2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

『ミスターKの乗り鉄日記』の過去の記事はここから調べられます

無料ブログはココログ

« 逆線入線京王線高尾駅5番線 | トップページ | 大王製紙専用線の旅(初めに) »

2020年3月11日 (水)

京王御陵線橋脚跡

Dsc00319

 かつて京王線には北野駅と多摩御陵前駅とを結ぶ御陵線という路線がありました。大正天皇が埋葬されている多摩御陵までの連絡手段として1931年に開業しました。しかし、太平洋戦争の戦局悪化に伴い不急不要路線として1945年に廃止になりました。御陵線のような皇室に関する路線も不急不要路線として廃止されるほど戦局は悪化していたようです。

 この道路は今の高尾線山田駅から北西に進む道路で、御陵線の廃線跡を拡幅した道路です。 

Dsc00324 

 御陵線はその後、南浅川を鉄橋で渡ります。その先は高架になっていたようです。今は住宅地となっていますが、廃線跡に橋脚が2本残っています。廃線から75年を経ても、ここだけは取り壊されることもなく残っています。

Dsc00325

 現在この橋脚は誰の所有になっているのか分かりませんが、現在は隣地との境の巨大な壁となっています。

Dsc00326

 取り壊すにも撤去費用が掛かるので、そのままになっているのでしょうか。戦死した夫の帰りを待つ戦争未亡人のようでもあります。

« 逆線入線京王線高尾駅5番線 | トップページ | 大王製紙専用線の旅(初めに) »

廃線跡」カテゴリの記事

コメント

2月中旬、御陵線の遺構が現れました。

アパート解体現場からカルバートと思われるコンクリート塊
でした。その日のうちに砕かれ撤去されてしました。

もう遺構はないと思っていただけに、驚きでした。

清ちゃんさん、はじめまして。

貴重な情報ありがとうございます。せっかくの遺構なのに残念ですね。どのあたりで見つかったのでしょうか。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 逆線入線京王線高尾駅5番線 | トップページ | 大王製紙専用線の旅(初めに) »