2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

『ミスターKの乗り鉄日記』の過去の記事はここから調べられます

無料ブログはココログ

« 2024年5月 | トップページ

2024年6月

2024年6月24日 (月)

東西線運休激安乗り歩き(ジール御船印)

22_20240516105301

宗谷の御船印を購入し東京テレポート駅に戻る。途中にガンダムの立像があり大勢の人が撮影していた。

次の目的は天王洲アイル駅そばのジールという観光船の御船印になる。ジールはクルーズ船で東京湾観光を行なっている会社だ。

23_20240516105301

船着場にはクルーズ船が3艘ほど係留されている。御船印は乗船窓口ではなく隣接するレストランで発売されている。

24_20240516105301

レストラン内はおしゃれな雰囲気でランチを楽しむ客が数組いた。そんなお店で御船印だけを買うのは少々場違いな感じだった。

2024年6月23日 (日)

東西線運休激安乗り歩き(南極観測船宗谷御船印)

葛西駅渡り線の乗車を終えて西船橋駅に戻ってきた。今日の乗り鉄の予定は全て終了したのだが、この後都内で鉄道関係の予定をいくつか済ませたいと思っている。まずJRとりんかい線を乗り継いで東京テレポート駅までやってきた。この区間もメトロの振替輸送の範囲内なので24時間券で乗車できる。りんかい線利用者でメトロ運休の影響を受ける人などごく少数だろうが手厚い保護がなされている。

19_20240516103101

テレポート駅から15分ほど歩いて南極観測船宗谷までやってきた。

21_20240516103101

 ここで初代宗谷がモチーフになっている御船印を購入する。宗谷の内部は無料で見学できるので中に入ってみた。宗谷は1938年(昭和13年)日本海軍の軍艦として建造され、戦後は引き揚げ船・灯台補給船として活躍した後、1956年(昭和31年)初代南極観測船となった。南極に置き去りされたカラフト犬タロとジロの実話にも出てくる船として知られている。

20_20240516103101

船室は乗る人の階級に応じて個室、2人部屋、4人部屋などになっている。2人部屋、4人部屋は2段ベッドになっているが、ベッドの高さはかなり低く、旧型の3段式B寝台よりも低く見えた。ベッドの下に引き出しが付いているのでスペースを取るからだろう。その他、食堂や浴室、医務室などがあるがどれも非常にコンパクトに作られていた。船体も意外と小さく、2月に乗船した桜島フェリーくらいの大きさに感じた。こんな船で太平洋を縦断して南極まで行ったかと思うと相当に困難な航海だったことは容易に想像が着く。当時の観測員の苦労が偲ばれるし、それにもめげずに観測に従事した人々の強い意志に感動する。

2024年6月22日 (土)

東西線運休激安乗り歩き(葛西駅渡り線)

16_20240516101701

 葛西・西葛西間の単線運転を体験した後、続いて葛西駅東方にある渡り線に乗車した。葛西駅は2面4線構造の駅で東方には通常は使用されない渡り線がある。今回の工事に伴い、この渡り線を使用して折り返し運転を行っている。

17_20240516101701

運転席後方に陣取り、前方を注視する。

18_20240516101901

B線を逆走し片渡りの分岐器を通過した。

19_20240516101701

 乗ってしまえば大したことはないが、めったにできない貴重な体験である。1_20240516101701

この渡り線は事故などの折り返し運転の場合にも使用されるようだ。

2024年6月21日 (金)

東西線運休激安乗り歩き(単線運転)

12_20240516100301

東海神から戻り、西船橋で東西線に乗り換え、葛西に向かう。ホームの自動放送ではちゃんと葛西行きであることを放送している。葛西駅に到着し、西葛西行きに乗り換える。葛西・西葛西間は折り返し設備の関係で単線運転を行う。東行き線路(A線)を使用して1編成が往復運転する形態だ。そのため西行きは右側通行となる貴重な運転方式だ。

