2022年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

『ミスターKの乗り鉄日記』の過去の記事はここから調べられます

無料ブログはココログ

« 大人の休日俱楽部北陸フリーきっぷの旅(トロッコ電車車庫見学会2) | トップページ | 大人の休日俱楽部北陸フリーきっぷの旅(アパホテル高岡) »

2022年4月18日 (月)

大人の休日俱楽部北陸フリーきっぷの旅(富山市内線)

 車庫見学会が終わり、宇奈月温泉駅11時36分の電車で帰る。同行のSさんとは来週開催される中原支所入線イベントで再びご一緒する予定である。Sさんは途中若栗駅で下車した。周辺を散策して、黒部宇奈月駅まで歩いて新幹線に乗る予定らしい。

私はそのまま乗り進み、上市でいったん下車した。上市駅は3番線まであるが、当駅始発の列車だけ3番線が発車するので、それに乗るためだ。

16_20220213171001

 発車を待っていると隣の2番線に元西武のニューレッドアロー号が入ってきた。3月から営業運転に就くための試運転のようだ。

上市駅3番線からの発車を堪能し、13時37分に電鉄富山着。

 これから富山の路面電車の南北線直通運転に初乗りする。富山市内には従来、富山駅の南側を富山地方鉄道が、北側をJR富山港線から分離した富山ライトレールが、それぞれ路面電車を運行していた。しかし富山駅の新幹線と在来線が高架化され、その高架下を通って両者が直通運転することになったのである。富山市は高齢化社会を踏まえ、コンパクトシティを政策に掲げ、行政の効率化を進めている。そのひとつの柱が路面電車の南北直通事業なのである。

17_20220213171001

 まず電鉄富山前停留所から岩瀬浜行きに乗車。富山駅の高架下に停車する。

18_20220213171001

 ここから先が新設区間である。

19_20220213171001

 このあたりにかつての富山北停留所があったはずだが面影はない。その代わり、岩瀬浜方面行きだけが発着するオークスカナルパークホテル富山前停留所が新設された。これで富山市内線延伸区間の乗車を完了した。これで私の未乗区間は沖縄都市モノレールの首里・てだこ浦西間4.1kmだけとなった。

« 大人の休日俱楽部北陸フリーきっぷの旅(トロッコ電車車庫見学会2) | トップページ | 大人の休日俱楽部北陸フリーきっぷの旅(アパホテル高岡) »

旅日記」カテゴリの記事

コメント

 富山地鉄南北線走破、おめでとうございました。私も乗りに行かねばと思いつつも、沖縄とあわせて、今のところ計画がありません。早く何とかしたいのですが・・・。

railwayさま、おはようございます。

なかなか旅行しづらい世の中ですが、ようやく行ってきました。沖縄もそろそろ片付けたいと思っています。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 大人の休日俱楽部北陸フリーきっぷの旅(トロッコ電車車庫見学会2) | トップページ | 大人の休日俱楽部北陸フリーきっぷの旅(アパホテル高岡) »