2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

『ミスターKの乗り鉄日記』の過去の記事はここから調べられます

無料ブログはココログ

« 第16回伊豆急全線ウォーク(完歩賞引き換え) | トップページ | ニューデイズ鉄道の日キャンペーン「ベロネーズ風ドッグ」 »

2020年10月13日 (火)

第16回伊豆急全線ウォーク(大渋滞)

 伊豆急下田駅での完歩賞の引き換えを終えて、13時30分、帰路に着く。帰りは行きとは異なり、修善寺経由で帰ろうと思っている。行きは目立った渋滞もなかったが帰りはどうなるだろうか。今日は4連休の3日目だが、前2日は各地で大渋滞が起きていて、コロナ自粛も一段落し皆が一斉に出かけ始めたようだ。

21_20201010080801

 来た道を引き返し、河津の手前で修善寺方面に左折する。河津七滝ループ橋を回転しながら上り、道の駅で休憩する。このあたりまでは交通量は多いものの渋滞もなく、天気も回復したので快適なドライブだ。

 無料の伊豆縦貫道に乗り、修善寺インターで降り、宇佐美方面に抜ける。山中を進み、伊豆サイクルセンターの前を通る。ここは自転車のテーマパークのようなところでさまざまな自転車アトラクションが楽しめ、私が中学2年の時家族旅行で訪れたところだ。

 伊豆スカイラインの亀石峠を越えて、宇佐美への急勾配を下り、国道135号線に合流する。海岸沿いを北上し、網代の手前あたりから渋滞が始まった。午後4時頃である。歩いたほうが速いスピードで遅々として進まない。

22

 これが熱海市内まで続いた。熱海市内はスムーズに通過でき、熱海ビーチラインを快調に進み、真鶴道路に入る。そこまでは良かったが、真鶴道路に入った途端に全く動かなくなった。全長1.6kmの真鶴トンネルを抜けるのに1時間以上かかり、トンネルを出た時には日が暮れていた。この真鶴トンネルは海面下を走るので地震発生時に避難を呼びかける掲示があり不安になる。

 真鶴道路を2時間以上かけて抜けて、小田原に着いたのが19時30分頃で、西湘バイパスに入ると途端にスムーズに動き出した、と喜ぶのも束の間、再び渋滞が始まった。

 結局、この後も随所で渋滞が頻発し、家に着いたのは22時過ぎだった。行きの2倍以上の時間がかかり、すっかり体力を消耗した。翌日が休みで良かった。渋滞が予想される場合、車での移動は年齢的にも限界かもしれない。コロナ禍ではあるものの今後の伊豆行きは鉄道にしようと心に決めた。

 これで第16回伊豆急全線ウォークを終わります。

« 第16回伊豆急全線ウォーク(完歩賞引き換え) | トップページ | ニューデイズ鉄道の日キャンペーン「ベロネーズ風ドッグ」 »

伊豆急全線ウオーク」カテゴリの記事

コメント

どうもお疲れ様でした (^ ^)

休日の135号線は怖いですね。伊豆スカイラインをそのまま行って箱根ターンパイクから西湘バイパスに出るか、まっすぐ芦ノ湖スカイラインを通って御殿場に出るか、選択肢はありますが結局どれも渋滞かも知れませんしね。

ただウソかマコトか会社の無法者が5月に横浜から下田に行った際は3時間かからなかったそうです。コロナ自粛下にどんだけ飛ばしたんだって話ですが、妹さんが急病だったそうなので見逃してあげてください。

ミスターOHさん、こんにちは。

スマホで渋滞情報を確認したのですが、どのルートでも渋滞していました。あきらめて行きと同じルートで帰ってきました。この日はどうあがいても大差なかったと思います。

基本は混む時に出かけないということでしょう。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 第16回伊豆急全線ウォーク(完歩賞引き換え) | トップページ | ニューデイズ鉄道の日キャンペーン「ベロネーズ風ドッグ」 »