13_20240516100301

 一駅区間だけの単線でしかも1編成の電車しか運転されないので衝突事故の恐れはないはずだが、運行上の決まりでタブレット(スタフ?)を用いて安全運行を確保している。西葛西行きの電車となるが、液晶ディスプレイは西葛西の行き先は表示できないようでブランクになっていた。

15_20240516100301

 発車時刻になるとホーム端にいた助役の指示で別の社員が青旗を降って出発の合図を行った。車内にも運転士の他にもう1名乗車している。

14_20240516100301

発車するとA線を逆走する。速度は通常よりも低い運転で3分ほどで西葛西駅に到着した。これで単線運転体験は完了である。

運転士は折り返し運転のため速足でエンド交換を行った。帰りは運転席から車上信号のベル音が聞こえたからATCによる通常の運転が行われているようだ。速度も往路より速かった。

2024年6月20日 (木)

東西線運休激安乗り歩き(西船橋駅8番線)

JR線で西船橋に到着し、JR改札を通る。JR側の改札にもスタッフと表示されたベストを着用した係員が大勢いる。メトロ24時間券を見せると丁寧にお辞儀をしてくれて、改札を出させてもらった。

11_20240516094001

東西線の工事に伴い東葉高速鉄道はメトロとの直通運転を行わず、全列車が西船橋折り返しとなっている。その関係で下り電車は通常5・6番線から発車するところ、今回だけ上り7・8番線から発車する運用となっている。この運用は最初見過ごしていたが、乗り鉄仲間のTさんからの情報で知った。西船橋駅利用者には工事についてかなり前から周知されており、大きな混乱はなさそうだ。ただ外国人観光客がスタッフに質問しており、ただでさえ難しい説明を外国語で行うのは大変だろう。

7_20240516094001

8番線を発車すると左へ左へと分岐していく。

8_20240516094001

10_20240516094001

左の線路がこれから進入する線。右が行き止まりの引き上げ線。

3_20240516094101

 赤線の通り進行し、次の東海神で下車し西船橋に戻る。この区間も振替輸送の対象になっている。

2024年6月19日 (水)

東西線運休激安乗り歩き(メトロ24時間券で乗り鉄)

Img_6573

新横浜駅1番線発の電車に乗車し、その電車で目黒までやってきた。これから東西線工事に伴い使用される葛西駅渡り線に乗車しに行く。工事運休に伴って振替輸送が行われるのだが、その範囲がかなり広くなっている。都営地下鉄全線、周辺のJR、東葉高速鉄道全線、りんかい線全線、さらに西武鉄道所沢駅までなどが対象になっている。振替輸送は乗車券、定期券以外に24時間券も対象となる旨告知されている。600円の東京メトロ24時間券を購入すればかなり広範囲が乗り放題になるわけだ。西武鉄道の所沢駅周辺の人が今回の工事の影響をどれだけうけるかは疑問だが、中途半端に設定するとそれはそれで苦情も多くなるから大盤振る舞いの対応もやむを得ないのだろう。

私は目黒から西船橋までJRで行くが、これもメトロ24時間券で乗車可能である。JRの駅員に「東西線の振替乗車です」と言って改札を通してもらった。

結局この日は東京メトロは504円分しか乗らなかったがJR1,056円、東葉高速鉄道420円、都営地下鉄618円、りんかい754線円で合計3,352円分乗車できた。タイトルに激安となっているのはそのためである。

2024年6月18日 (火)

東西線運休激安乗り歩き(新横浜駅1番線)

東京メトロ東西線南砂町駅を2面3線化する工事の関係で、5月11日と12日に東陽町・葛西間が運休となった。その際、葛西駅で通常使用されない渡り線が使用されたのでこの様子を見て来るのを主目的に都内を乗り歩いてきた。

まず最初の目的は相鉄東急新横浜駅1番線から上り方向への渡り線乗車だ。新横浜駅は2面3線構造で上り電車は基本的に3番・4番線から発車するのだが、1日に数本1番線から発車する電車がある。そのうちの1本が早朝6時24分発の西高島平行きである。

