2022年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

『ミスターKの乗り鉄日記』の過去の記事はここから調べられます

無料ブログはココログ

« ベビースターラーメン | トップページ | 九州レア線乗り歩き(エアバスA350) »

2019年12月 9日 (月)

九州レア線乗り歩き(羽田空港第1ターミナルビル)

  小田急のイベントに参加した後、いったん家に帰ってすぐにまた出かけた。九州にあるいくつかのレアな区間に乗るためである。目的は西鉄二日市駅構内にある渡り線、福岡市営地下鉄中洲川端駅渡り線、串木野にある薩摩金山蔵のトロッコ乗車、鹿児島市電高見馬場電停のデルタ線乗車だ。このうち西鉄は土日のみ運行、鹿児島市電は年2回のみ乗車可能となっていて訪問するタイミングが難しく、行きたいと思ってから5年以上経過している。

 今回は往復とも飛行機利用で、まず福岡空港に入り博多で一泊し、翌日上記の区間に乗車し、その夜に鹿児島空港から羽田に帰る予定である。JALダイナミックパッケージを利用し、往復航空券代とホテル代合わせて53,000円ほどとなっている。

 福岡空港行きは18時45分発で、出発の2時間ほど前に羽田に着いた。少し時間があるが、この間に羽田空港第1ターミナルビルにあるカードラウンジ3ヶ所を全て利用しようと思っている。最近はANA側の第2ターミナルを利用することが多く、ゴールドカードを持つようになりカードラウンジを利用できるようになって以降は第1ターミナルに行ったことがなかった。

Dsc00962  まず1階到着ロビーにあるパワーラウンジセントラルに行ってみた。ここは保安検査場外にある。仕切りの扉はなく、オープンな構造になっている。入り口でゴールドカードと本日の搭乗券を示すと入室できるようになっているから、到着客は利用できない。

Dsc00960  室内は大きなテーブルがひとつとカウンター席、ソファーがいくつかという構成で、各座席にはコンセントとUSB端子が設置されているので便利だ。

Dsc00965  ここで一休みした後、次のラウンジへ向かう。今度は保安検査場内にあるパワーラウンジノースだ。

Dsc00964  窓に向かって座る席と大きなテーブル、ソファーなどが並んでいる。

Dsc00967  続いて最後に向かったのがパワーラウンジサウスで、ここも似たような構造だったが、こちらの方が混んでいた。これで第1ターミナルビル内のカードラウンジをすべて制覇した。いずれも航空会社のラウンジではないのでアルコール類はない。最近はゴールドカードを持つ人が多いのか、制限エリア内のラウンジは混雑していた。

« ベビースターラーメン | トップページ | 九州レア線乗り歩き(エアバスA350) »

旅日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ベビースターラーメン | トップページ | 九州レア線乗り歩き(エアバスA350) »