2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

『ミスターKの乗り鉄日記』の過去の記事はここから調べられます

無料ブログはココログ

« ヤマザキランチパックオレンジとレモン | トップページ | 醍醐車庫見学ツアー(明知鉄道鉄印) »

2023年2月18日 (土)

醍醐車庫見学ツアー(愛知環状鉄道鉄印)

ローソントラベルから「京都市交通局 x ローソントラベル 醍醐車庫発 貸切列車乗車!地下に潜む醍醐車庫見学+NFTツアー参加証付き」と題するツアーが発売された。京都市営地下鉄の醍醐車庫に入れるツアーなので、車庫線好きには見逃せない。さっそく応募し参加できることになった。あわせて東海、山陽地方に残る未収集の鉄印もいくつかゲットしてくることにした。ツアー開催日は2月11日土曜日だが、鉄印収集のため前日に休みを取って、鉄印収集と醍醐車庫の旅を楽しんできた。

 まず新横浜発6時11分ののぞみ79号でスタートする。この日の関東地方は大雪警報のおそれもある予報だが、この時間はまだ雨も雪も降っていない。新横浜発車の時点で6割程度の乗車だ。ビジネスマン風の人は意外と少なく観光客のほうが多い。寝過ごし防止のためスマホでアラームをセットし居眠りをする。列車での居眠りは最高のぜいたくだ。豊橋の手前で目を覚まし、名古屋には定刻7時27分に到着した。

05e0271427164bdbabab48a810007003

ここから愛知環状鉄道の鉄印収集に向かう。東海地方は雪ではなく冷たい雨が降っている。名古屋から乗った中央線は211系だった。国鉄時代の古い車両をいまだに使っている。高蔵寺で8時08分発の愛知環状鉄道に乗り換える。乗り換えはJRとノーラッチでスムーズだ。4両編成の車内は通学時間帯なので高校生で混んでいた。瀬戸市駅8時14分着。ここで鉄印をゲット。この駅ではノーマルの鉄印のみの記帳だが、中岡崎駅ではNHKの大河ドラマ「どうする家康」とコラボの鉄印が販売されている。

A0e2859812c74a6ba2fd9fe42191a706

愛知環状鉄道は今年1月31日で開業35周年を迎え、瀬戸市駅構内ではパネル展示が行われていた。国鉄岡多線を引き継いだ愛知環状鉄道は第3セクター随一の乗車人員を誇るそうなので、これを手放したJRは忸怩たる思いだろう。

« ヤマザキランチパックオレンジとレモン | トップページ | 醍醐車庫見学ツアー(明知鉄道鉄印) »

旅日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ヤマザキランチパックオレンジとレモン | トップページ | 醍醐車庫見学ツアー(明知鉄道鉄印) »