ただいまの時間

2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

『ミスターKの乗り鉄日記』の過去の記事はここから調べられます

ミスターKの乗り鉄旅日記ランキング

アクセス情報

無料ブログはココログ

« 小田急車庫めぐりミステリーツアー前編(小田原駅入換え) | トップページ | 小田急車庫めぐりミステリーツアー前編(車内イベント) »

2021年4月28日 (水)

小田急車庫めぐりミステリーツアー前編(開成車庫)

15_20210418094601

 13時17分、開成車庫4番線に入線する。我々の編成に続いて足柄で追い越した4両も隣の線路に停車したようだが、6号車からは見えない。

16_20210418095001

 開成車庫は留置線が3本のみとこじんまりしているが、夜間留置が3編成行われる関係で乗務員宿泊所が併設されている。ここで泊まりになるときは朝小田原まで回送し、小田原から新宿まで通しの乗務になるので、乗務員は前日から食事や水分の摂取に気を使うという。乗務員宿泊所は個室になったのでありがたいと言っていた。小田原から新宿まで交代なしの通しの乗務を新宿直というらしい。

17_20210418094601

 開成駅前にはNSE3100型が静態保存されている。散りかけた桜の後ろに見えている。NSEの設計速度は170キロで、一方最近の車両はGSEでも120キロとのことで、NSEは技術的にも素晴らしいようだ。

 ここで車両運輸部のダイヤ担当からお話がある。小田急ではダイヤ担当が平日、土休日各1名いて、列車本数、種別、接続駅をどうする、向ヶ丘遊園、町田駅、本厚木のY線の使用などで頭を悩ませているとのこと。ダイヤ乱れが起きた時に波及しにくいダイヤをめざしたり、東京メトロ、JRの車両使用料を相殺するよう走行距離を調整するのも大変で、また車両の検査に周期なども考慮する必要もあり、各部署との調整も必要とのこと。勉強を重ねてより良いダイヤを目指したいと締めくくった。

 13時45分開成車庫発。配線の関係で新宿方には出場できないようになつているので、再び小田原に向かう。小田原で連結するようだ。

« 小田急車庫めぐりミステリーツアー前編(小田原駅入換え) | トップページ | 小田急車庫めぐりミステリーツアー前編(車内イベント) »

旅日記」カテゴリの記事

渡り線・回送線・車庫線」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 小田急車庫めぐりミステリーツアー前編(小田原駅入換え) | トップページ | 小田急車庫めぐりミステリーツアー前編(車内イベント) »