2022年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

『ミスターKの乗り鉄日記』の過去の記事はここから調べられます

無料ブログはココログ

« 直方車両センター入線ツアー(それいゆ2) | トップページ | 直方車両センター入線ツアー(それいゆ4) »

2022年5月20日 (金)

直方車両センター入線ツアー(それいゆ3)

15_20220226101801

船内放送で11時からプラネタリウムが始まるとのことで、せっかくなのでシアタールームに行ってみた。巨大なビーズクッションがいくつも置いてあり、そこに寝転んでの鑑賞となる。10人ほどの観客がいた。プラネタリウムというからにはさまざまな星座のいわれや成り立ちについて解説付きで鑑賞するものと思っていたが、単に天井に星空が投影され、ヒーリングミュージックが流れるだけというお粗末なもので無料だからいいというものでもないだろう。途中で退出する人もいて、私もその人に続いて会場を後にした。

 昼食まで少し時間があるので大浴場に行ってきた。昼風呂は気持ちいい。先客は3人ほどでゆったりと利用できる。サウナや露天風呂もあり、くつろげる。露天風呂に入っているうちに小雨が降ってきたので風呂から上がった。

16_20220226101801

 風呂から上がって昼食とした。メニューは神奈川や九州にちなむものが多い。海軍カレーや湘南シラス丼など惹かれるものがあるが、ここで神奈川のものを食べても仕方ないので私は門司港レトロ焼きカレー1,000円にした。グラタン皿に入ったカレーライスを焼いたもので門司港名物になっている。ご飯の量も多くてお腹いっぱいになった。

18_20220226101801

 17_20220226101801

昼食後にみやげものコーナーをのぞいてみると、御船印というものが販売されていた。御朱印の船バージョンで鉄印の仲間だ。現在64社が参加している。専用の船印帳もあり、鉄印と同じく収集して回っているひともいるのだろう。私はコンプリートするつもりはないが、せっかくなので記念に1枚購入した。ちゃんと日付を入れてくれた。

 昼食後は個室に戻り3時間ほど昼寝をした。フェリーのいいところは好きな時に横になれることだ。

 16時過ぎに目が覚めると宿毛沖を航行中だった。雨が降っていてデッキは閉鎖されている。私は今から20年くらい前に宿毛から佐伯へフェリーで横断したことがあって、小さな船だったのでこの海峡でかなり揺れたことを思い出した。その時は土佐くろしお鉄道宿毛線に乗った後、宿毛から佐伯に船で進み、ラクテンチケーブル、皿倉山ケーブルに乗り、ケーブルカー全線完乗を果たしたのだった。

« 直方車両センター入線ツアー(それいゆ2) | トップページ | 直方車両センター入線ツアー(それいゆ4) »

旅日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 直方車両センター入線ツアー(それいゆ2) | トップページ | 直方車両センター入線ツアー(それいゆ4) »