ただいまの時間

2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

『ミスターKの乗り鉄日記』の過去の記事はここから調べられます

ミスターKの乗り鉄旅日記ランキング

アクセス情報

無料ブログはココログ

« 風祭駅かまぼこの里口 | トップページ | Go To トラベル 嵐電西院車庫の旅(京かるね) »

2020年12月16日 (水)

Go To トラベル 嵐電西院車庫の旅(ひかり553号)

1_20201215230301

 嵐電の西院車庫に乗り入れる列車が運行されることになり、その参加券が入手できたので、12月5日に日帰りで行ってくることにした。

 今回は京都日帰りとなるのでJR東海ツアーズの日帰りワンデイ京都スタンダードプランを利用した。JR東海キヨスクの1,000円利用券が付いて往復14,500円とそれだけでも割安なのだが、さらにGo Toトラベルキャンペーン割引適用で9,425円となり、さらに地域共通クーポンが2,000円付くので実質交通費は6,425円と新幹線正規往復料金の3分の1以下になる。Go Toキャンペーンには賛否両論あり、感染防止策上は問題も大きいが、せっかく京都に行くのであるから利用しない手はない。

 まず新横浜始発6時ちょうどのひかり553号でスタートする。私は6号車のD席が指定されているが、すでにE席に着席している人がいたので、人との接触を避けるため、とりあえず自由席に移動した。自由席は新横浜始発でガラガラなので混んできたら指定席に戻ることにして、車掌が車内改札に来たら申告しようと思う。

 この列車は小田原、静岡、名古屋と停車していくが、どの駅でも指定席はかなり行列しているのに自由席は乗ってくる客は少なく、5号車は最大でも15%程度の乗りだった。車掌は車内を何度も往復するのに結局車内改札はなく、自由席の3人掛けをひとりでゆったりと占領できた。私が言うのも説得力がないが、私の場合はいざとなれば同じ列車の自分の指定された席に戻ればいいだけだが、切符の種類によっては予定の列車に乗り遅れてしまった場合、後続列車に乗車できない切符もあり、そういう人が勝手に後続列車に乗ったりしていないか車掌がチェックすべきなのだが・・・それとも最近は自由席の車内改札は行われていないのだろうか。

« 風祭駅かまぼこの里口 | トップページ | Go To トラベル 嵐電西院車庫の旅(京かるね) »

旅日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 風祭駅かまぼこの里口 | トップページ | Go To トラベル 嵐電西院車庫の旅(京かるね) »