4_20240516090001

それに乗るため大和駅5時53分発の新横浜行きに乗車する。大和駅にはロマンスカーMSE塗装の自販機が設置されていた。6時16分に新横浜駅中線の2番・3番線に到着した。上り電車が中線に入る運用も少ないので貴重だ。この電車は折り返し6時22分発の湘南台行きになる。この電車が中線を占領しているので、これから乗る上り電車が1番線から発車することになっている。新横浜駅に到着すると進行右側のドアが開いた。上り電車が中線に入る場合緩急接続が行われるので進行左側のドアが開くのが一般的である。これから乗る電車が1番線から発車するので同じホームで乗り換えられるありがたい配慮だ。

5_20240516090001

6時24分に新横浜駅を発車。

6_20240516090001

画像では分かりにくいが日吉方にある渡り線を通過した。

2_20240516090001

配線図で示すとご覧の通りだ。右側が日吉方面になっている。これでまず一つ目の目的を達成した。

2024年6月17日 (月)

回転寿司の分岐器

Img_6735

回転寿司のスシローに行って来ました。最近の回転寿司はレーンを回っているものを取るのではなく、タブレットで注文したものが届くシステムになっています。

Img_6739

鉄道の線路を思わせる分岐器があってポイントが自動で転換し、自分の注文したものだけが自分のテーブルに届きます。

Img_6741

ポイントの動作は素早く正確です。

Img_6737

自分のテーブル前は引き込み線のような行き止まり式で取り損ねる心配はありません。

2024年6月16日 (日)

京王レトロヘッドマーク記念乗車券

Img_6724

京王電鉄から「令和6年6月6日京王レトロヘッドマーク記念乗車券」が発売されました。6並びを記念した乗車券であるとともに、6つながりで6000系の懐かしいヘッドマークがデザインされています。6000系は1972年のデビューで、当時京王線沿線に住んでいたので私にとって思い出深い車両です。それまでの5000系がパノラミックウインドウと呼ばれる曲線で構成された前面デザインだったのに対して、6000系は直線で構成された角ばった車両で対照的でした。当時の京王帝都電鉄は週末やシーズンにヘッドマークを掲げて運行することが多く、「迎光」「陣馬」「高尾」など懐かしいです。合計6000部限定発売で売り切れが心配だったので、橋本駅に発売30分前に行ったところ3番目で無事購入できました。

2024年6月15日 (土)

明智平ロープウェイ

Img_0721

中禅寺湖近くの明智平ロープウェイに乗ってきました。運行開始から90年も経つ歴史があるロープウェイです。東武グループの運行なのでスペーシアXの塗装になっています。

Img_0699

明智平と山上駅を結ぶ3線交走式のロープウェイで、距離0.3km、高低差86m、所要時間3分です。

Img_0704

山頂駅に到着すると展望台があり、中禅寺湖と華厳の滝が見えます。今年は中禅寺湖の水位が低く、滝の見ごたえは今ひとつでしたが、それでも雄大な眺めが展開しています。

Img_0687

明智平駅の近くに東武日光鋼索鉄道線(ケーブルカー)の駅跡がありました。明智平と麓の馬返駅を結んでいたケーブルカーでしたが、いろは坂が上り下り別ルートになり車での利便性が向上したことなどにより1970年に廃止されました。距離1.2km、高低差420m、361‰の急勾配でした。

2024年6月14日 (金)

東武ワールドスクエア

Img_0488

東武ワールドスクエアに行って来ました。世界の建造物を25分の1のスケールで再現したミニチュア博物館です。入り口を入るとまず東京駅があります。東武ワールドスクエアは1993年の開業で、その当時の東京駅は2階建てでしたが、ここの東京駅は復原後の丸型ドーム、3階建て駅舎です。

Img_0493

東京駅の裏手には中央線ホームと東北新幹線ホームが再現されています。中央線は201系、東北新幹線は200系の模型が運転されています。

Img_0559

こちらは架空の町並みゾーンでスペーシアXとSL大樹が走行しています。

Img_0587

ワールドスクエア入り口前にはSLワイパウ号が静態保存されています。こちらは1897年製造でハワイの製糖会社などで使用された後、栃木県のウエスタン村で運行されていましたが、東武ワールドスクエア駅開業に伴い現在地で展示されるようになりました。カウキャッチャーが付いたアメリカンスタイルのSLです。

