ただいまの時間

2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

『ミスターKの乗り鉄日記』の過去の記事はここから調べられます

ミスターKの乗り鉄旅日記ランキング

アクセス情報

無料ブログはココログ

« 2021年9月 | トップページ | 2021年11月 »

2021年10月

2021年10月31日 (日)

磯分内郵便局小型印

4b9d9b52a4af448c8b3d48ecc3b934e3

釧網本線全通90周年記念の磯分内郵便局小型印です。標茶・弟子屈間延長に伴い開業した駅でかつては日本甜菜製糖工場への専用線も分岐する駅でした。今は無人駅となっていますが、北海道らしい駅舎が建っています。

2021年10月30日 (土)

標茶郵便局小型印

90b4143b4e4f4a429cc87b4cf5bbfe35

釧網本線全通90周年記念の標茶郵便局小型印です。標茶駅を発着とするSL冬の湿原号が描かれています。このSLには今から15年くらい前に一度だけ乗ったことがあります。

2021年10月29日 (金)

塘路郵便局小型印

C8c3ea4db59343cdbe37b516a7f855bc

釧網本線全通90周年記念の塘路郵便局小型印です。塘路駅を発着とする釧路湿原ノロッコ号がデザインされています。今から20年以上前に一度乗ったことがあります。

2021年10月28日 (木)

遠矢郵便局小型印

E3227e8df0954345be77d305f52b25ab

釧網本線全通90周年記念の遠矢郵便局風景印で遠矢駅がデザインされています。遠矢駅は釧網本線が標茶まで開業した1927年に開業した駅です。前に北海道旅行をした際、駅前の国道でスピード違反の取り締まりを行なっていて、違反車を遠矢駅前に誘導していました。地元の人にとっては要注意スポットかもしれません。

2021年10月27日 (水)

釧路桜ヶ丘五郵便局小型印

35fbff42fbf04b19b06d0361e4e3adf0 

根室本線全通100年と釧網本線全通90年記念の釧路桜ヶ丘五郵便局小型印です。鉄道郵便車のスユニ61がデザインされています。鉄道車両にはポストがあり、そこから郵便物を差し出すこともできて、専用の消印が押されたようです。

2021年10月26日 (火)

釧路貝塚郵便局小型印

83a3a601d0a5401aa29d5a4b20c7ed84

釧網本線全通90周年記念の遠矢郵便局風景印です。釧網本線は釧路と網走を結ぶ路線で、最後の開通区間川湯・札弦間が1931年に開業し今年が90周年になるのを記念しての小型印です。釧網本線は戸籍上の起点は釧路ではなく隣の東釧路駅で、ここで根室本線から分岐します。駅舎とともに0キロポストが描かれているのはそのためです。当初は信号場として開業し、その後駅に昇格しました。

2021年10月25日 (月)

鳥取八東郵便局風景印

6617dab5954948de8c1f18503dac04a5

鳥取八東郵便局の風景印です。八東川の鉄橋を行く若桜鉄道です。

2021年10月24日 (日)

鳥取船岡郵便局風景印

B840875853984424825aeb476e3f28b3

鳥取船岡郵便局の風景印です。若桜鉄道の隼駅とバイクのハヤブサがデザインされています。同名のよしみでこの駅はバイクのハヤブサ乗りの聖地らしいです。

2021年10月23日 (土)

宮城柴田郵便局風景印

D5fc951c6c894760937ac8b73b41cd5c

宮城県柴田郵便局の風景印です。当地の名所船岡城址公園の桜とスロープカー、平和観音がデザインされています。

2021年10月22日 (金)

宇和島郵便局小型印

8c0ad05784cc44efa66d84f627f2d266

鉄道ホビートレイン誕生7周年記念の宇和島郵便局小型印です。鉄道ホビートレインは予土線を走る0系新幹線もどきのディーゼルカーです。いつか乗ってみたいと思っています。

2021年10月21日 (木)

横川郵便局風景印

Df60d61b7e6c4cd1ba603d57f11c3d50

群馬県横川郵便局の風景印です。今年の10月11日から使用開始されました。碓氷峠第三橋梁とED42型電気機関車がデザインされています。この橋は眼鏡橋と呼ばれる橋で以前見に行ったことがあります。

2021年10月20日 (水)

