ただいまの時間

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

『ミスターKの乗り鉄日記』の過去の記事はここから調べられます

ミスターKの乗り鉄旅日記ランキング

アクセス情報

無料ブログはココログ

2017年12月11日 (月)

銀座線幻の駅をライトアップ

Img_1487_r

 地下鉄開通90週年を記念して、銀座線の幻の駅がライトアップされています。一つ目は神宮前駅です。今の表参道駅の渋谷駅方に位置し、銀座線のホームから見えます。この駅は1972年まで利用されていました。

Img_1500_r

 もう一つは萬世橋駅です。萬世橋駅は神田駅と末広町駅の中間にあり、萬世橋のたもとにあります。この駅は仮駅扱いでわずか2年弱営業しただけで1931年には廃止されました。駅は浅草行の進行方向左側にありますが車内からはほとんど分かりません。トンネル内の照明とほとんど区別がつかないからです。渋谷行きからのほうが見やすいですが、それでも一瞬です。

 都会の中にひっそり残る幻の駅、2つの駅のライトアップは18日までなので皆さまも早めにご覧になってはいかがでしょうか。

 (神戸市交通局100周年記念特別列車の旅は1回休みます)

2017年7月28日 (金)

秦野駅

Dsc01100_r

 秦野駅は1996年に改築され、そのデザイン性の高さからグッドデザイン賞を受賞するとともに関東の駅百選にも認定された駅です。こちらは北口の様子。

Dsc01101_r

 こちらは南口の様子。

Kouken_037

 関東の駅百選に選ばれた時の記念硬券入場券です。

Dsc01097_r

 駅前の「まほろば大橋」。下を流れる川は水無川。その名の通り本当に水が流れていません。

Dsc01089_r

 川の両岸は遊歩道になっていて、いい雰囲気を醸しだしています。

2017年7月27日 (木)

相模大野駅

Dsc01052_r

 小田急線の相模大野駅は2面6線の構造で、中央部2線が通過線で、その両側に島式ホームを1面ずつ備えるというダイナミックな配線になっています。

Dsc01050_r

 かつての小田急は10両編成の電車を6両と4両に分割する木目の細かい車両運用を行っていて、この相模大野や海老名で分割・併合を行っていました。

 駅のアナウンスでも「分割案内板Aを境に前6両が急行小田原行、後ろ4両が急行片瀬江ノ島行き」などと放送していました。最近は基本的には分割併合を行わないため、こういう放送を聞くこともなくなりました。天井から吊るされていた分割案内板も撤去されましたが、ホームの表示はまだ残っていました。

 それともう一つ相模大野駅で特徴的なことは、東林間以遠の駅と小田急相模原以遠の駅の運賃計算をする場合、相模大野駅までの距離で計算するのではなく、相模大野駅西方0.2km地点にある相模大野分岐点と呼ばれる場所で計算するようになっています。かつて相模大野駅が現在地より0.2km西方にあった名残だと思います。したがって実際に乗る距離よりも合計0.4km短い距離で計算されます。このような計算方法はとても珍しいです。

Kouken_036

 こちらは駅舎が新築移転し、関東の駅百選に選ばれた時の記念硬券入場券です。

2017年5月 4日 (木)

♪渡良瀬橋@足利駅

Dsc00365_r

 両毛線の足利駅の発車メロディーが2年ほど前に森高千里の「渡良瀬橋」になったので、遅ればせながら行ってみました。この駅の近くにある渡良瀬橋については以前このブログで紹介したことがあります。

 発車メロディーは1番線と2番線で異なります。2番線が「♪渡良瀬橋で見る夕日をあなたはとても好きだったわ」で、1番線は「♪八雲神社へお参りするとあなたのこと祈るわ」の部分です。東武鉄道の足利市駅でもこのメロディーが使われています。

 動画も作ってみました。

Dsc00356_r

 待合室には森高千里さんのサイン入り色紙と渡良瀬橋に寄せる思いがつづられています。いくつかの駅の発車メロディーでは地元にちなんだ曲が採用されていて、そういった駅を巡るのも楽しいものです。このブログでもZARDの坂井泉水さんの最寄駅「渋沢駅」について紹介しました。

Dsc00362_r

 足利駅の駅前にはEF60型の電気機関車が静態保存されていました。両毛線の貨物輸送に活躍し、平坦線での運用が中心の機関車だったようです。

2017年4月23日 (日)

祐天寺駅の思い出

7572_r

 祐天寺駅の新設通過線を見学した後、祐天寺駅前に出てみました。通過線新設に付随して駅の改良工事も行われています。祐天寺には祖父が住んでいて小さいころはよく遊びに来ていました。祐天寺は渋谷駅からは3つ目で各駅停車しか停まりません。当時東横線ではステンレス車両が導入されていましたが、各駅停車は黄緑色の青ガエル5000系が中心でした。

 祐天寺駅は私が小学校2年ころに高架化され、それと併せて自動改札が設置されました。関東地方ではかなり初期に設置されたと思われます。切符を投入するとあっという間に反対側に出てきて、とてもびっくりしたものです。

 小学校3年生の時に祖父の家に一人で電車に乗って行ったことがありました。祐天寺の駅前ケーキ屋で、1個70円のケーキを3個買って祖父の家に行きました。なぜか値段もしっかり覚えています。

7575_r

 こちらが祖父の家があったところです。祖父は私が小学校5年の時に亡くなり、その後、家は人手に渡り、今は建て替えられていましたが、昔と変わらない狭い路地の奥に昔と同じくらい大きさの家が建っていて、懐かしさがこみあげてきました。

