2022年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

『ミスターKの乗り鉄日記』の過去の記事はここから調べられます

無料ブログはココログ

« 大人の休日俱楽部北陸フリーきっぷの旅(かかやき501号) | トップページ | 大人の休日俱楽部北陸フリーきっぷの旅(のと鉄道) »

2022年4月10日 (日)

大人の休日俱楽部北陸フリーきっぷの旅(能登かがり火1号)

25_20220211182001

 金沢で8時56分発能登かがり火1号に乗り換える。駅構内は人通りが本当に少ない。

 6両編成で自由席は2両だが、私の乗った6号車は私の他に3人しか乗っていない。コロナ感染防止で外出を控えている人が多いのだろう。こうして旅行しているのが気が引ける。客が少ないので前の座席を回転させてワンボックスにして座る。

 金沢駅付近は積雪もなく、津幡で本線から分岐し、能登半島を淡々と進んでいく。沿線の線路脇でカメラを構えた人を大勢見かけたが、列車には見向きもしない。超望遠レンズを使用しているので野鳥の撮影ではないだろうか。

26_20220211182001

  9時48分七尾着。駅には33kgレールと呼ばれるものが展示してあった。ロシアで1898年に製造されたもので、その後日露戦争の戦利品として日本に渡り、1974年まで能登線で使用されていたものらしい。保存レールはイギリスやアメリカのものが多く、ロシア製は初めて見た。戦利品というのも驚きだ。

« 大人の休日俱楽部北陸フリーきっぷの旅(かかやき501号) | トップページ | 大人の休日俱楽部北陸フリーきっぷの旅(のと鉄道) »

旅日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 大人の休日俱楽部北陸フリーきっぷの旅(かかやき501号) | トップページ | 大人の休日俱楽部北陸フリーきっぷの旅(のと鉄道) »