2024年6月13日 (木)

界鬼怒川スロープカー

Img_0658

栃木県の鬼怒川温泉に行ってきました。泊まったのは星野リゾートの界鬼怒川というホテルです。ホテルのエントランスからフロントまで急坂なのでスロープカーが設置されていて宿泊者が無料で乗れます。

Img_0775

乗車時間が短いので座席はありません。詰めて乗れば6人くらいは乗車可能です。

Img_0661

ホテルの担当者は同乗せず、自分でボタンを押すと自動で運転が始まります。スピードは極めてゆっくりで歩きより遅い感じです。

Img_0663

線路脇には作業用の通路が設置されています。地形に応じて勾配が変わり、水平区間もあります。

Img_0760

木立の中をゆっくりと上って行きます。

Img_0759

最後はかなりの急勾配になりましたが、それをものともせず力強く上って行きます。

Img_0785

所要時間は2分ほどでフロント前に到着しました。宿泊者だけが体験できる貴重な乗り物でした。24時間いつでも利用できるとのことでした。

2024年6月12日 (水)

西日本レア鉄道乗り歩き(帰り)

マインロードトロッコに乗り終えて、尾小屋での体験は全て終わった。その他にもNPO法人カラミの街保存会による尾小屋の街歩きなども行われていて、そちらも人気があり20名くらいが参加されていた。カラミとは銅を生成する際に発生する副産物で、これを利用して瓦などが生産され、それが利用されている尾小屋の街並みを見学するイベントだ。しかし私はそちらには興味がないのでTさんとともに尾小屋を後にすることにした。

ゴールデンウィーク中ではあるものの、このあたりの道路は渋滞もなく、30分ほどで小松駅に戻ってきた。カーシェアのレンタカーを駐車場の所定の位置に戻し返却手続きは完了となる。料金はスマホに通知が来てカード決済される。料金は2,800円と安く、これをTさんと割り勘にさせていただいた。

小松駅の新幹線口はコマツの杜が広がる整備された駅前だが、かつては尾小屋鉄道と北陸鉄道小松線があるだけのローカルな駅前だったと思われる。私は尾小屋鉄道には乗ったことがないが、北陸鉄道小松線には1984年に乗車した。ただ当時の記憶を呼び起こすものは全くなかった。

Img_6485

小松発11時30分のつるぎに乗り、次の金沢でかがやきに乗り換えて家路に着いた。かがやきはゴールデンウィーク中にもかかわらず、乗客は半分も乗っておらず意外さに表示抜けした。車中で昼からビールを飲んで、2日間のレア鉄道乗車を振り返りながらいい気分になって眠りながら東京に向かった。

2024年6月11日 (火)

西日本レア鉄道乗り歩き(マインロードトロッコ)

45_20240506094001

キハ3や鉱山電車の乗車を終えて、マインロードトロッコの乗り場にやってきた。尾小屋鉱山の坑道は徒歩で見学できるのだが、その通路に線路を敷いてバッテリーカーが走れるようにしたのがマインロードトロッコだ。

車両はバッテリー車を先頭に客車1両、鉱石車1両で1便あたり5人程度しか乗れない。後部の鉱石車は鉱石を積む車両なので座席がないので人気がない。我々は早く乗りたいので鉱石車に乗せてもらった。

46_20240506094001

係員に「ご安全に」と声をかけてもらいながら坑道に入っていく。

42_20240506094001

バネもない台車なので乗り心地はすこぶる悪い。坑道のところどころには鉱石の採掘の様子などを示す展示がある。坑道の天井は鋼材で覆われているが時折り水滴が落ちてくる。

43_20240506094001

120mほど走ると終点に着き、ここですぐ折り返す。

44_20240506094001

往復約3分で入り口に戻ってきて、マインロードトロッコの乗車は終了した。

2024年6月10日 (月)

西日本レア鉄道乗り歩き(尾小屋ポッポ汽車展示館鉱山電車)

