ただいまの時間

2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

『ミスターKの乗り鉄日記』の過去の記事はここから調べられます

ミスターKの乗り鉄旅日記ランキング

アクセス情報

無料ブログはココログ

« 皆実町六丁目デルタ線の旅(広電本社前まで) | トップページ | 皆実町六丁目デルタ線の旅(デルタ線通過) »

2020年12月 8日 (火)

皆実町六丁目デルタ線の旅(車両撮影会)

 広電本社前で約束の時間にTさんと落ち合い、参加証を受け取るとともに立て替えてもらっていた代金を支払う。

5_20201206104801

 このイベントはまず千田車庫内での車両撮影会から始まる。全部で8両ほどが横一列に停車している。それぞれ日本各地で活躍していた車両で、約半数が戦前に製造された車両だ。我々が通常利用するもので戦前のものがいまだに使われているのは鉄道以外で他にあるだろうか。宮脇俊三さんも著作の中で「鉄道は妙に粘り強いところがある」といっていたが、まさにその通りだ。

6_20201206104801

 最初の20分間は車両内部の撮影となる。

7_20201206104801

 車内の撮影が終わると今度は車両自体の撮影会となる。

8_20201206104801

 最初は各車両の前に制服姿の乗務員が立っての撮影で、それが終わると乗務員無しでの撮影となった。私は車両自体にはそれほど興味がないのでサッと撮影を済ませた。

 今回チケットを手配してくれたTさんは私と同様、普段乗れない路線に乗ることに執念を燃やしている方で、情報交換させていただいたが、12月の秩父鉄道のイベントは貨物線に入ることは間違いないだろうとことで、19日分を予約してあるようだ。

« 皆実町六丁目デルタ線の旅(広電本社前まで) | トップページ | 皆実町六丁目デルタ線の旅(デルタ線通過) »

旅日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 皆実町六丁目デルタ線の旅(広電本社前まで) | トップページ | 皆実町六丁目デルタ線の旅(デルタ線通過) »