ただいまの時間

2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

『ミスターKの乗り鉄日記』の過去の記事はここから調べられます

ミスターKの乗り鉄旅日記ランキング

アクセス情報

無料ブログはココログ

鉄道雑感

2018年8月12日 (日)

海老名サービスエリア

Img_6709_r

 海老名と言えば誰でも真っ先に思い浮かべるのが海老名サービスエリアでしょう。私は今から20年ほど前に海老名で働いていたことがあり、海老名に転勤になったと言うと皆から「サービスエリアの海老名ね」と言われるほど、海老名とサービスエリアは切っても切れない関係でしょう。

Img_6707_r

 その海老名サービスエリアには高速道路に乗らないと行けないと思っている人も多いですが、地元の人が入れる裏口があります。最近のサービスエリアは店舗が充実していて地元の人のニーズも強いので、いつくかのサービスエリアは裏口からも入れるようになっています。

Img_6706_r

 こちらがその入り口。一般車が駐車できるスペースやバスの発着所もあります。中に入ってしまえばおなじみのサービスエリアですが、こんな秘密の入り口から入れるのはワクワクします。

Img_6711_r

 ここで名物の海老名カレーパンを買って食べました。先日お伝えした東名高速道路版人生ゲームもここから入って手に入れました。

2018年8月11日 (土)

西日本豪雨

843dd30e7bc85e9650db7c917b79337b

 7月の西日本豪雨から1ヶ月が経ちましたが、山陽本線が未だに不通で貨物輸送を中心に大きな影響が出ています。JR西日本では山陽本線の復旧を10月中と見ているようでまだしばらく時間がかかりそうです。山口線、山陰本線、伯備線経由で貨物輸送を行うという話があり、現在訓練中のようですが、所用時間が長くなったり、編成が短くなったりとスムーズにはいかないようです。

 それにしても近年は地球温暖化の影響で集中豪雨による鉄橋や路盤の流出が頻繁に発生しています。古い路線だと今から100年以上も前に建設された線もあり、メンテナンスが行われているとしても、施設自体はかなり老朽化しているはずで、抜本的な災害対策が求められています。

2018年8月10日 (金)

東名高速道路版人生ゲーム

Img_2624

 先日人生ゲーム、東名高速道路がそれぞれ50年という話をしましたが、両者のコラボ企画で、東名高速道路版人生ゲームが無料で配布されています。

 東京からスタートし、愛知県小牧市に至るルートです。途中で新東名に分岐するルートもあります。コマやルーレットを自分で用意すれば実際に遊べます。裏面には東名高速道路の年表も記されています。

 中日本高速のアプリをダウンロードするかラインで友だちになると所定のサービスエリアでもらえます。もう品切れになっているかもしれませんが、機会があれば手に入れてみてはどうでしょうか。

2018年8月 9日 (木)

台風接近

台風接近
台風の接近に備えてホテルに宿泊しています。会社まで歩いて10分ほどのところなので何があっても出勤できます。皆様もお気を付けて出勤してください。

2018年8月 8日 (水)

東名高速道路開通50年

047_2

 今年で東名高速道路が部分開通から50年になります。関東地方では1968年に東京・厚木間が一番最初に開通しました。

 私が東名高速道路に一番最初に通ったのは開業から3年目で小学校2年の冬です。父の勤め先の家族レクリエーションで、父の会社の人たちと車に分乗し箱根方面にアイススケートに行った時です。

 その道すがら父は「この道は日本で一番いい道なんだよ」と教えてくれたことを今でも覚えています。日本一いい道路を走れたことがうれしくて学校で作文まで書いたことも覚えています。開業から3年しか経っていないので道路もまだきれいだったと思います。よく晴れた日で白く輝く中央分離帯のガードレールが印象に残っています。

2018年8月 7日 (火)

人生ゲーム50年

Img_2615

 野球盤が60年でしたが、人生ゲームは今年で発売開始から50年だそうです。スマホやDSのゲームが主流になった今ですが、まだ生きながらえていたとは驚きです。

 「人生は山あり谷あり」「億万長者になるか貧乏農場に行くか」というCMのキャッチフレーズは今でもよく覚えています。

 私の人生ゲームデビューは小学校1年か2年の時で、友だちの家でやりました。ルーレットを回して出た目の数だけ進みゴールに到着した時の所持金で勝敗が決まる単純なゲームですが、アメリカから輸入されたゲームらしくお金の単位がドルで子どもの私には何のことかよく分かりませんでした。友だちに言われるままお金のやり取りをしたことを覚えています。駒はクルマで、最初は1人でスタートし、結婚し、子どもが生まれ、人間に見立てたピンが増えていくのも楽しかったです。