NewDays鉄道の日フェア2021開催中

447ad1d2d73b409dbe9c14b610dbd681

Ce16bd62cdc74459b918189c08d8a7d5

A696f3028631404eb8cbef017d821428

997ec0d069d940ce9d6fb8caf6b987b1

NewDaysで鉄道の日関連の各種グッズや食べ物が販売されています。私が買ったのはいい日旅立ちビール、汽笛ハイボール、おーいお茶にトレインバトルカバー、ときヘッドマークのワンカップ、駅弁風おにぎりの牛肉どまん中とチキン弁当です。いい日旅立ちビールは東京駅丸の内駅舎、汽笛ハイボールはSL(型式不明)トレインボトルカバーは京浜東北線です。チキン弁当は唐揚げ入りおにぎりでした。


2021年10月19日 (火)

南海住ノ江車庫入線ツアー(帰路)

16_20211010103401  

 和歌山城の散策を終えて、和歌山市駅に戻る。ここで帰りの列車の出発まで約40分ほどの待ち合わせとなる。駅にはキーノ和歌山という商業施設が併設されている。食品スーパーやドラッグストアなどが入る商業施設だ。また和歌山市民図書館も併設されている。

15_20211010103201

 市民図書館は蔦屋書店とスターバックスコーヒーが併設されている最近流行りのタイプの図書館で大勢の利用者でにぎわっていて、若干ではあるが鉄道書コーナーもあった。

 キーノ和歌山の見学を終え、和歌山市駅発18時00分の特急サザンで難波に戻る。サザンは8両編成で後部4両が指定席となっていて、我々一行は2号車を貸切で利用する。最初の停車駅は和歌山大学前駅だ。先日のタモリ俱楽部で鉄道趣味のジャンルで「前鉄」というのが紹介されていた。駅名で〇〇前駅というものがあるが、〇〇前と言いながら実際には〇〇と距離が離れている駅のランキングをやっていて、この和歌山大学前駅は駅から和歌山大学までの距離が1312mでランキング第5位となっていた。南海は我孫子前と八幡前もランキングの3位と4位になっていて、南海の存在する3つの「前駅」はすべて距離が遠い「前駅」となっていた。

 18時59分、なんばに到着。ここでツアーは解散となる。今回のツアーは住ノ江車庫に入れる乗り鉄向け要素と和歌山マリーナシティ、玉津島神社、和歌山城散策など和歌山県内観光の要素があり、相反する目的を併せ持っており、乗り鉄は後半退屈し、一般の観光客は車庫に入って余計な時間がかかったことに不満を持ったかもしれない。目的が絞り込まれていない不思議なツアーで同行のIさんも同じ感想を持っていた。 

 大阪メトロで新大阪に向かい、19時48分発のひかり522号に乗る。行きと同様グリーン早特で予約済みだ。緊急事態宣言解除で新大阪駅に少しは賑わいが戻っている感じだが、それでもごった返すような以前の賑わいはない。 

18_20211010113401

 柿の葉寿司とビールを購入し、ひかりに乗車。グリーン車は私を含めて5人くらいしか乗っていない。 

 今日の余韻に浸りながら寿司をつまむ。京都駅では時間調整で5分停車した。多客期にはここで後続ののぞみに追い抜かされると思われるが、この日は後続は来なかった。京都でひかりがのぞみに追い抜かれるダイヤになっているとは知らなかった。

19_20211010113401

 夕食を食べ終え、デザートが欲しくなった。新幹線のスゴクカタイアイスを購入。もらったレシートから判断すると車内販売の消費税は8%で外食扱いではないようだ。10分ほど放置した後、食べ始める。

 今回は住ノ江車庫に入ることができ大満足だった。車庫入線以降の行程は私にとっては退屈だったが、それでも緊急事態宣言解除後の世の中の様子を見ることができたことはプラス要因だ。

 

2021年10月18日 (月)

南海住ノ江車庫入線ツアー(和歌山城)

玉津島神社のお参りを終えて和歌山城に向かう。和歌山城は徳川吉宗が城主を務めたこともある由緒ある城だ。 

13_20211010103201

15時40分、和歌山城着。和歌山城は豊臣秀吉の命により建築され、その後紀州藩の城となった。紀州藩は尾張、水戸と並ぶ御三家の一つで徳川吉宗も紀州藩の出である。そんな由緒のある城の見学となる。御橋廊下、裏坂を上り、天守閣へと向かう。

