ただいまの時間

2021年8月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

『ミスターKの乗り鉄日記』の過去の記事はここから調べられます

ミスターKの乗り鉄旅日記ランキング

アクセス情報

無料ブログはココログ

« いつか乗ってみたい区間「万葉線米島口車庫線」 | トップページ | いつか乗ってみたい区間「筑後船小屋駅構内渡り線」 »

2021年6月 9日 (水)

いつか乗ってみたい区間「帷子ノ辻駅構内渡り線」

97ac942a357f4a6f9db80915e533b909


嵐電は嵐山本線と北野線とに分かれていて、基本的にそれぞれ線内で完結する運用が組まれていますが、早朝の出庫の関係で本線から北野線に乗り入れる運用があります。

本線の四条大宮方から北野線には直接転線できないので、帷子ノ辻駅に着いた電車はいったん嵐山方に進み、本線上で停車したのち、渡り線を通って帷子ノ辻駅の北野線ホームに転線します。同じ駅に2度停車するのも珍しいです。時刻表上では帷子ノ辻駅で4分間停車する形になっていますが、実際にはこの間に転線が行われるものと思われます。

早朝で乗りにくいですが、いつかは押さえておきたい区間です。


« いつか乗ってみたい区間「万葉線米島口車庫線」 | トップページ | いつか乗ってみたい区間「筑後船小屋駅構内渡り線」 »

渡り線・回送線・車庫線」カテゴリの記事

コメント

この運用は帷子ノ辻(嵐山方面)のホームで客扱いを行い、嵐山方面に進み、運転士が前後入れ替わって北野白梅町行きホームに移動し再び客扱いを行います。ほとんど運用がないので専用の停車位置目標があり、オレンジ色のランプが光るので面白いです。
多客期はこれを逆に走り、帷子ノ辻には2度停車せず、そのまま嵐山方面に向かう列車が存在します。

ふぉ様、おはようございます。

すでにご乗車されていましたか。専用の目印まであるのですね。行った時にしっかり観察したいと思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« いつか乗ってみたい区間「万葉線米島口車庫線」 | トップページ | いつか乗ってみたい区間「筑後船小屋駅構内渡り線」 »