 その後小学校6年の時、お小遣いを貯めてとうとう人生ゲームを買いました。大宮高島屋のおもちゃ売り場で当時2500円くらいしたと思います。1ヶ月のお小遣いが600円だったのでお年玉なども合わせて買ったと思います。さっそく家族で楽しみました。

 その後いろいろなバージョンが出てきたみたいですが、基本スタイルは変わっていないようです。昭和のアナログゲームですが、みんなでワイワイできる楽しいゲームでした。画像は我が家から発掘された人生ゲームです。

2018年8月 6日 (月)

野球盤60周年

Img_6799_1_2 鉄道とは関連のない話題ですが、今年が野球盤が発売開始から60年だそうです。日経新聞の広告に出ていました。おもちゃの広告が日経新聞に出ることは珍しいですが、読者は野球盤世代なのでしょう。1958年の登場ですから私が生まれる前からあるようです。私は小学校2年の時に野球盤を買ってもらいました。ピッチャーがパチンコ玉のようなボールを投げ、それをゴムの力で回転するバットで打ち、入った穴の位置でヒット、ホームラン、アウトなどが決まります。

 盤の下にはマグネットが仕掛けてあってピッチャーはそれを操作することによりストレート、カーブ、シュートなどを投げ分けます。カーブはホームベースを外れるのでスイングすると当たりませんが見送ればボールになります。シュートも見送ればボール、振れば詰まったアタリになります。ピッチャーの球種を予想しながら打つ必要がありました。

 その後消える魔球装置が付いた野球盤が登場しました。当時はやっていた野球マンガの主人公星飛雄馬が投げる大リーグボール2号「消える魔球」が野球盤に取り入れられたのです。テレビCMでは投げた球が本当に消えるように演出されていましたが、実際にはホームベース手前でボールが盤の下を通ってキャッチャーが捕球する仕組みになっていて、今思えば明らかに誇大広告でしたが、そんなことも問題にならない時代でした。

 その後も野球盤は進化をとげ、昔は平面上でしたが今では3Dになりボールが空中を飛び、それをバットで打つようになっているみたいです。

 昭和のアナログゲームですが、今も変わらぬ人気があるようです。

2018年8月 5日 (日)

川崎駅ホーム拡幅に伴う運転変更について

20180726_y01__1

 まだ先の話ですが、11月3日に東海道線川崎駅のホーム拡幅工事が行われ、それに伴い東海道線で列車の運行形態が変わります。私の興味を引く点は以下の3つです。

①東海道線上りが横浜駅で小田原方の渡り線を利用して折り返し運転が行うこと

②上野方から来る上野東京ラインが東京駅で折り返し運転を行うこと(従来工事等で途中折り返しになる場合、上野折り返しだった)

③一部の東京始発下り東海道線が品川・横浜間を横須賀線を走ること(品川駅、横浜駅で東海道線・横須賀線の転線が発生する)

 以上のような見どころがあり、いずれも乗ったことがないのでぜひ押さえておきたいと思います。

2018年8月 3日 (金)

京浜東北線南行線路移設

 京浜東北線南行きの田町・品川間の線路が移設されたので遅ればせながら先日見に行ってきました。従来よりも東側になり東海道線寄りになりました。

9058_r

 線路別複線から方向別複線に切り替わる高架橋もできつつあります。 ​

9060_r

 途中には建設中の品川新駅もありました。

9065_r

 現在は京浜東北線の南行きだけですが、今後京浜東北線の北行きと山手線も移設される予定です。 新線開業ではありませんが、新しい線路を走るので早く乗りたいものです。

2018年7月31日 (火)

工業デザイナー黒岩保美没後20年展

9053_r

 国鉄の車両設計事務所に在籍し、列車のヘッドマークやグリーン車のマーク、車両のデザイン画などを製作された黒岩保美さんの企画展が新橋停車場で開催されています。

 原画が多数展示され、そのデザインの細かさには驚かされます。多くの資料が個人蔵となっていましたが、かつてはこういったものが見向きもされず、個人で持ちかえっても何も言われなかった時代だったのでしょう。

 水戸岡さんのデザインもいいですが、昭和のシンプルなデザインもまたいいものです。10月14日まで開催されています。

より以前の記事一覧