12_20211010103201

 途中ゆるキャラのお迎えもある。

14_20211010103201

 天守閣は410円の別料金と聞いていたが、阪急交通社のツアーバッジを見せると300円に割引となった。

17_20211010104401

市内を一望でき、他に高い建物も見えず、お殿様気分を味わう。天守閣内部には鎧や鉄砲、槍などが展示されていた。また和歌山県出身の有名人の写真も展示され、その中には松下幸之助さんや西本幸雄さんなどもあった。

 

 

2021年10月17日 (日)

南海住ノ江車庫入線ツアー(玉津島神社)

9_20211010103201

 ようやく集合時間となり、14時40分、次の目的地玉津島神社に向かう。和歌山マリーナシティ周辺は大型クルーザーなども停泊し、リゾートマンションもあるなど、和歌山北部のリゾート地帯のようだ。

11_20211010103201

 15分ほどで玉津島神社に到着。玉津島神社は古来から和歌の神様を祀る神社として知られ、一帯は和歌浦を臨む風光明媚な地である。

10_20211010103201

 ツアー参加者には参加者全員にきれいな絵柄のご朱印が配られた。

20_20211010171501

今回のツアーは阪急交通社と南海電鉄の共催イベントで、ツアーバスには同乗しないものの要所要所で南海電鉄の担当者が現れ、ツアーをサポートしてくれている。ここ玉津島神社ではさらに南海電鉄の社長も顔を見せてくれた。聞くところによると社長の自宅がこの神社のすぐ近くとのこと。 

 

2021年10月16日 (土)

南海住ノ江車庫入線ツアー(和歌山マリーナシティ)

7_20211010100201

 和歌山港駅からバスで和歌山マリーナシティに向かう。約30分ほどで到着。一般車の駐車場は入場待ちの車で渋滞していた。緊急事態宣言が全国的に解除された最初の週末で観光地には多くの人が出ているようだ。

4_20211010100201

 まずマリーナシティ内にある黒潮市場でグループに分かれての昼食となる。私は一人参加なので年配の男性と相席となる。昼食は松花堂弁当で刺身、天ぷら、茶碗蒸しなどごく一般的なものだ。もう少し地のものがあるとよかった。

 食事を済ませ、残り2時間ほどをここで過ごすスケジュールになっている。ここ和歌山マリーナシティは海産物の物販所黒潮市場、ヨーロッパの街並みを模したポルトヨーロッパ、遊園地の3つのエリアからなっている。

5_20211010100201

 まずポルトヨーロッパを見る。それらしい茶色の建物がある。

6_20211010100201

 その隣にレトロな遊園地があり、ウォータースライダー、ジェットコースター、回転木馬などがあるが、これといって乗りたくなるものがある訳ではない。

 外は10月とは思えない暑さでおそらく30度は超えているだろう。マリーナシティ内の散策は取り止め、黒潮市場に戻る。

8_20211010100201

 ここは先程お昼を食べたところだが、屋台形式の飲食店や海産物のおみやげ店などがある。建物の中なので暑さがしのげてありがたい。

 今回のツアーは住ノ江車庫入線体験をウリにしているが、鉄道ファンらしき人は数名で、マリーナシティや和歌山城見学に興味がある人のほうが多いと思われた。そういう人にとっては楽しめるだろうが、私は時間を持て余す。自宅用のお土産を買っても時間は大して進まない。

 早めにバスに戻って冷房の車内で待機しようと思ったが、すれ違った添乗員から出発時刻の10分前くらいでないとバスに乗れないと教えられ、やむなく園内の日陰スペースを見つけてそこで待機する。同行のIさんはこの時間を利用して隣接する温泉で一風呂浴びていたとのこと。

2021年10月15日 (金)

南海住ノ江車庫入線ツアー(和歌山港まで)

  住ノ江車庫を発車し、本線を南下していく。浜寺公園駅で待避線に入り、後続の和歌山市行き特急の通過待ちを行う。ラピートが特急待避するのは通常はない。先行車に続いて進行していくが、間隔が詰まっているので時速50キロくらいでゆっくり進んでいく。 

