2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

『ミスターKの乗り鉄日記』の過去の記事はここから調べられます

無料ブログはココログ

« 花園への道、再び(阪急大阪梅田駅) | トップページ | 花園への道、再び(開会式) »

2020年1月 6日 (月)

花園への道、再び(花園ラグビー場まで)

Dsc01610  阪急大阪梅田駅のカフェでトレインビューを30分ほど楽しんだ後、花園ラグビー場へと向った。花園ラグビー場の最寄り駅は近鉄奈良線の東花園駅だが、今回私は近鉄東大阪線の吉田駅から向かってみた。堺筋線、中央線と乗り継ぎ、近鉄吉田駅に到着した。この駅は鉄道の高架橋の上にさらに高速道路が通っているという珍しい構造だ。

Dsc01613 ホームは相対式22線なのだが、改札口はそれぞれ独立してあり、間違って入ると、改札内での移動ができない構造となっていて珍しい。

Dsc01615  ここから徒歩で花園ラグビー場に向かう。マンホールには「ラグビーのまち 東大阪市」と描かれている。地元全体でラグビータウンをアピールしている。ラグビー場自体も近鉄の所有から東大阪市の所有に変わったようだ。先日開催されたラグビーワールドカップでもここが会場になった。

 吉田駅からは約15分くらいで到着。このルートで会場に向かっているのは私だけのようだ。

Dsc01616   メインスタンドの裏を抜けると、開会式の直前で、入場行進に備えた選手たちが集結していた。

 

 

 

« 花園への道、再び(阪急大阪梅田駅) | トップページ | 花園への道、再び(開会式) »

旅日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 花園への道、再び(阪急大阪梅田駅) | トップページ | 花園への道、再び(開会式) »