38_20240506092901

キハ3の乗車を終えて次は鉱山電車に乗る。鉱山電車は前回きた時にはなかったので今回が初乗車になる。しかも通常は園内を半周するだけだが、年に2回だけ周回運転を行うことになっていて、ちょうど今日がその日に当たっている。担当者が普段はつながっていないレールを所定の位置に組み込んでいた。

47_20240506094201

ちゃんと通過できるか試運転を行なっているところ。脱線することなく試運転は完了した。

37_20240506093001

鉱山電車は2編成あり、もう1編成がちょうど留置線から出庫するところだった。同行者が頼み込むと運良くその出庫編成に乗せてもらえることになった。

39_20240506093001

出庫編成はそのまま周回線路を1周してくれた。

40_20240506093001

右奥の線路が先ほど乗車した留置線。

41_20240506093001

乗り場に戻ってきてこれで鉱山電車の乗車も終了となったが、乗り場付近が行き違いができるように複線になっているので、反対編成にも乗車し、全線を完乗した。

2024年6月 9日 (日)

西日本レア鉄道乗り歩き(尾小屋ポッポ汽車展示館キハ3)

33_20240506092201

マインロードトロッコの整理券を無事手に入れたので、トロッコの出発前に鉱山資料館に隣接している尾小屋ポッポ汽車展示館のキハ3の体験乗車を行なっておく。10時から1時間毎の運行になる。キハ3は以前乗ったことがあるので今回乗車する必要はないといえばないのだが、せっかく時間の余裕があるので乗っておく。屋根付きの展示スペースに3両設置されており、左からキハ3、ハフ1、5号機関車で、乗車できるのは左のキハ3だけである。

ところで前回乗った時は左から5号機関車、キハ3、ハフ1という並びで、機関車を左に移動させ、キハは移動させた機関車までの走行だった。今回は並びが変更になっており、前回走行できなかった車止めまで走行できそうだ。前回の記事はコチラ

34_20240506092201

前回はシートが破れているところもあったが、今回は修復されており、色も変更されたようだ。

35_20240506092201

10時になるとともに走行を開始した。距離は20mあるかないかといったところだ。昔の路線バスで見かけたような長いチェンジレバーを操作するマニュアルトランスミッションだ。車止めまで走行すると運転士は長いチェンジレバーを抜き取ってエンド交換した。

36_20240506092201

短い区間であるが2往復してくれて、最後に乗車記念の硬券をいただいた。

2024年6月 8日 (土)

西日本レア鉄道乗り歩き(尾小屋鉄道資料館)

本日の予定は尾小屋鉱山資料館で開催されるマインロードトロッコの乗車だ。昨年から開催されているが、年2回しか乗れないレアイベントなのである。このトロッコに乗るには朝9時から配布される整理券を手に入れる必要がある。尾小屋は公共交通機関の便がなく、ここに行くにはイベント開催時に予約制で運行される連絡バスを利用するかレンタカーで行くしかない。連絡バスは尾小屋着が9時30分なので整理券が終了してしまう可能性がある。どうしようかと思案していたところ、昨日もお世話になった乗り鉄仲間のTさんがレンタカーで行くことが分かり、それに便乗させていただくことになった。

Tさんはタイムズカーシェアの会員になっていて、予約してある車を小松駅前のタイムズ駐車場で借り出した。スマホで予約し、専用ICカードを乗用車後部にタッチするとドアが開錠しすぐに車が利用できる仕組みで営業所での人手を介した手続きが不要でとてもスピーディーだ。利用時間で料金が決定され、ガソリン代込みになっているから満タン返しの必要もなくとても便利そうだ。ただ会費が必要なので利用頻度が低い場合は割り高になってしまう。

31_20240506091501

小松駅から尾小屋までは渋滞もなく8時半には鉱山資料館に到着した。まだ資料館前には誰もいない。整理券は午前、午後各80枚との告知なので、まずは一安心である。先日の東武鉄道亀戸線120周年のイベントもそうだったが、こういうイベントは実際どれくらい人気があるかは来てみないと分からないことが多く、杞憂に終わることもあれば、開始前に並んでも間に合わないこともある。打ち合わせたわけでもないのに、9時を待つ間に知った顔がチラホラ現れた。やはり乗り鉄はこのイベントは見逃さない。9時になり整理券の配布が始まった。乗車開始は1便が10時だが、その他のイベントの兼ね合いから、10時15分の便を押さえた。

