2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

『ミスターKの乗り鉄日記』の過去の記事はここから調べられます

無料ブログはココログ

« 大人の休日パススペシャルグリーン車用の旅(富良野から札幌まで) | トップページ | 大人の休日パススペシャルグリーン車用の旅(はやぶさ44号) »

2023年10月 4日 (水)

大人の休日パススペシャルグリーン車用の旅(北斗14号)

札幌に12時25分に到着し、次に乗る北斗14号までは約1時間ある。この間を利用して駅でおみやげを購入する。あわせて北斗の車内で食べる昼食も調達した。

Img_4926

今回4回目となるグリーン車だ。車両は北斗3号やとかち5号と同じだ。今回の北斗14号は海側の2人席窓側を予約した。行きが山側だったからだ。予約した時には隣りは空席だったし、昨日乗った下りの北斗も通路側は空席があったので大丈夫だろう。

ところが車内に入ると私の席には誰が座っていて、しかもすでに食事を始めているではないか。その人は切符を示して、夫婦で隣同士に座りたいから席を代わってほしいと身振り手振りで頼んできた。外見からは中国か台湾の人のようだ。話しの趣旨は分かるし、断るのもおとなげないから「Change?、OK!、OK!」と英語らしきもので答えたが、本来であれば私が来るまでは食事を始めずに待っているのが礼儀だろう。

Img_4927

そんなこんなはあったが、グリーン車は終点までほぼ満席だったので海側を見たいがために見知らぬ人と隣同士になるよりも、一人席で気兼ねなく座れたので結果的には良かった。

昼食は札幌駅の大丸で焼きそばと春巻きを購入。ところが割りばしを頼んだのに付いていないではないか。こういうことに備えて割りばしを常に用意してきているので事なきを得たが、持っていなかったら手づかみで食べるしかなかった。焼きそばは540円なのにボリュームたっぷりでお腹がパンパンになった。

Img_4931_20230911172401

秘境駅の小幌をホイッスルを鳴らしながら通過。ホームには撮り鉄が5人くらいいた。長万部では山線経由の臨時特急ニセコ号が停車していた。本来ならばハマナス編成と呼ばれるピンク色の車両が充当されているはずだが、ブルーのラベンダー編成だった。車両不具合で代走となっているのだろうか。山線も廃止が決まっているようなものなのでいつかは乗りに行きたいと思っている。

« 大人の休日パススペシャルグリーン車用の旅(富良野から札幌まで) | トップページ | 大人の休日パススペシャルグリーン車用の旅(はやぶさ44号) »

旅日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 大人の休日パススペシャルグリーン車用の旅(富良野から札幌まで) | トップページ | 大人の休日パススペシャルグリーン車用の旅(はやぶさ44号) »