2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

『ミスターKの乗り鉄日記』の過去の記事はここから調べられます

無料ブログはココログ

« 第16回伊豆急全線ウォーク(西湘バイパスまで) | トップページ | 第16回伊豆急全線ウォーク(伊東→富戸) »

2020年10月 6日 (火)

第16回伊豆急全線ウォーク(真鶴道路→伊東)

2_20201004095401

 西湘バイパスの終点は、箱根新道と真鶴道路の分岐になっていて、私は真鶴道路へと進む。西湘バイパスは少し高い位置から海を見下ろすように走行するが、真鶴道路は海岸のすぐ脇を低い位置で進んでいくシーサイドラインで絶景が展開する。雲が低くたれこめ、爽快なドライブとはいかないが、それでも気持ちのいいコースだ 。

1

 東海道線の根府川橋梁の下には、ちょうど駐車スペースがあって、行きかう鉄道車両を眺められる。東海道線はこの前後の区間で高台から相模灘を見下ろす絶景区間となる。普段伊豆急全線ウォークに行くときはここから見下ろすことになるので立場が逆転している。

 真鶴道路はETCが利用できないので小銭を用意するよう料金所の手前で告知がある。昔なら当たり前のことだが、ずいぶん煩わしい作業だ。さっき走った西湘バイパスはJHの運営なのでETCが使用できたが、こちらは神奈川県道路公社の運営なのだ。

 真鶴道路が終わると引き続きシーサイドドライブが楽しめる熱海ビーチラインに入るのだが、入り口を間違えたので一般道路で熱海へと進む。高台からチラチラと海を見下ろしながら進んでいく。

3 

 熱海市内は一方通行路などがあり、中心部をジグザグに進んでいく。熱海市内を抜けると、鉄道ならば高台をトンネルで抜けていくが、道路はアップダウンやカーブが多くなり、ハンドルやアクセル操作が頻繁になってくる。時おり線路と並走しながら進んでいく。

4

 伊東駅近くにある道の駅は早朝にもかかわらず駐車場がほぼ満車となっていて、ちょっとびっくりする。

 伊東駅には8時に到着。自宅からちょうど3時間で到着した。渋滞もなく快調なドライブで、これで天気が良ければいうことはない。

 

« 第16回伊豆急全線ウォーク(西湘バイパスまで) | トップページ | 第16回伊豆急全線ウォーク(伊東→富戸) »

伊豆急全線ウオーク」カテゴリの記事

コメント

お疲れ様です ( ^∀^)

熱海ビーチラインの入り口はちょっと分かり辛いんですよね。自分は真鶴道路を出た後に左車線をキープして慎重に左に入ります。とても気持ち良いドライブコースです。

あと前回の西湘バイパスですが、下りPAはまだ仮設状態みたいですね。あそこの施設裏手から眺める相模湾も素敵ですので早く復旧して欲しいです。

ミスターOHさん、こんにちは。

熱海ビーチラインはおっしゃる通り、左車線キープならスムーズに分岐できますね。この辺りを車で走るのは20年ぶりくらいでした。

帰りはしっかりと熱海ビーチラインを走りました。真鶴道路と似た感じでシーサイドドライブが楽しめますね。

西湘バイパスのパーキングにも立ち寄りましたけど、まだ仮設トイレだけでした。このパーキングからの合流車線は短いので冷や汗をかきました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 第16回伊豆急全線ウォーク(西湘バイパスまで) | トップページ | 第16回伊豆急全線ウォーク(伊東→富戸) »