2022年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

『ミスターKの乗り鉄日記』の過去の記事はここから調べられます

無料ブログはココログ

« ロマンスカー・南武線貸切ツアー(藤沢発車) | トップページ | ロマンスカー・南武線貸切ツアー(中原支所) »

2022年4月28日 (木)

ロマンスカー・南武線貸切ツアー(浜川崎駅)

13_20220211120701 

13時34分、鶴見駅を発車しポイントを右に分岐し、さらに右カーブを切ると左手から南武支線が近づいてきて八丁畷駅で合流し、ホームのない線を通過する。この合流は今から20年前に乗ったことがあり、その時は浜川崎から分岐し東京貨物ターミナルまで乗った。

15_20220211120701

 南武支線に入り、川崎新町、小田栄を通過し、浜川崎駅の1番線も通過する。 浜川崎駅1番線はホームに柵があるのでここに停車したとしても乗降できない。 

16_20220211120701

 浜川崎旅客駅をさらに進み、浜川崎貨物駅10番線に停車する。アナウンスではこの線をJR貨物から借りたと言っていた。ここに旅客列車が入るのは極めてまれで、運転士にどのような資格が必要になるのだろうか。

 かつて浜川崎貨物駅は貨物の発着トン数が日本一だった時代もあるが、今はその面影はなく我々の列車が待機するだけだった。 

 浜川崎では停車時間を利用して南武線小田急線クイズが行われた。南武線も小田急線もともに1927年開業とのこと。小田急ではJR線に乗り入れ運転を行なっている関係で電略を使用していて、登戸はノト、相模大野はサオなどとなっている。

« ロマンスカー・南武線貸切ツアー(藤沢発車) | トップページ | ロマンスカー・南武線貸切ツアー(中原支所) »

旅日記」カテゴリの記事

渡り線・回送線・車庫線」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ロマンスカー・南武線貸切ツアー(藤沢発車) | トップページ | ロマンスカー・南武線貸切ツアー(中原支所) »