2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

『ミスターKの乗り鉄日記』の過去の記事はここから調べられます

無料ブログはココログ

« 九州レア線乗り歩き(薩摩金山蔵3) | トップページ | 九州レア線乗り歩き(鹿児島空港) »

2019年12月20日 (金)

九州レア線乗り歩き(高見馬場デルタ線)

Dsc01229

 鹿児島市電の高見馬場電停はデルタ線を形成していて、配線上は各方面から2方向に分岐できるようになっているが、実際の運用は固定されていて、鹿児島中央駅から乗るとデルタ線を直進方向に進む系統しかない。しかしおはら祭りが開かれる年に2日だけ、お祭りのため道路が封鎖されるので、デルタ線を右折する臨時運用が行われる。それが昨日と今日で、それにあわせてわざわざやってきたのだ。鹿児島中央駅乗車時は行き先表示は高見馬場だが、高見馬場につくと谷山行きになる。

Dsc01230

 この期間中は鹿児島中央、高見馬場各電停で降りる人は運賃が100円に割引になっている。

Dsc01239

 こちらが高見馬場デルタ線。通常は直進するが、お祭りのため右折する。

Dsc01243

 

Dsc01246

 わずかな区間だが、私にとっては貴重な区間である。

 

Dsc01258

 デルタ線を右折する車両。交差点角から撮影。なお交差点を右側からきて左折する運行は以前朝に1本だけあり乗ったことがある。車両基地が移設されたのでそれが今もあるかは分からない。

« 九州レア線乗り歩き(薩摩金山蔵3) | トップページ | 九州レア線乗り歩き(鹿児島空港) »

旅日記」カテゴリの記事

渡り線・回送線・車庫線」カテゴリの記事

コメント

 各所の渡り線走破、おめでとうございます。
(1)高見馬場のポイント制御装置は、相変わらず道路にむき出しで、路面下に埋設していませんね。車との衝突がないのか心配しています。
 土佐電はりまや橋のものは交差点脇の植え込みの中に、やはりむき出して設置されていましたが、いまは見えない位置(道路下?)に移設されているようです。
(2) 薩摩金山蔵のサードレールはホーム入線直前付近で数センチ切ってありましたので、感電の危険などはないと思いますが、撤去費用の方がかかるのでしょう。
(3)西鉄二日市駅構内の渡り線は、私は1961年ごろ、小学校の遠足で大牟田→大宰府と貸切電車(正面5枚窓200型3連)で乗ったと解釈しているのですが、その当時のままの配線だったのかどうか自信がありません。乗り直しが必要かもしれません。
(4)九州の未乗区間は、折尾付近の大々的線路付け替え区間、春から始まる香椎線~鹿児島本線直通運転、長崎駅高架化線路付け替え区間などになりました。それに何と言っても、沖縄モノレールの伸延区間が丸々残ってしまいました。

railway様、おはようございます。

いろいろ情報ありがとうございます。こういう渡り線や線路移設は気にしだすとキリがないですね。

私も沖縄のモノレールが未乗です。新線はいつでも乗れるので後回しになってしまいます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 九州レア線乗り歩き(薩摩金山蔵3) | トップページ | 九州レア線乗り歩き(鹿児島空港) »