2022年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

『ミスターKの乗り鉄日記』の過去の記事はここから調べられます

無料ブログはココログ

« 第18回伊豆急全線ウォーク(城ヶ崎海岸→伊豆高原) | トップページ | 第18回伊豆急全線ウォーク(片瀬白田→白田トンネル) »

2022年5月 6日 (金)

第18回伊豆急全線ウォーク(伊豆熱川→片瀬白田)

5_20220503064201

 伊豆高原駅ホームに降りると駅に隣接する車両基地からアロハ電車が回送中だった。この後参加者向けに撮影会や試乗会が行われるのだろう。

 我々はここから伊豆熱川まで電車移動となり、11時00分発の伊豆急下田行きに乗る。3駅分10分ちょっとであるが、歩くと3時間近くかかるので電車の威力はすごい。

8_20220503072101

 伊豆熱川で下車し、まず隣の片瀬白田まで歩く。距離は2.4km、コースレベルはAの楽勝区間だ。駅前の源泉は普段は湯気がもうもうと立ち上るだけだが、この日は熱湯がほと走っている。これほどのものを見るのは初めてでAN氏ともども驚く。

7_20220503072101

 こいのぼりも元気に泳いでいる。

9_20220503072101

 熱川の温泉街を下り終えると海沿いに出て、眺めのいいシーサイドコースとなる。

 行く手には次の区間で上る白田の山々が見えている。以前その区間を歩いたときはAN氏はiPodで「天城越え」をかけながら上った。昔の曲は演歌に限らず歌詞がよくわかるので我々世代には心に染み入って来るが、最近の曲はラップ系で何を歌っているのかよく分からないものが多く、その結果最近の曲は何も知らない。

 磔の松を過ぎると、すぐに片瀬白田駅に到着。この駅も無人駅になっている。ちょうど到着した客が途中駅までの乗車券しかなく乗り越し運賃の精算についてインターホンで問い合わせていた。この客のように問い合わせをする人はいいが、そのまま改札を出て知らんぷりという人もいるだろう。

« 第18回伊豆急全線ウォーク(城ヶ崎海岸→伊豆高原) | トップページ | 第18回伊豆急全線ウォーク(片瀬白田→白田トンネル) »

伊豆急全線ウオーク」カテゴリの記事

コメント

片瀬白田駅からの登りはミスターKさんから伊豆急ウォークの最大の難所と聞いていたので、当時、購入したばかりのiPodで「天城越え」をかけながら登りましたね。実は今回もスマホでいつでも聴けるようになっていたのですが、ウグイスのさえずりが賑やかで、音楽をかけるのはもったいないと思い、自然を満喫することを優先しました。

ミスターANさん、おはようございます。

この日は鳥のさえずりもよく聞こえましたね。キツツキまで鳴いたのはびっくりしました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 第18回伊豆急全線ウォーク(城ヶ崎海岸→伊豆高原) | トップページ | 第18回伊豆急全線ウォーク(片瀬白田→白田トンネル) »