2022年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

『ミスターKの乗り鉄日記』の過去の記事はここから調べられます

無料ブログはココログ

« ヤマザキ ホイップクリームロール | トップページ | 逆線発車 羽沢横浜国大駅構内渡り線 »

2019年12月24日 (火)

三角屋根でまちあわせ

Img_3080

 国立市役所から「三角屋根でまちあわせ」という小冊子が無料で配布されています。旧国立駅舎の歴史について記したものです。旧国立駅舎は1926年建築で、かわいらしい三角屋根の駅舎で知られていましたが、中央線高架下に伴い2006年に惜しまれながら解体されました。しかし、その部材が保存されていて、来年旧国立駅舎が復元されることになっています。

 今回それを記念してヒストリーブックとしてまとめたものが本誌です。全部で20ページほどで、冊子自体が国立駅舎と同じ三角形をしています。

 中身を読んで興味を引くのは、国立駅開業記念祝賀会の時、なぜか柔道大会が開催され、堤康次郎による柔道の模範試合が開催されたという記述です。堤康次郎は西武鉄道の創始者で、国立学園都市の開発を手掛けた大実業家ですが、柔道の大家でもあったのでしょうか。そんな駅舎が来年復元されるのは、とても楽しみです。

 本誌の具体的中身は国立市役所のホームページからもご覧いただけます。

 

« ヤマザキ ホイップクリームロール | トップページ | 逆線発車 羽沢横浜国大駅構内渡り線 »

鉄道関連書籍」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ヤマザキ ホイップクリームロール | トップページ | 逆線発車 羽沢横浜国大駅構内渡り線 »