1_20211010093901

 泉佐野から先はラピートが普段入らない区間なので撮り鉄のいいネタになるはずだが撮影者は意外と少ない。海が見える区間もあり、旅行気分が高まってくる。 

 運転士交代のため和歌山市駅4番線で停車するがすぐに発車。 

2_20211010093901

 11時38分、和歌山港駅到着。ホームには木造の古めかしい屋根がかかっている。以前はこの先水軒駅まで路線が延びていたが2002年に廃止になった。ホームの先から廃線跡を見ようと思っていたが、添乗員の誘導に急かされて見ることはできなかった。 

3_20211010093901

 改札を出て南海フェリー乗り場への屋根付きの長い専用通路を進み、フェリー乗り場の手前で一般道路に降りる。そこで和歌山バスに乗り換えた。バスには南海電鉄グループという表示がある。

2021年10月14日 (木)

南海住ノ江車庫入線ツアー(住ノ江車庫)

  住ノ江車庫は本線西側にある。住ノ江駅2番線にいったん停車した後、まず和歌山方にある上り線と下り線の間にある引き上げ線に入った。ここは住ノ江駅5番線と呼ばれていた。運転士が車内放送で住ノ江信号所とのやり取りのデモンストレーションを行う。それによるとこの列車は9851列車という設定で、進路確保がされた後発車するようだ。

8_20211009121401

 住ノ江駅5番線で方向転換し、上り線を横断し車庫線内に入り、車庫北側にある31番線で停車する。難波方から来る場合、いったん和歌山方の引き上げ線に入った後、難波方の31番線に入り、そこでまた方向転換してようやく車庫に入れる構造になっている。

9_20211009121401

 31番線で運転士が再びエンド交換し、洗浄線のある11番線へと進む。

11_20211009121401

 ラピートは特殊な先頭形状なので、ラピートを洗車できる洗浄線はここ住ノ江車庫にしかないとのこと。 

10_20211009123601

 洗車体験が終わると31番線に戻り、エンド交換して車庫2番線から上り線を横断し、下り線に合流した。この間約35分ほどかかっている。住ノ江車庫は高架線上にあり、全部で19番線まである大規模なものだった。

2021年10月13日 (水)

南海住之江車庫入線ツアー(ラピート出発)

 列車の出発は9時30分だが、集合は8時45分となっている。私は集合の5分前に到着した。参加者は家族連れが中心で、全部で25名ほどといったところ。この人数で6両編成のラピートを貸切で利用するのでぜいたくだ。集合から出発まで時間があり過ぎて持て余す。主催者の気持ちも分からないではないが、もう少し遅い集合でも問題ないだろう。

5_20211009103201

 受付を済ますと乗り鉄仲間のIさんを見かけた。先日豊橋鉄道市内線貸切電車を企画していただいた方だ。お互いの今後の予定の情報交通社交換を行う。Iさんは運転体験などを含めて10月、11月の休日の予定がほとんど埋まっていた。

4_20211009103201

 我々が乗る列車は9時17分に入線した。定期列車の折り返しが充当されているようだ。

6_20211009103201

 9時30分出発。ラピートにはレギュラーシートとスーパーシートがあり、今回私はスーパーシートで予約してある。普通車でもガラガラなので、わざわざスーパーシートを予約するまでもなかった。しかし、ゆったりとしたシートでツアー代金が1,000円くらいしか変わらないので贅沢にいきたいものだ。

7_20211009103201

 本線をゆっくりと下っていき、住ノ江駅2番線でいったん停車した。

2021年10月12日 (火)

南海住ノ江車庫入線ツアー(南海なんば駅まで)

 阪急交通社から「特急ラピート貸切で住ノ江車庫入線!きのくに南海大冒険」というツアーが募集された。今年の5月にも同様のツアーが開催されたが、催行人数に達せず参加できなかった。

 このツアーのウリは南海住ノ江車庫にラピートに乗ったまま入線できることだ。車庫線好きとしては見逃せない。その後、和歌山港駅からバスに乗り換え、黒潮市場、ポルトヨーロッパ、玉津島神社、和歌山城などを散策し、和歌山市駅から特急サザンに乗って南海なんば駅で解散となっている。住ノ江車庫以降は私にとってはおまけのような区間で途中で離団したいくらいだが、今回立ち寄る場所は今まで行ったことがないところなので見聞を広める意味で最後まで参加することとした。

