2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

『ミスターKの乗り鉄日記』の過去の記事はここから調べられます

無料ブログはココログ

« ノスタルジックコレクション献血キャンペーン | トップページ | ベイサイドブルー »

2021年11月15日 (月)

横浜エアキャビン

4_20211107171701

 今年4月、横浜の桜木町と運河パークの間を横浜エアキャビンというロープウェイが開業しました。ロープウェイは索道といって、広い意味で鉄道の仲間なので先日初乗りに行ってきました。桜木町から乗ると混んでいるので運河パークから乗りました。循環式のロープウェイで、中は6人乗りくらいの広さです。ただ定員まで詰め込むのではなく、グループごとに乗ります。一人で来た人は一人で乗れます。

3_20211107171701

 汽車道と呼ばれるかつての臨港鉄道の廃線跡のそばを行きます。汽車道は1989年に開催された横浜博覧会で臨時列車が走りました。私はその時この区間に乗車しました。それからこれも博覧会期間中のことですが、横浜駅東口から会場までゴンドラが運行され、これにも乗りました。また会場内では日航によりHSST(磁気浮上式鉄道)が運行され、それにも乗りました。博覧会では鉄道関連の乗り物が期間限定で運行されることがあります。愛・地球博でもゴンドラや無人運転バスが運行され、それを目当てに乗りに行きました。

5_20211107171701

 ロープウェイからの汽車道の眺め。

6_20211107171701

料金は大人1,000円と高く、所要時間は約6分と短く、待ち時間も含めるの歩いても変わらないですが、 これで未乗区間をひとつクリアできました。

 

 

« ノスタルジックコレクション献血キャンペーン | トップページ | ベイサイドブルー »

新線乗車記」カテゴリの記事

コメント

横浜エアキャビンはぜひとも乗ってみたい乗り物ですが、まだ果たせておりません。レポート大変参考になりました。

railwayさま、こんにちは。

ぜひ一度ご乗車ください。眺めが最高です。

愛知万博の距離が長い方(モリゾー・ゴンドラ)は、途中の住宅地を通る時にはプライバシーに配慮して窓ガラスが曇りガラスになって外が見えなくなるんですよね。面白くて2往復しちゃいました。

ミスターOHさん、おはようございます。

モリゾーゴンドラは窓が曇る仕掛けでしたね。思い出しました。それにしても2往復するとはやはりただものではないですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ノスタルジックコレクション献血キャンペーン | トップページ | ベイサイドブルー »