2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

『ミスターKの乗り鉄日記』の過去の記事はここから調べられます

無料ブログはココログ

« NACK5「スギテツのGRAND NACK RAILROAD」 | トップページ | JAPAN RAILWAY JOURNAL »

2020年2月19日 (水)

NHK「鉄旅・音旅 出発進行!~音で楽しむ鉄道旅」

Img_3681  

 NHKラジオ第1放送では毎週土曜日16時から「鉄旅・音旅 出発進行!~音で楽しむ鉄道旅 という番組が放送されています。

 スーパーベルズの野月貴弘さん、女子鉄アナの久野知美さん、歌手の土屋礼央さんを中心に、ラジオらしく列車走行音や車内アナウンスなど音を素材とした録音を聞きながら番組が進行していく新しい趣向の番組です。 貴重な音源も多く、楽しみな番組です。この番組も後からアプリやホームページから聴くことも可能なのでありがたいです。

 この番組は4月からは放送時間帯が月曜日20時05分に変更されるようです。従来だと相撲中継があるときは番組が運休となりましたが、それもなくなります。 

« NACK5「スギテツのGRAND NACK RAILROAD」 | トップページ | JAPAN RAILWAY JOURNAL »

鉄道雑感」カテゴリの記事

コメント

いつも楽しく聞いてます。
私は電車に乗りながらビールを飲んで車窓を楽しむのが至福のひと時です。
今回の秋田内陸線特集は楽しみにしておりました。内陸線の景色は日本の原風景を実感出来る鉄道で特に冬は水墨画のような素晴らしさがあります、が、
私には物足りなさながあります、
その訳は乗車時間の短さにあります。

私の実家は埼玉にあり、帰省する際は かつての寝台特急あけぼのA個室シングルデラックスに乗り洗面台に氷を敷き詰めビールを大量に持ち込み約8時間の乗車時間は寝るのを惜しんで乗って帰るのが常でした。
2014年あけぼのが廃止となり今は直通で首都圏まで行ける列車は新幹線だけになってしまい、少しでも長く列車に乗りたい私としてはわずか4時間程度で首都圏に行ける新幹線では満足できず、帰省する時はあえて秋田から特急いなほで新潟、新潟から新幹線で東京、
帰りは品川から仙台まで特急ひたち、仙台から新幹線で秋田、それぞれ乗り換えはありますが共に約6時間も乗車出来るので呑み鉄としては満足です。
人々が活気に溢れ、時が現在のよりもゆっくり動いていたように感じた昭和時代、
令和となった今、早く目的地に着く列車も必要ですが、あえて昭和の頃にあった約10時間かけて走る鈍行、急行の長距離列車があっても良いのではないでしょうか。


秋田県秋田市 呑み鉄 よしお 57歳

呑み鉄よしお様、初めまして。

大宮が実家とは私と同じですね。長距離を走るのんびりとした急行列車が走る時代は懐かしいです。急行十和田、阿蘇、くにさき、まりも、利尻、大垣夜行など楽しい思い出です。スピードが求められる時代ですが、旅の仕方を工夫することで、お酒を友に長時間乗り続けることもできるわけですね。これからもよろしくお願いします。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« NACK5「スギテツのGRAND NACK RAILROAD」 | トップページ | JAPAN RAILWAY JOURNAL »