30_20240506091501

尾小屋は江戸時代から歴史がある銅山の町で、明治になってから本格的な採掘が始まった。その銅山関連の資料を収めるのがこの銅山資料館だが、それとともに銅山輸送を担っていた尾小屋鉄道の資料も展示されている。

29_20240506091501

尾小屋鉄道は1919年の開業で、新小松駅と尾小屋駅間の16.8㎞を結ぶ軌間762㎜のナロー鉄道だったが、尾小屋鉱山の閉鎖などで収支が悪化し、1977年には廃止となった。

2024年6月 7日 (金)

西日本レア鉄道乗り歩き(小松まで)

28_20240506085701

 福井に19時26分に到着し、今夜の宿は駅前の東横インだ。ゴールデンウィーク期間中でなかなか予約が取れなかったが、前日に空きが出てかろうじて宿泊できることになった。

 駅前のホテルだがトレインビューは効かない。ただ通過する貨物列車の汽笛が時おり聞こえるからトレインサウンドホテルだ。

48_20240506094601 

 朝食は朝6時半から始まるので、6時25分ころ行ってみるとすでに20人くらい行列している。福井駅7時ちょうどの列車に乗る予定だから間に合うかどうか心配になる。ただここの朝食会場は工夫がされていて行列の割りに時間はかからなかった。一般にバイキングスタイルで料理を取っていく場合、料理のテーブルの前を客が一列になって順繰りに進んで行くものだが、ここは料理自体は一列に並んでいるが、料理をテーブルの両側から取れるようになっており、2列に並んで料理を取れるから実質的に2倍のスピードで人が流れていく。スペースの制約もあるから、どこでもこの方式というわけにはいかないだろうが、他でも見習ってもらいたい工夫だ。

32_20240506091801

 福井から小松へはハピラインふくいで移動する。前回乗ったときはJR時代と同じ塗装の車両だったが、今回はハピライン塗装の新車に乗車できた。ラインカラーのピンクが印象的だ。休日の早朝なので客は少なく、2両編成で1両に10人も乗っていない。私は転換クロスシートの4人ボックスを一人で占領し、7時46分小松駅に到着した。

2024年6月 6日 (木)

西日本レア鉄道乗り歩き(福井まで)

25_20240506085301 

森林散策散策を終えて山頂からモノレール乗り場(上の平駅)まで斜面を下りていく。枯れ葉が多く滑りやすいので下りといえども気を抜けない。レールにつかまりながらゆっくり下っていく。

26_20240506085301

モノレールは2両編成なので帰りは車両を変えて乗車し、私は後部車両に乗った。バックで下って山麓駅に戻りモノレール体験は終わった。ここからTさんの運転で日吉駅まで送ってもらい、17時04分発の列車に乗車した。日吉駅は民間委託駅でマルスによる乗車券の販売が行われていた。同行者はこの駅の窓口発行の切符を入手したいらしく、これから乗る切符を発行してもらっていた。私は切符は買わずにICカードで乗車した。

27_20240506085501

日吉駅は列車交換ができる島式ホームだが、線形の関係で右側通行でホームに進入するようになっていた。構内踏切がある古めかしい構造だ。列車は2両編成で座席がほぼ埋まる混み具合だった。園部で快速に乗り換え、17時53分京都駅に到着。

 京都では18時07分発のサンダーバード32号に乗り換えた。ゴールデンウィーク中にもかかわらずサンダーバードは空いていて私の乗った4号車は客が4分の1も乗っていない。

