2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

『ミスターKの乗り鉄日記』の過去の記事はここから調べられます

無料ブログはココログ

« チバザポークトレインの旅(初めに) | トップページ | チバザポークトレインの旅(サッパ舟) »

2021年7月 8日 (木)

チバザポークトレインの旅(佐原まで)

 千葉駅7番線を8時18分に発車。車庫はリゾートやまどりで、最近よく乗っている車両だ。参加者は65名とのことで、6両編成なので1両に10人ちょっとだから、ゆったり利用できる。私は5号車の1人掛け座席を割り当てられていたが、隣の2人掛け先が空いていたのでそちらに席を移した。コロナ禍の時代、勝手に席を移動するのはルール違反だが、行ったり来たりするわけではないのでご容赦ください。

 今回のツアーは「チバザポークトレイン」と名付けられている通り、千葉産の豚肉を楽しむツアーになっている。沿線で豚肉関連のおもてなしも予定されている。千葉県は日本で4位の出荷量を誇る養豚県とだそうで、ちなみに1位は鹿児島県とのこと。前回「ぐるっと千葉鉄道の旅」の時は乗り鉄ツアーだったので、リゾートやまどりの車両に関する豆知識などの紹介もあったが今回は観光ネタが中心だ。

3_20210703102101

 成田駅ではホームのない線を通過し、成田線へと入った。久住駅で換気のための停車をするのでホームに出てみる。換気のためもあるが列車交換待ちの停車でもあった。

 久住を出ると成田ゆめ牧場の担当者による案内が始まった。成田ゆめ牧場は明治20年創業の搾乳専業牧場で、東京ドーム7個分の広さがある。1987年に観光牧場に転身したそうだ。またここには牧場線という遊戯鉄道が敷設され、通常はディーゼル牽引だが、月に1回程度SL運行もある。私は2008年に乗りに来たことがある。遊園地の施設とはいえ、広い意味で鉄道の仲間であるので無視するわけにはいかないからだ。

 下総神崎で再び換気と交換待ちで停車したのでホームに出てみると乗り鉄仲間のSさんが参加されていた。私とは別の車両に乗っていた。Sさん以外は乗り鉄イベントでよく見かけるようの人は乗っていない。このツアーでは特に普段乗れない線に入ると大々的に謳っておらず、しかも入るのが横芝駅3番線だけなのでコストパフォーマンスが悪いからだろうか。

4_20210703102101

 9時32分、チーバくんがお出迎えする佐原駅に到着。

5_20210703102101

 駅舎は2011年に建て替えられ、佐原の商家をイメージした建物になっていた。

« チバザポークトレインの旅(初めに) | トップページ | チバザポークトレインの旅(サッパ舟) »

旅日記」カテゴリの記事

コメント

 こんにちは。いい列車にお乗りになりましたね。最近の房総・北総臨時には、それまでゆかりのなかった「やまどり」が使われるようになりました。485系は房総には似合わないと思うのですが、これも時代でしょうか。佐原駅がきれいになってまだ行っていません。かつては国鉄バスの拠点駅でもあったので、駅前にはバスの硬券を発売する窓口がありました。
 

railway様、おはようございます。

千葉支社では最近やまどりを使うツアーが増えています。その都度高崎から持って来るので大変でしょう。

佐原駅はバスの硬券が発売されていたのですね。今はその面影もありませんでした。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« チバザポークトレインの旅(初めに) | トップページ | チバザポークトレインの旅(サッパ舟) »