2024年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

『ミスターKの乗り鉄日記』の過去の記事はここから調べられます

無料ブログはココログ

« さよならマークII | トップページ | ホーチミン市都市鉄道1号線 »

2023年10月30日 (月)

いつかはクラウン

Img_2696

マークIIから乗り換えたのはトヨタクラウンです。「いつかはクラウン」というキャッチコピーもあるように昭和の時代にはあこがれの高級車とされていました。最近はレクサスや外国車に乗る人も増えて、クラウンは最高級の乗用車という位置付けではなくなりましたが、それでもシティ、シビック、マークⅡとだんだんと大きな車に乗り継いできた昭和世代の人間からすると、ようやくクラウンに乗れる身になったのだという感慨はあります。

ただ積極的にこの車を選んだというよりはその時売っている車がこれしかなかったというのが実情です。最近の自動車業界は半導体不足の影響で納期が極端に長くなっていて私も契約から納車まで8ヶ月かかりました。これでも短いほうで、1年以上待つのが常態化しています。そのため受注をさばくのが精一杯で、注文が早々に締め切られています。私がクラウンを契約したときにはプリウス、ハリアー、カムリなどは受注停止で、そのとき買えたのはクラウンとカローラぐらいしかなかったのです。いまさらカローラでもないのでクラウンにしたような状況です。

1_20231028164901

スタイルはクラウン伝統の正統派セダンではなく、最近はやりのSUVでクロスオーバーというタイプになります。「これがクラウンですか」という気がしますが、時代とともに進化しているのでしょう。サイズは前の車と比べるとひと回り大きくなり、運転席周りもゆったりしています。いろいろな安全装備も充実していますが細かい装備は現在習得中です。これからクラウンの様子を随時取り上げていきたいと思っています。

« さよならマークII | トップページ | ホーチミン市都市鉄道1号線 »

鉄道雑感」カテゴリの記事

コメント

ミスターKさん、おはようございます。
 ミスターKさんがどんな車に乗り換えたのか?とても興味深いところですが、クラウンときいて、ミスターKさんに相応しい良い車を選ばれたなと思いました。
 新型クラウンはトヨタを代表する車で、今回のモデルチェンジは、今までにない斬新なデザインと先進技術が詰まった車で、私もぜひ乗ってみたい車の一台です。これから新型クラウンの乗り車旅も楽しみにしています。

ミスターANさん、おはようございます。

とうとうクラウンを買いました。今までのクラウンとは別の車のようですが、快適さはさすがクラウンです。安全装備も充実していて、この20年間の車の進歩に驚きます。ぜひ一緒にドライブに行きたいですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« さよならマークII | トップページ | ホーチミン市都市鉄道1号線 »