2024年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

『ミスターKの乗り鉄日記』の過去の記事はここから調べられます

無料ブログはココログ

« わたらせ渓谷鉄道鉄印収集(あしおトロッコ館) | トップページ | わたらせ渓谷鉄道鉄印収集(神戸駅) »

2023年5月30日 (火)

わたらせ渓谷鉄道鉄印収集(草木ダム旧線)

37_20230507104401

あしおトロッコ館でのトロッコ乗車を終えて、通洞発11時06分発の上りに乗り、11時29分に神戸駅に着いた。ここから国鉄足尾線の廃線跡に向かう。国鉄足尾線の神戸から沢入(そうり)までの区間は草木ダム建設に伴い、1973年にダム湖に沈んでしまったのだが、一部区間が遊歩道になって歩けるようになっている。駅から3分ほど歩いたところにある踏み切りでトロッコわっしー号が追い越していった。わたらせ渓谷鐵道の人気列車だ。

36_20230507104401

駅から10分ほど歩くと新線と旧線の分岐点に来る。新線は線路が左に緩くカーブしている。

38_20230507104401

旧線は樹木が茂っている。

39_20230507104401

さらに5分ほど歩くとトンネルが見えた。ここから先が遊歩道になっていて旧線跡を歩ける。

40_20230507104401

トンネル上部はレンガ造りになっている。レールは撤去されている。

41_20230507104401

トンネルを抜けると古いレールを再利用した落石防止シェルターが設置されている。銘板も残っていて、東鉄工業高崎支店が昭和36年に施工したことが分かる。

42_20230507104401

遊歩道は10分ほどあるが、旧線廃止から50年ほど経つのでトンネルとシェルター以外は遺構らしきものはほとんどなく、緩やかなカーブだけがかつて線路があったことを偲ばせる。

43_20230507104401

旧線はこのあたりで渡良瀬川を渡っていたと思われるが、橋台なども見えなかった。

« わたらせ渓谷鉄道鉄印収集(あしおトロッコ館) | トップページ | わたらせ渓谷鉄道鉄印収集(神戸駅) »

廃線跡」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« わたらせ渓谷鉄道鉄印収集(あしおトロッコ館) | トップページ | わたらせ渓谷鉄道鉄印収集(神戸駅) »