2023年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

『ミスターKの乗り鉄日記』の過去の記事はここから調べられます

無料ブログはココログ

« VSEで行く謎の線路経由ロマンスカーミュージアム行き(経堂車庫) | トップページ | VSEで行く謎の線路経由ロマンスカーミュージアム行き(唐木田車庫) »

2022年10月30日 (日)

VSEで行く謎の線路経由ロマンスカーミュージアム行き(喜多見車庫)

6_20220814094101

 急行線を下って13時01分成城学園前駅2番線にいったん停車した後、喜多見車庫に向かう。ここは過去何度か通ったことがある。喜多見車庫は喜多見ふれあい公園の人工地盤の下にある屋根付き車庫で21番線から34番線まで14本の留置線があり、相互乗り入れしているメトロやJRの車両も留置される。我々の列車は30番線に停車した。30番線の6号車、7号車付近には乗務員用の昇降台があり、ここで分割併合の訓練なども行われるようだ。

7_20220814094101

 ここで折り返すため、運転士がやってきた。私は最後尾車両に乗っていたので運転士が2階運転席に乗り込むところを見学できた。スイッチを操作すると天井のロックが外れ、天井の一部が降下してきて、それが階段状のはしごになっていた。操作は基本的には電動だが、停電時には手動も可能とのこと。

8_20220814094101

 運転席の椅子は180度回転するようになっていて、2階席に上がると椅子を反転させて前方を向いて運転姿勢を取るようになっている。運転台の椅子は見た感じはかなり低く、乗用車のように足を伸ばして座る感じだ。

« VSEで行く謎の線路経由ロマンスカーミュージアム行き(経堂車庫) | トップページ | VSEで行く謎の線路経由ロマンスカーミュージアム行き(唐木田車庫) »

旅日記」カテゴリの記事

渡り線・回送線・車庫線」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« VSEで行く謎の線路経由ロマンスカーミュージアム行き(経堂車庫) | トップページ | VSEで行く謎の線路経由ロマンスカーミュージアム行き(唐木田車庫) »