2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

『ミスターKの乗り鉄日記』の過去の記事はここから調べられます

無料ブログはココログ

« 第19回伊豆急全線ウォーク(河津→稲梓) | トップページ | 第19回伊豆急全線ウォーク(ウォーキングを終えて) »

2024年4月 8日 (月)

第19回伊豆急全線ウォーク(稲梓→蓮台寺)

13_20240320173801

足に痛みを覚えながら、ゆっくりと歩いていく。伊豆急全線ウォークのルールではコース途中の駅には立ち寄る必要はないことになっている。しかしそれでは申し訳ないので、私は自主ルールで各駅に立ち寄ることにしている。稲梓駅は長い階段を上らないとたどり着けない位置にある。すでに膝や股関節が限界にきていて、あの階段を上り切る自信がない。なんとか上れたとしても、下りる時のほうが負担が来るので下りられないかもしれない。残念だが稲梓駅に立ち寄ることはやめて、次の蓮台寺駅に直行することにした。稲梓駅の手前で鉄橋の写真を撮り、そのまま蓮台寺駅に向かった。

稲梓から次の蓮台寺駅までは距離3.4km、コースレベルはAである。前回蓮台寺・伊豆急下田間をすでに歩いているので、今日は蓮台寺駅に到着すれば完歩となる。最後の力を振り絞りながら歩道のない、しかし交通量の多い道を歩いていく。伊豆急全線ウォークの中で歩道がなくて慎重に歩く必要があるのは、ここと稲梓駅の手前、川奈・富戸間で、これらの区間を改善してくれるともっと歩きやすいウォークになるだろう。これはウォーキングの参加者だけでなく地元の人にとっても同じだろう。クルマ優先社会からの脱却が求められる。

14_20240320173801

稲生沢川の堤防上を歩き、唐人お吉が身を投げたとされるお吉が淵を過ぎ、

15_20240320173801 

15時30分、ようやく蓮台寺駅に到着した。

« 第19回伊豆急全線ウォーク(河津→稲梓) | トップページ | 第19回伊豆急全線ウォーク(ウォーキングを終えて) »

伊豆急全線ウオーク」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 第19回伊豆急全線ウォーク(河津→稲梓) | トップページ | 第19回伊豆急全線ウォーク(ウォーキングを終えて) »