1_20211009101301

 10月3日朝、新横浜始発ひかり533号に乗車する。緊急事態宣言が解除された最初の週末である。今回でコロナが収束してくれることを願いたい。まず新横浜駅篠原口前にあるセブンイレブンで朝食を調達する。篠原口は横浜線側にある出口だが、これが同じ新横浜駅かと疑われるほどごく一般の駅前だ。

2_20211009101301

  新幹線はグリーン早特で予約してある。普通車に1,000円ほどの上乗せでひかりのグリーン車に乗れるのでとてもお得だ。日曜日の早朝なのでガラガラまま出発した。

3_20211009101301

 新横浜を出て3分ほどで右手に富士山が見えてくる。相鉄の西谷駅をまたいだあたりである。このあたりからでも富士山が見えるとは知らなかった。

小田原、静岡、名古屋、京都と停車するが乗り降りは少ない。私が乗った9号車グリーン車は最大でも10名はいかない乗車だった。このひかりはかなりの俊足で、新大阪まで後続ののぞみに抜かれることなく先行し、新大阪には8時12分に到着する。御堂筋線に乗り換え、南海なんば駅2階改札前の集合場所へと向かった。

2021年10月11日 (月)

第18回伊豆急全線ウォーク開催

86dc1144fdd948a09712217b12208d6c

11月1日から伊豆急全線ウォークが開催されることになりました。今回が第18回目にあたるとともに伊豆急開業60周年の節目の年にもあたるようで完歩記念コレクションボックスにその旨が表示されるようです。

今回の主な変更点はまず1区間の参加券が850円から1,000円に値上げになりました。3区間あるので全区間で3,000円となります。

次にバッジの引き換え場所が伊豆高原と伊豆急下田が駅から伊豆ポタSTATIONに変更になりました。これがどういうスポットなのかよく分かりませんが、観光案内所のようなものでしょうか。

コースのルート自体は大きな変更はなく河津から稲梓へのルートが従来ルートに戻ったくらいです。伊豆高原・伊豆大川間が土砂崩れで不通になっている関係で実際に歩く距離は約67kmとなっています。

また体力に自信がなく電車移動してもいいことになっていて、その人向け用のおたすけきっぷなるものも発売されます。当然のことながら私は利用するつもりはありません。

伊豆急全線ウォークもコロナの影響や伊豆急の合理化の影響で開催スタイルがだんだん変更になっていますが、今回も開催されることになったのはうれしいことです。今年も完歩を目指してがんばりたいと思います。

2021年10月10日 (日)

根室郵便局小型印

A0579b48d00b424ca6e872fbd7502088

根室本線(花咲線)全通100年記念の根室郵便局小型印です。中央部にデザインされているのは大正10年8月5日に根室本線が全通した時に使用された記念消印で、右から左に「根室線鐵道全通記念」と書かれています。北海道の鉄道地図も描かれていますが、当時はこれで全てだったのでしょうか。池北線、室蘭本線、夕張線なども見えます。

このところ釧路、根室周辺駅の鉄道周年記念の小型印を紹介してきましたが、どんな無人駅でも周辺に郵便局があることが分かります。JRの駅が全国で約5000に対し郵便局の数が全国で2万もあるのでどんな駅でも近くに郵便局がある計算になるのでしょう。

かつて種村直樹さんが旅先の郵便局で貯金する旅行貯金に取り組んでいたのですが、私はそれには手は染めなかったですが、風景印、小型印にははまりはじめていまるようです。

2021年10月 9日 (土)

根室港郵便局小型印

Efebc806b33547ccbf0736c27c5080ea

根室本線(花咲線)全通100年記念の根室港郵便局小型印です。根室港にはかつて貨物駅があり、根室市内を横断するような方で根室駅との間2.6kmを結んでいました。1934年に開業し1965年には廃止されました。かつてはこの駅が国鉄最東端の駅だったこともありました。木造の簡素な駅です。

2021年10月 8日 (金)

