2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

『ミスターKの乗り鉄日記』の過去の記事はここから調べられます

無料ブログはココログ

« 新生近江鉄道始動記念臨時電車の旅(近江八幡) | トップページ | みどりの窓口削減と宮脇俊三「最長片道切符の旅」 »

2024年5月20日 (月)

新生近江鉄道始動記念臨時電車の旅(金華山ロープウェイ)

105

近江八幡の古い町並みを見学した後、近江八幡駅から東海道線で米原、大垣と乗り換え、岐阜駅に15時52分に到着した。駅前には名鉄美濃町線の丸窓電車モ513が静態保存されている。

ここからバスに15分ほど乗って金華山ロープウェイの乗り場に来た。

109

金華山麓駅から金華山頂まで0.6km、高低差255mを約5分で結ぶ3線交走式ロープウェイである。

106

16時30分の便に乗車。客は全部で5名と少ない。

107

山頂からは長良川がよく見えている。山頂にはレストランもあり、季節によっては夜間営業を行い、岐阜の夜景が楽しめるようになっている。山頂に15分ほど滞在しロープウェイで下山した。

108

ロープウェイは岐阜公園の一角にあり、この公園内には板垣退助の銅像があった。板垣はここで暴漢に命を狙われた際に「板垣死すとも自由は死せず」という名言を残したとされている。

再びバスで岐阜駅に戻り、名古屋から新幹線で帰宅した。

今日は近江鉄道の引き上げ線に乗れたのが最大の収穫だが、2つのロープウェイの乗車とともにたまたま訪れた近江八幡の町並みが意外と良かったのも好印象だった。

これで「新生近江鉄道始動記念臨時電車の旅」を終わります。

« 新生近江鉄道始動記念臨時電車の旅(近江八幡) | トップページ | みどりの窓口削減と宮脇俊三「最長片道切符の旅」 »

旅日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 新生近江鉄道始動記念臨時電車の旅(近江八幡) | トップページ | みどりの窓口削減と宮脇俊三「最長片道切符の旅」 »