2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

『ミスターKの乗り鉄日記』の過去の記事はここから調べられます

無料ブログはココログ

« JR・相鉄相互直通運転開始 | トップページ | 芦ヶ久保駅側線入線 »

2019年12月 3日 (火)

羽沢横浜国大駅

Dsc01465

 新駅羽沢横浜国大駅の外観です。ホームは地下なのですが立派な駅舎があります。JRと相鉄の境界駅ですが管理は相鉄によって行われています。

Dsc01464

 券売機が3台しかなく、初日の切符を求める人で大行列です。相鉄では硬券入場券も発売していますが、あまりの行列で諦めました。相鉄の入場券は150円ですが、ここではJRに合わせて140円となっているようです。

Dsc01468

 駅に隣接する横浜羽沢貨物ターミナル。ここは最近E&S(着発線荷役方式)に切り替わったが、ここからはよく見えません。

Dsc01476-2

 11月30日のタモリ倶楽部で相鉄特集があり、番組の中で上りホームの駅名票には出演者によるサインが行われました。ちょっと見づらいがタモリさん、南田マネージャー、土屋礼央さん市川紗椰さん、伊藤壮吾さんのサインがあります。 

Dsc01448

 西谷方には渡り線があり、早朝の当駅始発の下り電車4本がこの渡り線を通って逆線出発します。この日は乗れなかったのですがしっかりと押さえておきたい

 Dsc01455

 武蔵小杉方の配線。左に分岐すると新宿方面、直進すると新横浜、日吉方面の線。直進方は3年後までお預けです。

« JR・相鉄相互直通運転開始 | トップページ | 芦ヶ久保駅側線入線 »

」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。西谷方のポイントを使った逆線出発、ぜひ試してみたいですね。また、この駅のJR券が相鉄地紋で発券されるのも面白いです。

railway様、おはようございます。

逆線出発はいつか早起きして試す予定です。切符の地紋も違うのですね。いろいろ興味が尽きないですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« JR・相鉄相互直通運転開始 | トップページ | 芦ヶ久保駅側線入線 »