2022年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

『ミスターKの乗り鉄日記』の過去の記事はここから調べられます

無料ブログはココログ

« 宮脇俊三の紀行文学を読む | トップページ | 大人の休日俱楽部北陸フリーきっぷの旅(かかやき501号) »

2022年4月 8日 (金)

大人の休日倶楽部パス北陸フリーきっぷの旅(初めに)

黒部峡谷鉄道で1月から2月にかけて宇奈月の車庫に入れるツアーが発売され、幸い1月30日の回に参加できることになった。せっかく富山まで行くとなると、2年前に開業し未だに乗っていない富山地方鉄道市内線の富山駅南北直通区間の乗車と万葉線米島口車庫構内から出発する電車の乗車を果たしておきたい。その他最近始めた鉄印収集も行いたいので、北陸地方をひと回りする旅になりそうだ。

そうなると便利なのが、大人の休日倶楽部パス北陸フリーきっぷだ。これは都区内から北陸地方の往復新幹線指定席利用と北陸フリーエリア内のJR線が特急自由席を含めて乗り放題で、さらに一部の第三セクター鉄道にも乗れて22,410円と大変お得になっている。しかもJR東日本や北海道が乗れる大人の休日倶楽部パスとは違い多客期を除き通年発売されているので日程が制約されずいつでも行くことができるのもうれしい。

ただ通常の大人の休日倶楽部パスは指定席がネット予約できるのだが、これはそれができず窓口や指定席券売機などで予約しないといけないのは不便で要注意だ。1月の北陸なのでかなり寒く積雪も予想されるが、いろいろ盛りだくさんな旅が楽しめそうだ。そういうわけで1月29日から2泊3日で北陸地方に行ってくることになった。

« 宮脇俊三の紀行文学を読む | トップページ | 大人の休日俱楽部北陸フリーきっぷの旅(かかやき501号) »

旅日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 宮脇俊三の紀行文学を読む | トップページ | 大人の休日俱楽部北陸フリーきっぷの旅(かかやき501号) »