49_20240506094801

サンダーバードは京都を出ると敦賀までノンストップで走行し、19時01分、1分遅れで敦賀駅に到着した。ここから3階新幹線ホームまで移動となる。車内は空いていたが、それでも12両編成の列車が到着したからエスカレーターは乗り換え客で大混雑となった。その結果乗り継いだつるぎは定刻より1分遅れで敦賀を発車した。ガラガラのサンダーバードからの乗り換えですらこれだけ乗り換えに手間取るので、満員だったら果たして8分の乗り換え時間でさばききれているのだろうか。 

2024年6月 5日 (水)

西日本レア鉄道乗り歩き(府民の森 森林散策)

山頂駅に到着し、これでみかん山モノレールの乗車は終了だが、これから山頂付近の森林散策がある。このイベントは「モノレールで行く森林散策」というのがタイトルである通り、本来は森林散策が目的でそこに至る手段としてこのモノレールを利用するのだが、我々は手段と目的が逆になっている。

21_20240506084901 

山頂駅の上の平駅では森林散策の担当者が出迎えてくれていて、ここから担当者による案内が始まる。モノレールで上って来るほどの小高い山だが鹿による樹木の被害が大きく、鹿の背丈が届く範囲は葉が全て食べ尽くされ、幹だけになっている。これをベアラインというらしい。確かに地上1.5mくらいまでは先が見通せるほど避けて見える。ただシダ類などは鹿が好まないのでそのまま残っている。

22_20240506084901 

樹木の中には合体木と呼ばれるものもあり、2本の樹木の幹の部分が1本にからまっているのも多く見られた。

23_20240506084901 

そういった樹木の茂る山中を上って行く。枯れ草が降り積もったかなりの急斜面で、こんな山道を上るイベントとは想定していなかったのでかなり身体にこたえる。

ところどころ運休区間のモノレールのレールがあり、それを手すりのように利用して斜面を上って行く。こんな区間までモノレールの整備メンテナンスするのは大変だから、客を乗せられる区間が限定されているのもやむを得ないだろう。

24_20240506084901 

ようやく山頂に着いた。ここはふたつの村の境界になっていて、それを示す境界くいがあった。

担当者は熱心な方で樹木の成り立ちや維持に関する多くの話しをしてくれたが、基礎知識を持ち合わせない私は半分も理解できなかっただろう。

2024年6月 4日 (火)

西日本レア鉄道乗り歩き(府民の森モノレール)

帷子ノ辻駅の見学を終えて太秦駅から山陰線に乗って、14時54分に日吉駅に到着した。ここで乗り鉄仲間のTさん達と合流し、4人で車で府民の森に向かった。府民の森は家族連れがキャンプやバーベキュー、昆虫採集などの自然体験などが楽しめる施設なのだが、年1回この時期に新緑祭が開催され、その一環でみかん山モノレールに乗れるのだ。予約制だがTさんが15時30分の便を予約してくれている。

15_20240506083601

ごらんのような広々とした公園で家族連れが休日のひとときを過ごすにはもってこいの場所のようだ。

16_20240506083601

入り口から3分ほど歩いたところに乗り場がある。典型的なみかん山モノレールで4人乗りになっている。人を乗せて走るのは年1回らしいが、その他に山林の点検などで年10回ほど使用しているらしい。ただメンテナンス部品の在庫がなくなり、メーカーからはいつまで使えるか分からないと言われており、来年もこのイベントが開催されるかどうかは不確かだ。

受付で参加料200円を支払う。最近は万単位のイベントも少なくないからあまりの安さに驚いてしまう。ヘルメットを渡されて我々一同は乗車した。

17_20240506083601

みかん山モノレールはディーゼルエンジンを動力とし、動輪の歯車とラック式レールを噛み合わせて斜面を上って行く仕組みになっている。レールは地面から30センチから50センチくらいのところに敷設されていて、こんな華奢なレールで横転しないかと心配になるが、地中深くまで杭が打ち込まれていてしっかり安定している。

18_20240506083601

ガツンと衝撃がきて発車した。私は運転席直後の席だったのでディーゼルエンジンの排気ガスがモロに流れてきて、みかん山モノレールらしい。斜面をグイグイと上っていく。運転手も含めると成人男性5人の乗車なので合計体重はおそらく350kg以上で、それでこの斜面を上って行くのだから相当なパワーだ。勾配はかなり急で仰向けになるような感じで背もたれにからだが押し付けられる。最大斜度は39度で真上に向かって上っているような感覚にとらわれる。樹林の間を上っていき下界があっという間に遠くに見えるようになった。

