2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

『ミスターKの乗り鉄日記』の過去の記事はここから調べられます

無料ブログはココログ

« 2パンタで巡る愛環の旅&撮影会(初めに) | トップページ | 2パンタで巡る愛環の旅&撮影会(北野桝塚車両基地出発) »

2023年6月10日 (土)

2パンタで巡る愛環の旅&撮影会(北野桝塚車両基地入線)

9時17分、北野桝塚駅に到着。受付で当選ハガキを提示し、参加料11,000円を支払い、参加者用ネックストラップや参加者名入り記念キーホルダーをもらう。ツアー参加者はホームページの告知では30名の予定だったが、私の受付番号は41で、参加者リストには50名くらい載っていたので、申込者が多くて増員したようだ。受付周辺には知った顔が何名かいて、今後の交換などを行う。

3_20230526081101 

ツアー列車ではまず北野桝塚駅に隣接する車両基地に移動する。4番線に2両編成の列車がすでに据え付けられていて9時40分に発車した。

4_20230526081101

いったん下り本線を少し走行した後、

5_20230526081101

本線を左に分岐し、車両基地に入る。  

6_20230526081101

いちばん奥の留置4番線に入線。

7_20230526081101

前方に1編成入線していて、そこに縦列駐車する形で停車した。ここは洗浄線になっている。一同は昇降台から下車した。これで今回のツアーの第一の目的は達成できた。

8_20230526081101

 今回のツアーのウリである2パンタ車の撮影会になる。車両は2両編成で岡崎方にパンタグラフが2台搭載されていて、それが2編成並んでいる。天気も良く絶好の撮影日和だ。列車種別や方向幕を適宜変えて、ヘッドマークも取り替えての撮影会となった。多くの参加者が熱心に撮影しているが、私はここに入線すること自体が主目的で撮影にはそれほど興味がない。撮影会には3時間ほど時間が割り当てられていて時間を持て余す。炎天下で辛いところだが、休憩用の編成が別に用意されていて、冷房も効いているので我々乗り鉄派はそこで待機した。

« 2パンタで巡る愛環の旅&撮影会(初めに) | トップページ | 2パンタで巡る愛環の旅&撮影会(北野桝塚車両基地出発) »

旅日記」カテゴリの記事

渡り線・回送線・車庫線」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 2パンタで巡る愛環の旅&撮影会(初めに) | トップページ | 2パンタで巡る愛環の旅&撮影会(北野桝塚車両基地出発) »