2022年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

『ミスターKの乗り鉄日記』の過去の記事はここから調べられます

無料ブログはココログ

« 未成線長倉線の旅(大峯山トンネル入り口まで) | トップページ | 未成線長倉線の旅(お昼休憩) »

2022年7月 2日 (土)

未成線長倉線の旅(大峯山トンネル)

19_20220501121101

 ここまでのコースは一般の人でも散策可能だが、この大峯山トンネルは普段は閉鎖されていてツアー参加者だけが特別に歩ける区間になっている。入り口でヘルメットとライトを渡されトンネル内に進入する。路面はぬかっていて足を取られないように注意が必要だ。コウモリがいるので天井は照らさないようにと指示がある。今から80年も前のトンネルとは思えないほど状態がいい。一度も列車が通ることがなかったから煤けていることもない。内壁の最終仕上げは施されなかったのでコンクリート打設時の木枠の跡が残っている。

20_20220501121101

トンネルは長さ180mと短いがS字にカーブしているので途中からかなり暗くなる。その暗さを利用して中間地点で動画視聴を行う。長倉線の計画、陳情から建設、築堤やガードの取り壊しに至る流れをスライドにしたもので、ノスタルジックな雰囲気にまとめられていた。

21_20220501121101

 このトンネルは今は原則通行止めとなっているが、かつてはそんなに厳しくない時代もあり、地元の高校生が近道に使っていたらしい。県道だと遠回りになるからだ。

22_20220501121101

トンネルを抜けると切り通し区間となり、緩やかにカーブしながら下っていく。路面にマンホールがあり、未成線下に後から水道管が通されたとのこと。

« 未成線長倉線の旅(大峯山トンネル入り口まで) | トップページ | 未成線長倉線の旅(お昼休憩) »

旅日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 未成線長倉線の旅(大峯山トンネル入り口まで) | トップページ | 未成線長倉線の旅(お昼休憩) »