2022年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

『ミスターKの乗り鉄日記』の過去の記事はここから調べられます

無料ブログはココログ

« 2019年北海道鉄道遺産めぐりの旅(屈斜路湖) | トップページ | 2019年北海道鉄道遺産めぐりの旅(川北駅跡) »

2019年9月 4日 (水)

2019年北海道鉄道遺産めぐりの旅(ウトロ温泉)

Img_3401_r 今日の宿はウトロにある「北こぶし」というホテルだ。昨年も宿泊したが、従業員の出迎えや見送り、レストランでの応対など水準の高いホテルで、今年もまた泊まることにした。ロビーも広々している。

Img_3399_r 部屋には露天風呂も付いていて、ぜいたくな造りになっている。

 

Img_2048_r 食事は朝夜ともバイキング形式だが、和洋中種類も豊富でどれもおいしい。

Img_2045_r

Img_3402_r 翌朝はホテル周辺を散策してみた。ウミネコの鳴き声が大きい。

Img_3407_r

 ホテルの近くには道の駅「うとろ・シリエトク」があり、早朝にもかかわらず駐車している車両が多い。大半が車中泊したのだろう。この道の駅は道内道の駅ランキングで1位になったこともある人気の道の駅で、売店や併設されている知床世界遺産センターは営業開始前だっだが、いつか利用してみたいと思う。シリエトクはアイヌ語で陸地の先端という意味で、知床の語源となっている。建物は知床番屋をイメージしたもので、番屋とは漁師が寝泊まりしたり作業したりする小屋のこと。

Img_3418_r

 ホテルの駐車場には大型バイクも駐車している。いずれもハーレーで、オーナーの人が早朝から時間をかけて丁寧に磨き上げていた。

« 2019年北海道鉄道遺産めぐりの旅(屈斜路湖) | トップページ | 2019年北海道鉄道遺産めぐりの旅(川北駅跡) »

旅日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 2019年北海道鉄道遺産めぐりの旅(屈斜路湖) | トップページ | 2019年北海道鉄道遺産めぐりの旅(川北駅跡) »