2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

『ミスターKの乗り鉄日記』の過去の記事はここから調べられます

無料ブログはココログ

« 185系伊東駅車庫入線体験(伊東駅車庫6番線) | トップページ | 185系伊東駅車庫入線体験(復路) »

2023年9月 7日 (木)

185系伊東駅車庫入線体験(伊東駅車庫撮影会)

伊東駅車庫6番線に停車する。ここで2班に分かれてイベントが行われる。私のグループはまず車内でクイズ大会となる。クイズは2問で、1問目は駅の発車メロディを当てるものだ。これが超難問で、国府津駅1番線から5番線、宇佐美駅1番線、2番線で使用されている「みかんの花咲く丘」を当てるもので各番線が少しずつアレンジが異なるらしい。一曲ずつ流されるが、聴いていても違うことは分かるが、それがどのホームで使用されているか分かる人は皆無だろう。私はまったくお手上げだった。

それからもう1問は帰りの行路を予想するものだ。このツアーでは帰りは普段使用しないレアな線を進むことがあらかじめ告知されているが、実際どういう経路で品川駅に戻るかを当てるものだ。どこかで東海道貨物線か横須賀線に入いるのだろうが、これも予想は難しい。私は大船から根岸線、高島貨物線、南武線、横須賀線という希望的観測も含めて行程にしておいた。クイズは紙ベースではなくスマホを利用して答える方式で、採点や集計が楽なので、最近はこちらが増えつつある。

Img_4347

クイズコーナーが終わると車庫での撮影会となる。乗務員が利用する簡易な昇降台から下車する。撮影会は号車ごとに行われるので混雑しないようになっている。

Img_4351

目隠し用に留置されたE217系。「伊豆高原・伊豆急下田」というあり得ないヘッドマークを付けている。

Img_4359

伊豆急8000系も参加。JRと私鉄の車両が一緒の撮影会は珍しい。8000系の行き先は手動で変わる仕組みで渋谷や桜木町といった東急時代の行き先を表示していた。

« 185系伊東駅車庫入線体験(伊東駅車庫6番線) | トップページ | 185系伊東駅車庫入線体験(復路) »

旅日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 185系伊東駅車庫入線体験(伊東駅車庫6番線) | トップページ | 185系伊東駅車庫入線体験(復路) »