2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

『ミスターKの乗り鉄日記』の過去の記事はここから調べられます

無料ブログはココログ

« 北陸新幹線敦賀延伸+αの旅(かがやき501号) | トップページ | 北陸新幹線敦賀延伸+αの旅(金沢・越前たけふ) »

2024年4月18日 (木)

北陸新幹線敦賀延伸+αの旅(かがやき号グランクラス)

ホームで写真を撮ってから車内に入る。入り口ではアテンダントがお迎えしてくれる。この日は東京駅発車時点で18席あるグランクラスのうち6席ほどしか埋まっておらず空席の方が多い。やはり料金が割高なせいだろうか。空席が多いのはえきねっとの発券状況から分かっていたので私は2人席側の窓側席を押さえてある。これだと実質的に隣の空席も利用できるのでよりゆったりできる。普通車は満席に近いようでその旨の放送が行われていて、さらにゆったりできるような気がする。

2_20240406153101

東京駅を出るとウェルカムセットということでミネラルウォーター、おつまみ、おしぼり、メニュー表のセットが渡され、旅の予感が高まっていく。上野を出るとアテンダントが各席で飲み物と和洋の軽食の希望を聞いて回る。軽食は和洋あるが私は和食にした。メニューはあらかじめJR東日本のホームページで内容が分かっている。なお同じ北陸新幹線グランクラスでもはくたかやつるぎは軽食サービスがないので利用する人は要注意だ。

3_20240406153101

私は軽食という言葉を使ってきたが、正式にはリフレッシュメントというらしい。まずは白ワインをオーダーする。朝からお酒を飲めるのはとてもぜいたくな気分だ。大宮駅に着く頃に食事の準備が整った。食事の量はとても少なく朝食としても物足りない。しっかり食べたい人は自分で追加を用意する必要がある。

4_20240406153101

ワインを飲み終えて、続いて日本酒をいただく。九頭竜という福井の銘柄である。

お酒も含めてドリンク飲み放題ではあるものの軽食の量も少なくたくさん飲みまくるのは難しい。普段は早食いの私にしては珍しく30分以上かけてゆっくりと食事を楽しんだ。

5_20240406153101

食後にりんごジュースとお菓子を出してもらう。メニューには塩チョコがあり美味しそうだったが在庫切れで、パウンドケーキをいただいた。

« 北陸新幹線敦賀延伸+αの旅(かがやき501号) | トップページ | 北陸新幹線敦賀延伸+αの旅(金沢・越前たけふ) »

旅日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 北陸新幹線敦賀延伸+αの旅(かがやき501号) | トップページ | 北陸新幹線敦賀延伸+αの旅(金沢・越前たけふ) »