2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

『ミスターKの乗り鉄日記』の過去の記事はここから調べられます

無料ブログはココログ

« 沖縄に地下駅舎、地下街はあるか | トップページ | 185系回送ルートの旅(川口駅渡り線) »

2023年6月 3日 (土)

185系回送ルートの旅(尾久車両センター)

JR東日本首都圏本部から「上野運輸区乗務員・上野駅社員と行く、185系回送ルートの旅」というツアーが発売された。ツアーの告知内容からすると、尾久車両センター、大宮操車場、東大宮操車場、田端操車場に入れるイベントのようだ。普段は乗れない線区に入れるので、これに参加しない手はない。申し込み開始時間と同時に申し込み手続きを行い、無事参加できることになった。開催日は5月14日の日曜日で上野駅入谷改札口集合となっている。

1_20230518071701 

ツアー列車の出発は上野駅13番線でかつては北斗星、今は四季島の発着ホームになっている。列車は10時20分頃入線してきた。自動放送では「尾久行き」と放送されている。列車の設定上は尾久行き扱いになっているのだろう。

車両は185系で列車番号は9185Mとなっていた。185系なのでそれをもじった列車番号にしているようだ。ツアー参加者は130名程度で6両編成のうちの5両に分乗するので2人がけをひとりで占領するかたちでゆったり乗車できる。

10時55分、多くのギャラリーに見送られながら上野駅を発車。宇都宮線は尾久駅の手前までは複々線になっていて我々の列車は地平線からの列車なので内側線を走行する。

3_20230518071701 

左手に尾久車両センターが見えてくると複々線の間が広がり、左に分岐して地平に降りて本線をアンダークロスする。この分岐は今まで何100回となく見てきたが、今回初めて走行できて感慨深い。

2_20230518071701 

列車は11時03分に尾久駅の東北着発2番線に停車。本線から2本目の側線になる。

Photo_20230518071701

« 沖縄に地下駅舎、地下街はあるか | トップページ | 185系回送ルートの旅(川口駅渡り線) »

旅日記」カテゴリの記事

渡り線・回送線・車庫線」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 沖縄に地下駅舎、地下街はあるか | トップページ | 185系回送ルートの旅(川口駅渡り線) »