2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

『ミスターKの乗り鉄日記』の過去の記事はここから調べられます

無料ブログはココログ

« 2020年6月 | トップページ | 2020年8月 »

2020年7月

2020年7月31日 (金)

新津中新田郵便局風景印

C23e21c4825d4d4c9fd9c0a1a3e35b21

新津中新田郵便局の風景印です。新津鉄道資料館に静態保存されている200系新幹線とC57蒸気機関車です。後ろに見えるのは約1kmに渡って延びる満願寺のはさ木並木です。

2020年7月29日 (水)

遠野郵便局風景印

Dc61a32ab92845b6b987197938c1aea5

遠野郵便局の風景印が更新されました。釜石線の宮守川橋梁、通称めがね橋のデザインです。橋梁をSLが走っているとなお良かったです。よく見ると川童も描かれています。

2020年7月28日 (火)

秋田駅トピコ郵便局風景印

C86e453723f34703a76e1234faa6f181

秋田駅トピコ郵便局の風景印です。秋田駅ビルトピコ、竿灯祭り、E6系新幹線こまちがデザインされています。秋田を代表するものがしっかりとまとめられています。

2020年7月27日 (月)

イオンモール高岡内郵便局風景印

4610e2a943f1483084eeb70719be20fb

イオンモール高岡内郵便局の風景印です。北陸新幹線新高岡駅に隣接するイオンモールにある郵便局です。W7系がデザインされています。

2020年7月26日 (日)

八王子西郵便局風景印

Fc713b7732784e6faa8b598081b64c4d

八王子西郵便局の風景印です。昨年更新されました。高尾山薬王院の大天狗、小天狗と高尾登山電鉄のケーブルカーがデザインされています。高尾登山電鉄のケーブルカーは日本一の急勾配として知られています。608‰の勾配です。

2020年7月25日 (土)

富山総曲輪通り郵便局風景印

2063a08dd0c2456db2680d0342182383

富山市にある総曲輪通り郵便局の風景印です。郵便局に移転改称に伴い、風景印も更新されました。立山連峰をバックに走る路面電車の図案です。新型の低床電車でなく昔ながらの7000形車両を選んだ担当者はどのような方なのでしょうか。

2020年7月24日 (金)

駅のスタンプラリー

Img_4205_20200723072901

 7月22日から首都圏のJR東日本の駅で「駅のスタンプ」ラリーが開催されています。最近駅のスタンプがリニューアルされたことに伴うもので、8月16日までの予定で行われます。出勤の前後を利用して、さっそく初日に行ってきました。

Img_4207_20200723072901

 首都圏78駅に新たに設置されたスタンプを押して回るもので、78駅中15駅押印することが条件です。そのうち高輪ゲートウェイ、上野、千駄ヶ谷が必須で、それ以外は自分の任意で選べます。15駅押印した後に指定のニューデイズ でスイカ等で500円以上買い物をすると、ラリー限定の鉄道花札がもらえるという企画です。今の時代に花札とはレトロすぎます。

 スタンプラリーは鉄道各社で夏休みなどに行われる定番のイベントで、私もウルトラマンスタンプラリーなどに参加しました。ウルトラマンスタンプラリーは大人気で、早朝からどこのスタンプ設置場所でもかなり行列していましたが、今回は目立った混雑はありませんでした。コロナの影響なのか、賞品が花札と地味なせいなのか。また、以前のスタンプラリーでは一人で何枚もスタンプ帳を持って押している人をよく見かけましたが、今回はそういう人はいませんでした。年齢層も高めで40代以上が中心と思われました。

Img_4206_20200723072901

 リニューアルされたスタンプは各駅の漢字一文字をモチーフに駅周辺のゆかりのものを図案化しており、なかなか凝っています。

 コロナの影響で外出自粛が求められていますが、スタンプ脇には消毒液も備えてあるので、外出の折りに参加してみてはいかがでしょうか。

 

 

 

2020年7月23日 (木)

新宿駅東西自由通路完成

Img_4192 新宿駅の東西自由通路が完成しました。新宿駅は東口と西口を直接結ぶ通路がなかったので、新宿駅の東西を移動するには入場券を買って駅構内を通行するか、南口側や丸ノ内線新宿駅付近を大回りするしかなく、東西の行き来が不便だったのですが、それが解消されました。北通路があったところが拡幅され、一般の通り抜けができるようになったのです。改札は撤去されたのですが、発車案内板はそのまま残っています。この案内板の下に自動改札がありました。

Img_4198

 広々とした通路。早朝なので人影はまばらでした。

Img_4199

 新しい改札は自由通路の脇の東口寄りと西口よりの2か所設置されました。

Img_4203

 この通路の完成により、小田急、京王利用者の新宿駅通過サービスは廃止になりました。中央東改札にあった小田急、京王専用の券売機は使用中止になり、小田急、京王の客は東西自由通路を経由して、直接それぞれの会社の改札を通るようになりました。