7579_r

 こちらは祐天寺駅近くにあるカレー屋さん「ナイアガラ」です。鉄道ムード満点の店で、店内、店外も鉄道グッズであふれています。ここは4年前に行きました。今回は外から見るだけでしたが、店の前を通る人はその異様な光景に必ず足を止めて様子を見ています。

2017年3月15日 (水)

拝島駅昇降式ホームドア

Dsc01987_r

 拝島駅5番線(八高線上り線)には昇降式のホームドアがあります。鉄製のバーが3本あります。

Dsc01989_r

 列車が到着するとそれが上に上がります。上に上がるとバーの間隔は下りていたときより狭くなります。従来のスライド式のホームドアよりも構造も簡単で、ドアの位置が異なる場合も利用できそうです。

2017年3月 2日 (木)

さようなら松原団地&松原団地駅

Dsc01899_r

 東武伊勢崎線松原団地駅は今年4月1日に「獨協大学前〈草加松原〉」に改称されます。私は1歳から3年間、この松原団地に住んでいました。当時は東洋一のマンモス団地と呼ばれていました。1961年から入居が始まり既に半世紀以上前の建築物なので順次建て替えが行われ、松原団地もあと数年でなくなってしまうようです。団地がなくなってしまったら、松原団地駅を名乗るわけにもいかないので駅名も改称されることになりました。この駅名標もあと1ヶ月で見納めです。

Dsc01919_r

 こちらは建て替えが進んだ新しい団地です。コンフォール松原という名称です。

Dsc01921_r

 取り壊しが済んだ団地跡地。公園になっています。

Dsc01931_r

 こちらが私が住んでいたD-58号棟。まだ取り壊しは始まっていませんが、空き家が目立ちます。私が住んでいた頃は家賃が月9400円で、その時の父の月給が3万円で、給料の3分の1も家賃を払っていると皆に驚かれたようです。今は相当に老朽化していてタダでも住みたくない感じですが、当時はかなりの高級団地だったのです。抽選に当たらないと入居できず、父はいろいろな団地に応募し、ようやくここに当たったとの話を聴きました。団地が憧れの的だったのです。間取りは3DKで、洋式トイレ、風呂付きでした。それまで6畳一間で風呂もない家に住んでいた我家に文化的な生活が始まりました。

 そんな団地も半世紀を経て老朽化が進み、建て替えとなりました。私はここの記憶はほとんどありませんが、それでも親から当時の話を聞くとなぜか懐かしさがこみ上げてきます。駅名がなくなる寂しさはありますが、新しい街並みができて、新しい生活が始まるわけで、それも素晴らしいことだと思います。

2017年2月 1日 (水)

本庄早稲田駅

Trvell_028

 上越新幹線の本庄早稲田駅の近くを通りがかったので、ちょっと立ち寄ってみました。この駅は2004年3月の開業で、私は開業初日に行ってみました。これがその時の写真です。当時は駅前はまだ整備中で何もありませんでしたが、今はロードサイド店舗が立ち並んでいて様変わりです。

Dsc01522_r

 こちらが現在の様子。

Dsc01524_r

 この駅は総工費115億円で、全額地元負担で建設されました。駅構内に出資者の名称が記載された看板が設置されていました。埼玉県が3分の1、本庄市が3分の1、周辺市町村が6分の1で全体の6分の5を負担し、残りを民間が出資したようです。その筆頭は早稲田大学で7億円も拠出していましたが、私の勤務先もかなり上位に出資していることを知りました。

Dsc01521_r

 駅の裏手の丘陵地帯は駅名の通り早稲田大学と早稲田大学本庄高等学院のキャンパスになっています。大学が駅を誘致したり、大学の利用者の便を図って駅が設置されることは昔からありました。大学名を冠した駅名は、駒場東大前、東大前、一橋学園、学芸大学、都立大学、東海大学前、中央大学・明星大学、六会日大前、船橋日大前などです。この中には既に大学は移転しているのに駅名だけが残っているものもあります。やはり大学のネームバリューはステータスが高いのでしょう。

Dsc01520_r

 大学のキャンパスには近未来的な研究施設の建物が点在していました。結構アップダウンがあるので、ここで学ぶ人は足腰が鍛えられそうです。

2017年1月22日 (日)

八高線丹荘駅

Dsc01427_r

 昨日まで紹介してきた上武鉄道は八高線の丹荘駅が起点です。この駅は今は無人駅になっています。

Dsc01430_r

 駅の待合室には上武鉄道の古い写真が飾られています。蒸気機関車や貨客混合列車などの写真です。編成はどれも短く、せいぜい3両ほどです。

Dsc01438_r

 駅はかつては相対式2面2線でしたが、1年ほど前に跨線橋が廃止され1面1線の棒線駅になりました。

Dsc01441_r

 画像ではわかりにくいですが、既にポイントも撤去されていました。

2016年8月28日 (日)

小田栄駅

Dsc05637_r

 今年3月に開業したばかりの南武線浜川崎支線の小田栄駅です。

Dsc05641_r

 ホーム2面を有する無人駅です。ホームは踏切をはさんで互い違いに設置されています。路面電車ではよく見かけますが一般の鉄道では珍しいです。

Dsc05644_r

Dsc05648_r

 それとともにこの踏切はちょっと変わっています。踏切のなかで2本の道路がX字にクロスしているのです。踏切事故内で自動車事故が起きないかちょっと心配になりますが、道路の交通量自体は少なそうなので問題はないのでしょう。

Img_1502_r

 駅に設置されている乗車駅証明書。小田栄駅にも関わらず隣の駅の「川崎新町」になっています。この小田栄駅は運賃計算上は川崎新町駅と同一駅とする特例が設けられています。こういう特例は珍しいと思います。Suicaなどのシステム更改にコストをかけない仕組みらしいです。

より以前の記事一覧