2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

『ミスターKの乗り鉄日記』の過去の記事はここから調べられます

無料ブログはココログ

« 2019年北海道鉄道遺産めぐりの旅(道の駅あびらD51ステーション2) | トップページ | 2019年北海道鉄道遺産めぐりの旅(終わりに) »

2019年9月21日 (土)

2019年北海道鉄道遺産めぐりの旅(太平洋フェリー)

   道の駅あびらD51ステーションを後に苫小牧フェリーターミナルへと向かい、ターミナル近くのガソリンスタンドで給油をする。道内での走行距離は5日間で1620km、平均燃費はリッター12.6kmだった。以前の北海道旅行では15km近くも出ることがあったが、車両が老朽化したせいか前ほどは伸びなくなった。それにしても1日平均の走行距離は320kmとなり、ほとんど一般道路の走行だからずいぶん走ったものだ。

Img_3794_r    フェリーターミナルに到着する前後から雨が降り始めてきたが、道内ではほとんど降られることがなかったのは幸運だった。

Img_3795_r    ターミナルビルで乗船手続きを済ませ、乗船まで車で待機する。ライダーの人はこの雨でずぶ濡れになっていてかわいそうだ。船体後部から乗り込む。

Img_3804_r    今回乗る船はきたかみで今年デビューしたばかりの新造船である。スペーストラベルをコンセプトにした船内とのことだが、そのコンセプトはあまり感じられない。しかしどの設備も真新しくてきれいで、やはり新造船に乗る価値はある。

Img_3808_r    本船の出港は19時だが、その15分前に大洗行きのさんふらあが一足先に出港していった。

 レストランや大浴場は出港前から営業している。さっそく大浴場に行ってみたが満員で、あきらめて部屋にあるシャワーで済ませた。部屋のシャワーとは別に大浴場そばにシャワールームもあるので、そちらも利用可能だ。

Img_3819_r    レストランはバイキング形式で夜は大人2,000円で、ビールは別料金で500円になっている。北海道の旅の思い出に浸りながら最後の夜を楽しんだ。

« 2019年北海道鉄道遺産めぐりの旅(道の駅あびらD51ステーション2) | トップページ | 2019年北海道鉄道遺産めぐりの旅(終わりに) »

旅日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 2019年北海道鉄道遺産めぐりの旅(道の駅あびらD51ステーション2) | トップページ | 2019年北海道鉄道遺産めぐりの旅(終わりに) »