2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

『ミスターKの乗り鉄日記』の過去の記事はここから調べられます

無料ブログはココログ

« 阪急正雀車庫入線ツアー(京都タワー) | トップページ | 西武横瀬入線ツアー(横瀬車両基地入線) »

2023年2月12日 (日)

西武横瀬入線ツアー(初めに)

 西武トラベルから『101系で行く!「西武トレインフェスティバル2022 in 横瀬」直通ツアー』というツアーが発売からされた。その名の通り、横瀬駅に隣接する車両基地に直通する列車が運行されることになり、運良く当選したので、10月15日に参加してくることになった。横瀬車両基地でのイベントはよく開催されていたが、車両基地に直通する列車は初めてなのでとても貴重だ。ツアー開催日の前々日に案内書やチケットが送られてきて、西武鉄道1日乗車券付きなのはうれしい。 

42_20221023110501

集合は飯能駅8時40分で私はその5分前に着く急行で現地に着いた。8時43分に入線。列車は101系の赤電塗装の車両だ。4両編成で座る席はあらかじめ指定されている。各ロングシートに三、四人といった混み具合で空席もある。飯能駅特急ホームから8時59分に発車。秩父線を下っていく。厳密には飯能からではなく、吾野までが池袋線、そこから先が秩父線である。横瀬まで約1時間かけて走行するのでどこかの側線に入るかもしれない。 

43_20221023110501

 いくつかの駅で交換待ちや後続特急の待避を行い、西吾野着。ここでドア開放があり、ホームで撮影タイムとなる。西吾野では上下の特急のダブル待ちとなった。正丸トンネルを抜けて10時ちょうど横瀬駅に到着。

« 阪急正雀車庫入線ツアー(京都タワー) | トップページ | 西武横瀬入線ツアー(横瀬車両基地入線) »

旅日記」カテゴリの記事

コメント

 横瀬の公開イベントは前々から行われていましたが、列車が直接入線するのは、おっしゃるように初めての企画だったのではないかと思います。いいイベントに参加されましたね。それと、西武トラベル主催とはめずらしいのではないでしょうか。

railwayさま、こんばんは。

西武トラベルは初めてでした。今後鉄道イベントへの取り組みを強化するみたいです。2月12日にも別イベントに参加しました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 阪急正雀車庫入線ツアー(京都タワー) | トップページ | 西武横瀬入線ツアー(横瀬車両基地入線) »