2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

『ミスターKの乗り鉄日記』の過去の記事はここから調べられます

無料ブログはココログ

« 醍醐車庫見学ツアー(明知鉄道鉄印) | トップページ | 醍醐車庫見学ツアー(智頭急行鉄印) »

2023年2月20日 (月)

醍醐車庫見学ツアー(長良川鉄道鉄印)

C627334a0f3a4f5e840bfc4957deb4c0

 美濃太田に到着しJRから長良川鉄道に乗り換える。乗り換え口の券売機で関までの乗車券を購入し、隣接する窓口で硬券入場券を購入。長良川鉄道では有人駅で硬券入場券を販売している。乗車した列車は1両編成で客は10人も乗っていない。下り特急ひだの接続待ちで2分遅れで11時36分に出発した。

 57d8d871fda949cbba8b5b8252c44f85

 11時52分、関駅で下車。関駅は有人駅だが運賃は車内で支払うようになっていた。列車を降り、構内踏切を渡って上りホーム側にある駅舎で鉄印を購入。ここでも何種類かあったが、あゆがデザインされている鉄印らしくないものを選んでみた。

 ここからは次の目的地である智頭急行の鉄印収集へと向かう。いったん名古屋駅に戻るかたちになるが、岐阜駅まではバスで向かう。鉄道で美濃太田経由で行ってもいいのだが、バスのほうがショートカットでき、運賃が安く所要時間も短くて済む。

 関のバスターミナルは関駅下りホームのすぐ隣にある。本来は認められていないかもしれないが、列車に乗らないにもかかわらず再び構内踏切を渡って下りホームに出て、そこからバスターミナルに出た。

 バスターミナルの窓口で岐阜までの切符を買おうとすると「すぐ乗りますか?」と聞かれる。すぐ乗るなら10時から16時限定で岐阜バスがワンコイン500円で乗り放題になる切符があるとのこと。本来であれば690円のところだがお得だ。さっそくそれを購入した。

 関バスターミナル発12時15分発の岐阜行きに乗車。ガラガラのバスが来ると勝手に思っていたら、立ち客も出る満員状態でやってきた。大半が高校生だ。半日授業だったのだろうか。辛うじて乗り込んだが、こここら岐阜駅まで45分ほどかかるので難儀だ。しかも高校生はなかなか下車せず、その代わりに乗ってくる客が多くなかなか席が空かない。しかも外は雨で窓が曇って何も見えないのも辛い。

 そんな状態で30分以上立ちっぱなしで、ようやく北一色バス停で私の前の席の高校生が下車して座れた。北一色はかつて名鉄美濃町線の停留所があったところだ。その他にも野一色、徹明町などかつての鉄道駅として記憶にあるバス停があった。

 結局ほぼ満席の状態で岐阜駅に到着した。ずいぶん長時間バス通学をするものである。

959b4862760b42cc9a2cbbe9f0f7444b

 岐阜から名古屋に出て、名古屋駅ホームのスタンドできしめんを食べる。海老天と生卵入りで500円のワンコインセットだ。生卵のせいでダシの味が変わってしまい、ノーマルのほうが良かったかなと後悔した。

« 醍醐車庫見学ツアー(明知鉄道鉄印) | トップページ | 醍醐車庫見学ツアー(智頭急行鉄印) »

旅日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 醍醐車庫見学ツアー(明知鉄道鉄印) | トップページ | 醍醐車庫見学ツアー(智頭急行鉄印) »