2022年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

『ミスターKの乗り鉄日記』の過去の記事はここから調べられます

無料ブログはココログ

« 第18回伊豆急全線ウォーク(伊豆高原駅) | トップページ | 第18回伊豆急全線ウォーク(伊豆急下田駅) »

2022年1月21日 (金)

第18回伊豆急全線ウォーク(伊豆大川→伊豆北川→伊豆熱川)

20_20220110095201

 伊豆高原発12時30分の伊豆急下田行きに乗車。この列車はここで後部3両を切り離すとともに上り列車との交換待ちで13分間停車する。すると隣のホームに池袋始発の踊り子5号が約1時間遅れでやってきた。横須賀線内の遅れの影響らしい。伊豆急行線内は基本的に追い越しや緩急接続がないので貴重な体験だ。踊り子をやり過ごし、こちらはその影響もなく定時に発車した。 

 伊豆高原から伊豆大川の区間は災害による道路不通のため全員が電車移動になっている。12時34分伊豆大川で下車。伊豆高原から先はワンマン運転なのだが、運転士による乗車券の確認はなく、乗客は勝手に改札を出る仕組みになっている。約1時間ぶりにウォーキングを再開する。休憩のせいで足がなまって足取りが重い。 

21_20220110095201

 沿道は建物が取り壊され更地になった土地も散見され、無人と思われる建物も多い。以前は必ず犬に吠えられた喫茶店来夢来人も今は営業していない。 

22_20220110095201

 伊豆北川駅入口を示す小さな看板を左に曲がり国道をくぐった後、急坂になり駅に到着。

23_20220110095201

 ちょうどサフィール踊り子号が入線してきた。サフィール踊り子号を撮影し、再び急坂を上る。コース屈指の急坂だ。伊豆大川・伊豆熱川間のコースレベルはBだが、ここだけ切り取ればレベルはEだろう。急坂の距離が短いが、それでも途中で休まないと登れない。

24_20220110102101

 急坂が終わり、緩やかなアップダウンが続くうち、リゾートマンションや温泉旅館が現れ、13時45分伊豆熱川駅着。駅前の足湯で休息する。

« 第18回伊豆急全線ウォーク(伊豆高原駅) | トップページ | 第18回伊豆急全線ウォーク(伊豆急下田駅) »

伊豆急全線ウオーク」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 第18回伊豆急全線ウォーク(伊豆高原駅) | トップページ | 第18回伊豆急全線ウォーク(伊豆急下田駅) »