿名配送という仕組みを利用できるので相手に自分の住所や名前を知られずに発送できたり、伝票の記入が不要でコンビニから発送できたりするのも便利です。

 私の鉄道コレクションは過去40年くらいの蓄積になり押入れに入りきれないほどあるのですが、残り少なくなった人生の終活に向けて自分にとって価値のないものはどんどん処分していこうと思っています。

 ちなみに私のメルカリはこちらです。https://www.mercari.com/jp/u/256339298/

2017年12月24日 (日)

E353系スーパーあずさ運転開始

Img_5092_r

 昨日から中央線の特急スーパーあずさに新型車両が投入されました。会社の帰りに新宿駅で見てきました。全体的な外観はJR東日本で最近よく見かけるタイプで、カラーリング以外目新しさはありません。

 この車両は従来のスーパーあずさと同様、振り子式の車両でカーブで車体を傾けてスピードを落とさず走行できるようになっていますが、自然振り子式から空気ばね方式に変わり、傾斜角も従来の5度から1.5度になり、乗車していても振り子が効いているのを感じにくくなっているようです。

Img_5087_r

 E353系のロゴです。シンプルなデザインです。

 中央東線沿線に出かける予定は当面ないのですが、早めに乗りたいと思っています。

2017年12月22日 (金)

大相鉄展

Img_1738_r

 相鉄が今年で開業100年になり、その歴史を写真と資料でたどる企画展が横浜高島屋で25日までの予定で開催されています。

Img_1748

 入場者にはご覧のようなD型硬券入場券がもらえます。

 1950年頃の横浜駅西口は何もない状態でこんなに発展するとはその写真からは想像も付きません。古い写真を見ては昔を懐かしがる年配の人が大半でした。

Img_1736_r

 横浜駅の様子が鉄道模型で再現されていました。展示は基本的には撮影禁止でしたが、これだけは可能です。

Img_1742_r

 私は今から20年ほど前に相鉄線で通勤していた時期があり、展示を見た後に相鉄線に乗ってみました。一部の車両にボックス席があり、会社の帰りにここに座るのが楽しみでした。

Img_1743_r

 それとともに窓がパワーウインドー式で電動で開閉するのも特徴でした。他社線と相互直通運転をしないので独自の発展進化した機能があるわけです。

 その相鉄も今後JR、東急との乗り入れが予定されていて、さらに発展していくことが期待されています。

2017年12月21日 (木)

GO! GO! 特急列車出発進行~!

Img_1734_r

 旧新橋停車場鉄道歴史展示室で第45回企画展「GO! GO! 特急列車出発進行~!」が開催されています。電車特急のあゆみを紹介するもので151系のこだまから始まり、181系、485系、583系などから、現在のJR、私鉄の特急が写真を中心に展示されています。151系こだまのヘッドマークも展示されていて貴重な資料でした。

 私が興味を引いたのは583系で、寝台のセット解体の様子が映像でも紹介されていたことで、その仕組みは宮脇俊三さんが汽車旅12ヶ月の中で「じつにうまく工夫されていて、何たる頭の良さかと感心する」と述べているほどで、私もその様子を実地で見るためにわざわざ寝台特急なはで新大阪から西鹿児島まで乗ったことがあります。

 583系は昼夜兼用の特急で昼は座席特急、夜は寝台特急として運行され、1967年にデビューし、昼も夜も働くモーレツ社員もような活躍をしていました。その後新幹線網の延伸で活躍の場が狭められ、国鉄末期には近郊型電車に改造されるなどしましたが、意外と長生きし、今年5月に秋田でようやく引退しました。

 

より以前の記事一覧