2020年7月22日 (水)

高輪ゲートウェイ駅開業記念缶ビール

788710a1d3a24e77a4cda27aeb7131cc

高輪ゲートウェイ駅開業記念缶ビールです。先日購入しました。開業から4ヶ月も経っているのにまだたくさん売っていましたが、ロング缶のみの販売でした。駅と山手線E 235系電車の図面のようなイラストです。

2020年7月21日 (火)

釧路臨港鉄道の風景印

88d92acd22da45dda98666798a4f4e42

釧路住吉郵便局の風景印です。昨年廃止された太平洋石炭販売輸送(旧釧路臨港鉄道)の石炭列車と春採湖、釧路市立博物館がデザインされています。

釧路市立博物館には石川さんという鉄道にも詳しい学芸員がいらして、釧路の鉄道に関連する風景印をいくつも手掛けています。これもそのひとつではないでしょうか。

2020年7月20日 (月)

TOUCH TO GO 高輪ゲートウェイ駅店

Img_4187

 高輪ゲートウェイ駅には無人コンビニ「TOUCH TO GO 高輪ゲートウェイ駅店」があります。最近セルフレジのコンビニはよくありますが、無人のコンビニは珍しいです。

 店内にはいくつものカメラが設置されていて、客がどの商品を取ったかを捕捉し、レジ前に立つと商品のバーコードをスキャンすることなく金額を確定し、電子マネーで支払いを完了する仕組みです。

Img_4183

 どれくらいの精度があるのか気になり、私はいくつかの商品を取ったり戻したりしてから、レジに向かってみましたが、誤りなく瞬時に金額が示されました。

Img_4182

 商品の陳列棚は普通のコンビニよりかなり余裕のある感じで配置してあるので、商品の位置をあらかじめ記憶させておき、その位置によりどの商品を取ったかを判別するようです。誰かが間違えた位置に戻すと正しく金額が計算されないかもしれません。会計が済むとゲートが開いて店を出られます。レジ袋の要否を問う画面は出ませんでした。環境に配慮されたレジ袋が使用されているようです。

 こういう無人コンビニの場合、年齢確認が必要なアルコールやタバコの販売はされていないのではないかと思ったら、ここではアルコールは販売されていました。画面上で年齢を確認中ですというメッセージが出たので、画像から年齢を推定しているのでしょうか。そのあと、20歳以上であることを自分自身で確認する画面に遷移しましたので、私はコンピュータにより20歳以上と判断されたようです。

 この店では電子マネーしか使用できないので、電子マネーを持たずに入ってしまった人は「商品を買わずに出る」という画面をタッチするとゲートが開いてそのまま出られます。

 商品をいちいちスキャンしないので会計のスピードは普通のコンビニよりかなり速いです。利用する側が電子マネー誌腹に慣れればレジの処理時間がかなり短縮されそうです。皆様も一度試してみてはいかがでしょうか。

2020年7月19日 (日)

飯田橋駅ホーム移設

飯田橋駅のホームが新宿寄りに200mほど移設されたので、先日その様子を見てきました。

Img_4150_20200718110201

 飯田橋駅はカーブの途中にホームがある関係で、列車とホームの間が広く開いているところがあり、乗客がその隙間からホームに転落する事故が後を立ちませんでした。

Img_4153

 ホーム監視用のお立ち台もありました。

 今回、その危険を除去するためホームを移設することになりました。飯田橋駅は1928年に牛込駅と飯田町駅を統合する形で両駅の中間に開業しました。飯田橋駅開業後は旧牛込駅付近には引き上げ線が設けられ、飯田橋駅発着の列車の折り返し線として利用されていました。その後飯田橋駅発着の列車がなくなり、引き上げ線は使用されず空きスペースとなっていましたが、そこにこの移設ホームができました。今から90年も前の昭和初期に不要になったものが、令和になって再び日の目を見るようになったのです。

Img_4136

 新しいホームはホームの柱などが黒を基調にしたイメージです。ホームの幅は旧駅ほどは広くありません。ホームドア設置の下準備もされているようですが、今回の開業には間に合わなかったようです。かつてのホームは引き続き東口への通路として使用されていますが、東口利用者は今までより2分くらい余計にホームを歩かされることになるので不便になりました。また、ホームの途中でこう配がレベル(水平)から1000分の18.5に変わっているので電車の発着は慎重を要しそうです。

Img_4161

 今回駅舎も新しくなりました。ホームを同様に黒を基調にした色合いです。階段やエスカレーターが狭いのが難点で、ラッシュ時に混雑しそうです。駅構内のお店はニューデイズを除いて、これから開業するようです。

2020年7月18日 (土)

夏の北海道のんべえフェア

Img_4930

 ニューデイズで、夏の北海道のんべえフェアが開催中です。北海道のビールやハイボール、おつまみなどを家で食べて「おうちで北海道気分」に浸ろうというキャンペーンです。

Img_4929

Img_4931

 例年だと夏来たキャンペーンとして、パンやスイーツなどの限定品も販売されるのですが、今年はコロナで縮小気味なのは残念ですが、それでも関東地方でサッポロクラシックや北海道限定のお酒が買えるのはありがたいです。私もさっそくのんべえを楽しんでいます。

