2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

『ミスターKの乗り鉄日記』の過去の記事はここから調べられます

無料ブログはココログ

« 豊橋鉄道大満喫旅+門司港電留線の旅(高師駅構内踏切) | トップページ | 豊橋鉄道大満喫旅+門司港電留線の旅(高師車庫入線) »

2023年8月 6日 (日)

豊橋鉄道大満喫旅+門司港電留線の旅(高師駅入換+老津駅入換)

 

5_20230801063001

高師駅から貸切電車に乗車する。列車はまず新豊橋方面行きホームに据え付けられた。ここには特に番線表示はないようだ。まず老津駅に向かうことになるが、同行のSさんがこのホーム側には下り方に出発信号機がないことに気づき、どう発車するのだろうかと気になる。14時14分、列車は新豊橋方面に動き出した。 

6_20230801063001

 そして駅の隣の踏切を渡り越した本線上で折り返した。高師駅の上りホームからは下り方向に出発できないので、いったん新豊橋方面に出て、本線上で折り返す運用となっているようだ。

Taka1

上記配線図ではまず赤線で出発し、緑線で進行方向を変える形で三河田原方面に出場した。

7_20230801063001

 列車は本線を下り、老津(おいつ)駅に到着した。ここで入換体験を行う。老津駅手前には左に分岐する線があるので、ここに入るのかと予想していたが、この線は雑草が生い茂り現在は使用されていないようだ。

8_20230801063001

 老津駅にいったん停車した後、さらに三河田原方に進み、本線上で停車した。

9_20230801063001

 ここで折り返し、新豊橋方面行きホームに入線する。これで老津駅入換体験は終了だった。老津駅には下図の通り、引き上げ線が2本あるのでそのどちらかに入るのではないかと予想していたが、そのどちらもなかった。本線上で折り返すことが入換体験だったようで、たしかに用語の使用に誤りはないが少々物足りない。

Oitsu

 まず赤線に従って進行し、緑線で折り返すルートだった。

« 豊橋鉄道大満喫旅+門司港電留線の旅(高師駅構内踏切) | トップページ | 豊橋鉄道大満喫旅+門司港電留線の旅(高師車庫入線) »

旅日記」カテゴリの記事

渡り線・回送線・車庫線」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 豊橋鉄道大満喫旅+門司港電留線の旅(高師駅構内踏切) | トップページ | 豊橋鉄道大満喫旅+門司港電留線の旅(高師車庫入線) »