19_20240506083601

そんな状態が15分ほど続き終点に到着した。走行距離は約400m、標高差100m弱で、終点の先もレールは続いているが、この先はメンテナンスされていないので人を乗せて運行できないとのことで全線完乗できず少々残念だ。

2024年6月 3日 (月)

西日本レア鉄道乗り歩き(帷子ノ辻3番線)

13_20240506082501

帷子ノ辻駅は2面4線構造で1番線が嵐山行き、2番線が四条大宮行き、3番線と4番線が北野白梅町行きになっている。このうちが3番線が切り欠きホームになっていて多客時のみ使用されている。3番線からの列車に乗ったことがあるかないか記憶がはっきりしないので、今回乗車することにした。この時間帯は3番線と4番線が交互に使用されているようだ。

12_20240506082501

私は13時16分発の列車に乗った。3番線はバラストを入れ換えたようで新しくなっている。隣りの撮影所前まで乗って、歩きで帷子ノ辻駅に戻ってきた。歩いても2分くらいの距離しかない。

14_20240506082501

帷子ノ辻駅には地下道があり、そこに昭和レトロ調の駅が再現されている。昔風の窓口や看板などがある。通常の出改札は別にあるので、こちらは展示だけで実際の駅としては利用できないのは少々もったいない。

2024年6月 2日 (日)

西日本レア鉄道乗り歩き(帷子ノ辻駅まで)

高師浜駅の趣きある駅舎を眺めてから、次の目的地である嵐電帷子ノ辻駅に向かう。そのまま高師浜駅から乗車しても良かったが、次の伽羅橋駅まで近いので一駅歩いてみた。

9_20240506081801

高架下が遊歩道になっている。

10_20240506081801

伽羅橋駅は高架下商店街があったが全て閉店しているシャッター商店街だった。あるいは駅の改装工事を行なっていたので、これから再開するのかもしれない。

伽羅橋駅11時19分発の羽衣行きに乗車。この駅からは20人くらい乗ったので意外と利用客が多いようだ。

羽衣、天下茶屋、淡路と乗り換え、淡路から阪急京都線特急に乗車する。混んでいたので先頭車で前面展望を楽しんだ。

11_20240506081801

水無瀬駅手前では新幹線と並走する区間で、ちょうど運良く隣りを新幹線が駆け抜けていった。

西院で嵐電に乗り換え、帷子ノ辻駅には12時58分に到着した。

2024年6月 1日 (土)

西日本レア鉄道乗り歩き(高師浜線)

御崎公園の中線乗車を終えて、次に向かったのが南海高師浜線だ。高師浜線は羽衣・高師浜間1.4kmの支線で、羽衣駅付近高架化工事に伴いしばらく運休していたのだが、先月工事が完了した。羽衣駅付近が高架になったので乗りにきたわけだ。鉄道の高架化工事は至るところで行われているので、いちいちそれに付き合うことは難しいが、せっかく近くまで来たのだから乗っておきたい。

地下鉄ハーバーランド駅からJR神戸駅に出て、大阪、新今宮と乗り継いで、10時40分に羽衣駅に着いた。高師浜線ホームは本線上りホームの南端を切り欠くかたちで設置されている。

5_20240506081001

「おかえり高師浜線」というヘッドマークを付けた2両編成の列車が待機していた。

6_20240506081001

10時48分、真新しい高架橋を進み、本線を離れると右に旧カーブし、最初の停車駅伽羅橋(きゃらばし)に到着した。

7_20240506081001

ここから先はバラストが古くなり、既存の高架線に接続した。高師浜線は伽羅橋から先はもともと高架だった。高師浜線に乗るのは約40年ぶりである。

8_20240506081001

終点の高師浜駅は趣きある駅舎だった。著名な建築家の設計かもしれないと思って調べてみたが作者は不明だった。

« 2024年5月 | トップページ