ただいまの時間

2021年6月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

『ミスターKの乗り鉄日記』の過去の記事はここから調べられます

ミスターKの乗り鉄旅日記ランキング

アクセス情報

無料ブログはココログ

« ぐるっと千葉鉄道の旅(勝浦、館山) | トップページ | 立川駅2番線発中央線上り渡り線通過 »

2021年5月11日 (火)

あしかが大藤まつり3号、横浜駅手前で転線

2_20210503182901

 大型連休中に運転されたあしかが大藤まつり号のうち、大船発の3号は普段使われない渡り線を通ります。大船駅東海道線ホームを9時ちょうどに発車し、横浜駅の手前で東海道線から横須賀線に転線するのです。ここを通る定期列車はありません。ダイヤ乱れの時にだけ臨時に使用されると思います。まず横浜駅の手前で東海道線上り線から横須賀線下り線の転線する様子です。ここはシーサスクロッシングになっています。線路はサビが出ています。

1_20210503182901

 さらに横須賀線下り線から横須賀線上り線に移るところです。車内アナウンスで「線路横断するので揺れに注意」と言っていました。「ポイントを通過する」という言葉はよく聞きますが、「線路横断」というのは初耳です。

3_20210503184101

 東海道線から横須賀線への転線は戸塚で行われることが多いので貴重な体験でした。車両は185系だったので座席は完売で、ホームや沿線には撮り鉄が集結していました。

 先日西川口駅で未成年の撮り鉄が中学生を押し倒し頭蓋骨骨折の重傷を負わせたのは、このあしかが大藤まつり号を撮影するためでした。撮影場所を巡るトラブルは今に始まった話ではありませんが、大勢の人が集中する場所での撮影では自分の満足いく撮影ができないこともあることは想定の範囲であり、今回もこんなところから撮る人がいるのだと驚くようなところから撮っている人も多く見かけましたから、やはりいい写真を撮るならそれなりの労力は必要でしょう。これは鉄道写真に限った話ではありません。

 

« ぐるっと千葉鉄道の旅(勝浦、館山) | トップページ | 立川駅2番線発中央線上り渡り線通過 »

渡り線・回送線・車庫線」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ぐるっと千葉鉄道の旅(勝浦、館山) | トップページ | 立川駅2番線発中央線上り渡り線通過 »