2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

『ミスターKの乗り鉄日記』の過去の記事はここから調べられます

無料ブログはココログ

« キハ189系で直行!京都鉄道博物館の旅(竹田車両基地撮影会) | トップページ | 「いたずら」って何? »

2023年10月15日 (日)

キハ189系で直行!京都鉄道博物館の旅(洗浄線体験)

27_20230924092501

撮影会が終わると私にとっては主目的である洗浄線体験となる。14番線に停車している20系車両34編成に乗車する。

28_20230924092501

14番線を発車し、洗車機を通過して、近鉄線の高架の下を過ぎるとトンネルに入る。

29_20230924092501 

トンネル内を進み、くいな橋駅近くで行き止まりとなる。

30_20230924092501

ここで折り返す。左に分岐すると竹田駅への線となる。ここに入ってくれるとなお良かったのだが、今回は車庫線内往復だけだった。

31_20230924092501

再び洗車機を通り、

32_20230924092501

14番線に戻る。

33_20230924092501

洗車機で洗えない部分を洗うため14番線には作業台が付いている。走行距離は片道300mから400m程度と推察された。

15時50分、洗車機体験が終わり、イベントは終了となった。撮影会の時間が長いのは最近の傾向で、乗り鉄より撮り鉄のほうが多いようだ。竹田駅に戻り、京都から新幹線で家路に着いた。

今回は財布を忘れてイベントに参加できない可能性があったが乗り鉄仲間の助けで無事イベントに参加でき、感謝とともに反省材料にもなった。一方で1日で北方貨物線、梅小路運転線、竹田車両基地洗浄線の3線に乗れ、密度の濃い旅でもあった。

これで「キハ189系で直行!京都鉄道博物館の旅」を終わります。

« キハ189系で直行!京都鉄道博物館の旅(竹田車両基地撮影会) | トップページ | 「いたずら」って何? »

旅日記」カテゴリの記事

渡り線・回送線・車庫線」カテゴリの記事

コメント

 JR189系の走行した経路を地図で示して頂いて大変参考になりました。また、市交・竹田車庫はまだ未乗なので興味が沸きました。次の乗りある記も期待しております。

railwayさま、おはようございます。

走行経路は自分で後で振り返った時にも役に立ちます。次の乗り歩きも2編ほど用意があります。お待ちください。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« キハ189系で直行!京都鉄道博物館の旅(竹田車両基地撮影会) | トップページ | 「いたずら」って何? »