2020年7月17日 (金)

シュッシュポポン御徒町店

Img_4946

 会社の人からKさんにおすすめですよ、行ったことあります?と言われて御徒町駅前吉池ビル8階にあるハンバーガーレストラン「シュッシュポポン」という店に行ってきました。

Img_4939

 この店は店中にNゲージのレイアウトが張り巡らせてあるのです。どの席に座っても目の前か隣がレイアウトになっています。

Img_4940

 グッズコーナーも充実しています。

Img_4943

 メインのハンバーガーもボリューム満点です。130gのミディアムレアのハンバーグに、たっぷりのポテト、ドリンクが付いて1,100円です。ハンバーグは紙袋に入れて肉汁がこぼれないようにして食べますます。

Img_4942

目の前を行く模型を眺めながら、食事も進みます。勤務先のすぐ近くにこんなお店があるとは全く知りませんでした。皆様にもぜひともおすすめしたいお店です。模型だけでなく眼下を行く山手線、京浜東北線、上野東京ラインも眺められるトレインビューレストランでもあります。

2020年7月16日 (木)

函館市電シール切手

B9a9db8fe14441b9b3dae60b79874b35

先日郵便局で見かけて買った「ふるさと切手観光名所函館」です。函館の観光名所が5枚のシール切手になっています。

図柄は函館ハリストス正教会、旧函館区公会堂、五稜郭タワー、金森赤レンガ倉庫、路面電車「ハイカラ號」です。切手部分ではない地の部分には青函連絡船も見えています。きれいなイラストで使うのがもったいないです。

最後に函館に行ったのは4年前ですが、この切手でまた出かけたくなりました。早くコロナが終息することを願っています。


2020年7月14日 (火)

友近・礼二の妄想トレイン

 

1221bc65407345bb853a462a15f01407

日テレBS6月から「友近・礼二の妄想トレイン」という番組が放送されています。友近さんと中川家礼二さんが司会を務め、女子鉄アナの久野知美さんがアシスタントで、その他にゲストで鉄道好きの男性タレント、旅好きの女性タレントが出演しています。今までには六角精児さんやダーリンハニーの吉川さんなどが出演しています。

この番組の特徴は、実際に旅するのではなく、旅の計画を立てることに主眼を置いて進行していく今までにない視点にあります。毎回どこかの目的地が設定され、そこにいく乗り物や現地でのグルメ、泊まる温泉やホテルなどを参加者で決め合い、プランが決まっていきます。鉄道好きの出演者が多いので、乗り物も凝ったものが多いです。今までには雪月花やスーパーはくと、サンライズ瀬戸号などが選ばれました。

旅の計画を練るのは実際の旅よりも楽しいもので、私も乗り鉄の計画を立てるとき、どことどこを回って、何時の列車に乗って、ここで食事をして、ここに寄っていると時間がないから、ここはやめにしておこうとか、いろいろ試行錯誤しながら計画を立てています。この番組を見ていても、こういうプランがあるのかとか、いろいろ参考になります。また番組の中で織り込まれる鉄道トークも楽しいです。

コロナ禍の旅ができない状況で生まれた番組ではありますが、意外と楽しくかつためになるので毎回楽しみに見ています。鉄道ファンの方もそうでない方もぜひご覧になってはいかがでしょうか。

 

 

 

 

 

2020年7月 8日 (水)

「江戸城外堀史跡展示広場」外堀と鉄道

E6108fd509ab4288b889d9fd3ef04f15

四谷駅の麹町口改札脇に「江戸城外堀史跡展示広場」というコーナーがオープンしました。四ツ谷駅周辺に点在する江戸城の外堀の遺構と、明治以降の鉄道の歴史を紹介するコーナーです。

中央線の四ツ谷駅から御茶ノ水駅にかけては、外堀の際に鉄道が敷設されていますが、建設当時、景観に配慮した建設がなされるよう東京市から甲武鉄道に指導があったようです。

この区間はそういった地形をうまく活用しており、明治期に建設されたにもかかわらず、踏切がないのも、そういった指導があってのことでしょう。

6d28d368cbd440048366e2a2128ee3a7

コーナーにはレールも展示されていましたが、これが甲武鉄道当時のものかは確認し忘れました。意外と新しく見えたので、そうではなさそうな気がします。

全体的にコンパクトな中に多くを盛り込み過ぎた感があり、自分自身でさらに勉強を進めないと真髄を理解できない印象を持ちましたが、乗り換え時間の合間などに、江戸から明治の歴史に触れることのできるコーナーではありますので、お立ち寄りの際は足を止めて見学する価値はあります。

« 2020年6月 | トップページ | 2020年8月 »