2022年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

『ミスターKの乗り鉄日記』の過去の記事はここから調べられます

無料ブログはココログ

« 沖縄都市モノレール完乗の旅(与那原駅舎) | トップページ | 沖縄県営鉄道完乗の旅(美ら海水族館) »

2022年8月10日 (水)

沖縄都市モノレール完乗の旅(ネオパークオキナワ軽便鉄道)

 

24_20220529123401

 与那原駅舎を見学した後に向かったのは名護市にある「ネオパークオキナワ」だ。ここは沖縄本島中部にある体験型動物園なのだが、その施設の一つにかつて沖縄を走っていた軽便鉄道を模した列車が運行されている。遊園地などにある遊戯鐡道の一種で正式な鉄道ではないので私の乗りつぶしの対象にはならないが、せっかく沖縄に来たのだから乗っておきたい。与那原から沖縄自動車道経由で1時間半ほどのところにあり、ちょうど12時ころに到着した。平日のせいか利用客は少なく、駐車場はガラ空きだった。入園料と軽便鉄道乗車料金込みで1,560円を支払って入場した。

25_20220529123401

 軽便鉄道の運転は平日は1時間間隔になっていて、私は12時30分の便に乗車した。先頭は蒸気機関車風だが、実際は第3軌条から集電する電気機関車だ。その後ろに客車5両をつないでいる。機関車は実際に沖縄を走っていた軽便鉄道を75%のスケールで再現したようだ。乗客は私のほかには小さな子どもをつれた家族が一組だけだった。

28_20220529123401

 軽便鉄道はところどころで停車しながら園内の動物を観察しながら1周する。進行中に動物や軽便鉄道を紹介するアナウンスが適宜入る。コースは鉄橋あり、トンネルあり、踏切ありで変化に富んでいる。

26_20220529123401

 鳥が放し飼いにされたところもあり、野趣あふれたところを進んでいく。

27_20220529123401

 車庫もあり、中では予備機が待機していた。1周1.2km、所要時間20分のショートトリップだが乗り鉄でも楽しめる内容だった。

« 沖縄都市モノレール完乗の旅(与那原駅舎) | トップページ | 沖縄県営鉄道完乗の旅(美ら海水族館) »

旅日記」カテゴリの記事

怪しい鉄道」カテゴリの記事

コメント

 1周20分とはかなり乗り出がありますね。また、破壊されつくした軽便の遺構も部分的ながら残っており、大変参考になりました。

railwayさま、こんにちは。

かなりゆっくり走ります。距離は大してありません。

遺構は辛うじて残っている感じでした。与那原駅は訪れる価値があると思いました。

 こんにちは。かつては遊覧鉄道の最南端は沖縄パークではなく、豊見城城址公園にあった遊覧鉄道でした。石田 穣一裁判官の書かれたエッセイで存在を知って乗りに出かけたのですが、故障で乗れませんでした。

railwayさま、こんにちは。

ギリギリで乗れなかったようで残念でしたね。その存在は知りませんでした。貴重な情報ありがとうございました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 沖縄都市モノレール完乗の旅(与那原駅舎) | トップページ | 沖縄県営鉄道完乗の旅(美ら海水族館) »