2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

『ミスターKの乗り鉄日記』の過去の記事はここから調べられます

無料ブログはココログ

« 準急穂高 | トップページ | ステーションレストラン ザ・セントラル »

2020年8月23日 (日)

北海道から鹿児島まで日本列島鉄道縦断ツアー

Dsc01197

 小田急トラベルで「北海道から鹿児島まで日本列島鉄道縦断ツアー」が募集されています。日本最北端の稚内駅から最南端の西大山駅まで、鉄道を乗り継いで3日間で縦断するツアーです。このツアーの特徴は観光もせず、ひたすら多くの列車を朝早くから夜遅くまで乗り継ぐ旅で、一般の旅行者への配慮は全くない乗り鉄専用の旅行なのです。

 初日は稚内発6時36分の特急サロベツでスタートし、6本の列車を乗り継ぎ、青森駅に22時01分に着きます。列車の乗り換え時間は最短で10分、最長で2時間43分で、街中をゆっくり観光する時間はありません。

 翌日は青森駅発7時24分の列車でスタートし、13本の列車を乗り継ぎ、うち11本が新幹線です。金沢回りでのルートで東北新幹線、上越新幹線、北陸新幹線、東海道・山陽新幹線に乗車します。その日は小倉に23時29分に着きます。国内の旅行ツアーで到着がこんなに遅いのは珍しいでしょう。

 最終日は小倉発7時16分でスタートし、指宿枕崎線の西大山駅には11時54分に到着し、日本縦断は終了し、バスで鹿児島中央駅に戻って現地解散となります。

 旅行代金はホテル代込みで大人1名155,000円で、GO TO トラベルキャンペーン適用で42,000円減額となります。私も興味がありますが、鉄分の濃い乗り鉄15名と3日間も顔を突き合わせることを考えると敬遠したい気持ちもあります。しかし15名募集ですでに満員で、キャンセル待ちも終了しているとのことで、人気のほどが分かります。この人気を考慮して今後もこのようなツアーが出てくるかもしれません。

« 準急穂高 | トップページ | ステーションレストラン ザ・セントラル »

鉄道雑感」カテゴリの記事

コメント

 私も小田急トのツアーには飛びつきそうになりましたが、まだ感染の危険があるので止めておきました。稚内まで自費でゆき、鹿児島から自費で自宅するので、費用としてはかなり高額なものになりますね。鉄道ファンだけで3日間過ごすというのはどんな雰囲気のツアーなんでしょうねえ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 準急穂高 | トップページ | ステーションレストラン ザ・セントラル »