根室大正郵便局小型印

B48307b24fe44504b1a81bbbf88400d6

根室本線(花咲線)全通100周年記念の根室大正郵便局の小型印です。根室本線が全通してから今年でちょうど100年になります。そのうち釧路から根室までの区間に花咲線という愛称が付いています。デザインされているのは現在の根室駅です。ホーム1面の簡素な造りですが、日本最東端の有人駅となっています。かつてはここから根室拓殖鉄道が歯舞まで延びていました。

2021年10月 7日 (木)

根室有磯郵便局小型印

977dbbb88c4142e08e35629e94d87168

根室本線(花咲線)全通100年記念の根室有磯郵便局の小型印です。描かれているのは東根室駅で、ホーム1面の無人駅ですが、日本最東端の駅として知られています。私も一度下車したことがあります。今年でちょうど60周年です。



2021年10月 6日 (水)

根室西浜郵便局小型印

84c57344c3064a61967c0e8a3d4f0deb

根室本線(花咲線)全通100年記念の根室西浜郵便局の小型印です。描かれているのは貨車駅の西和田駅ですが、1920年開業と歴史ある駅です。かつてはこの駅が根室本線の終点だった時代もあります。


2021年10月 5日 (火)

花咲郵便局小型印

83fc68282afb477db60b7514fcb10a4c

根室本線(花咲線)全通100年記念の花咲郵便局の小型印です。描かれているのは昆布盛駅です。この駅は後から開業した駅ですが、それでも60年を経過しています。ホーム1面のみの簡素な無人駅です。

2021年10月 4日 (月)

落石郵便局小型印

Bfa234d1699245f8979b630f891d597c

根室本線(花咲線)全通100年記念の落石郵便局小型印です。デザインされているのは現在の落石駅です。この駅から隣の別当賀駅にかけての区間は太平洋の絶景が広がる区間です。

2021年10月 3日 (日)

厚床郵便局小型印

74ddaf4050fe4b03b1a76ff6e664317b

根室本線(花咲線)全通100年記念の厚床郵便局小型印です。今は根室本線の中間駅ですが、かつてはここから標津線(厚床支線)が分岐していました。また青春18きっぷのポスターにもなったことのある駅です。

2021年10月 2日 (土)

E4系MAX引退

D68399480b114bd69f707e322a5afb8d

 

昨日101日がオール2階建て新幹線E4MAXの定期運行が最終日となり、出勤前に東京駅で最後の姿を見て来ました。台風が接近しているにもかかわらず多くの人が見送りに来ていました。

 

2階建て車両は鉄道車両の中でも花形で迫力や存在感が桁違いです。この大きな車体が最高時速240kmで走行するのですから大人気となるのも当然ですが、最高時速が240kmは今の時代では少し物足りないスピードで引退となった訳です。

 

ただ16両編成で1634人という収容力は他の形式の車両では太刀打ちできないので、通勤輸送時に対応できるか心配です。

 

今回のE4MAXの引退で100系、E1MAXから続いた2階建て新幹線の歴史も終わり、乗ること自体にワクワクする新幹線が無くなってしまったのは残念です。

 

 

 

2021年10月 1日 (金)

三省堂神保町本店建て替え

Be87a1cca1eb4236a862dab4394b697f

 

神田神保町にある三省堂書店のビルが建て替えになるようです。railwayさんのブログで知りました。19813月の完成とのことで、ちょうど私が御茶ノ水の予備校に通い始めた時期でした。予備校の帰りなどに駿河台の坂を下っては鉄道雑誌などを立ち読みしていました。その頃が完成直後だったとは当時全く知りませんでした。築40年ということになりますが、見た目はそんなに古いビルには見えず、まだまだ使用できそうな気がします。しかし、当時浪人生だった私が今や定年間近なのと同じできっと目に見えない不具合を抱えているのでしょう。

 

最近は年数回立ち寄る程度ですが、書泉グランデで鉄道書を探した後、三省堂裏側の通用口からビルに入り、最近の売れ筋やビジネス書、資格試験用参考書などを見て回るのがパターンです。

 

最近はネットで買ったり、電子書籍の利用も増えて、私自身も本屋で本を買うことは少なくなりましたが、本屋をフラフラしながら目に止まった本を手にするのはネットにはない楽しさです。新しい三省堂書店に期待して、数年後に予定される完成を待ちたいと思います。

 

 

« 2021年9月 | トップページ | 2021年11月 »