2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

『ミスターKの乗り鉄日記』の過去の記事はここから調べられます

無料ブログはココログ

« 北陸新幹線敦賀延伸+αの旅(IRいしかわ鉄道) | トップページ | 北陸新幹線敦賀延伸+αの旅(サンダーバード) »

2024年4月27日 (土)

北陸新幹線敦賀延伸+αの旅(ハピラインふくい)

35_20240406163501 

福井で敦賀行きに乗り換える。少し時間があるのでいったん改札を出たが、券売機には20名ほど行列ができていた。券売機は2台あるが1台は調整中の張り紙があるので行列に拍車をかけている。ICカードでも乗車可能だが、このあたりでは持っていない人も多いのだろう。

55_20240406165601

駅構内でおみやげを買うと北陸新幹線延伸記念の紙袋に入れてくれた。

38_20240406163501 

15時09分発の敦賀行きに乗車するが、ホームにはものすごい数の人が列車の到着を待っている。

36_20240406163501

駅名票はピンクが基調になっている。列車もピンクがラインカラーだが、塗装の変更は順次行われると見られ、JR時代と同じ塗装の車両しか見かけなかった。

37_20240406163501 

本来15時04分着の列車が折り返すが途中駅混雑の影響で5分遅れで到着した。これも2両編成で、ホームに待っている人が乗り込むと通路を含めて都会並みの大混雑になった。私は運転席後部に場所を確保し前面展望を楽しむことにしたが、通路に立つ羽目になったら窓外も満足に眺めることができず悲惨だ。それにしてもこの混雑は新線開業に伴う一時的なものなのだろうか。先ほどのIRいしかわ鉄道も混んでいたがこれが常態ならば車両増結も必要だろう。

普通列車だが線路自体は北陸本線なので普通列車でも最高時速110キロで走行する。自動放送でこの列車がハピラインふくいであることを告げていたが、先ほど金沢から福井まで乗った列車ではIRいしかわ鉄道であることは特に放送されなかった。

途中の湯尾からはトンネルが多くなるので暗幕が降ろされ展望は楽しめなくなる。

結局遅れを取り戻せず5分遅れのまま敦賀駅に到着した。

« 北陸新幹線敦賀延伸+αの旅(IRいしかわ鉄道) | トップページ | 北陸新幹線敦賀延伸+αの旅(サンダーバード) »

旅日記」カテゴリの記事

新線乗車記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 北陸新幹線敦賀延伸+αの旅(IRいしかわ鉄道) | トップページ | 北陸新幹線敦賀延伸+αの旅(サンダーバード) »